Home > ハッピーエンド期待してる物語

ハッピーエンド期待してる物語

  • 2011年4月 1日 02:26

「単位やばい!卒業やばい!」
と、ここの記事でも幾度と無くネタにして来ましたが、
どうにかこうにか、学位記(卒業証書みたいなの)を受け取ることが出来ました。
教務課で。超カジュアルな私服で。
中学卒業以来9年ぶりにあるハズだった卒業式が中止になり、
入学式も中止になったので、
ぬるっと卒業し、ぬるっと入学する模様です。

「しょっぱい話をしろ!」と手羽さんがおっしゃってるので、
今までどのタイミングで言ったものか、そもそも言っていいのかよく分かんないな!
と思ってた話を。あんまり「いい話」とかには、ならないかと思います。
ただどこかに吐き出しておきたかった事を書きます。

ボクにとって大学院進学はチキンレースのようなモノです。

この間、大学院入学の書類準備の為に、文鎮母の仕事の昼休み中に出てきてもらいました。
多分、そこで初めて母親のナース服姿(看護助手)を見たのですが、
それがとても小さく見えたのです。実際小さい(149cm)んですけど。
文鎮家は母子家庭なのですが、
こんな小さい人が、自分(公立大)と妹(私大)の学費と、住宅ローンを背負っているのだな、
と思ったとき、進学への気持ちが揺らいだのです。
これまでも幾度と無く、それこそ高校進学、高校中退、大学進学と、
「家族を思えば、とっとと就職して家に金を入れるべきだ」
と思う機会があった訳です。振り返ると。

しかし、それでもボクは大学院に進学する事を選んだのです。
もう少し、大学院で力をつければ、
きっと母を、
10年後、20年後、30年後と楽にさせられるハズだと、
思ったのです。
あと二年、なんとか家計が持ちこたえてくれれば。

楽をさせるとは、「生涯年収を高くする」事を言っているわけですが、
学歴と生涯年収の相関なんてそんなものは統計でしかない、とか
結局多少は余裕があるやつのセリフだよな、とか
金の問題なのか?とか、
問題はいろいろあるのですが、
ボクが言いたいのは、国公立ならでは(だと思う)「学費減免」があれば、
大学に行ける人、もっと居るんじゃないか?という事です。

ボクは入学してからしばらく「学費減免」制度のことを知らなかったのですが、
首都大学東京ではある程度まともな成績があれば、
世帯収入や事情によって学費が免除あるいは半額免除になり、
結構な人数がこの制度を利用しています。
ボクがちらと調べたところ、他の国公立大学でも同じような減免制度があるようです。
ボクは1年と3/4年分の学費を免除されました。
ちゃんと申請できていれば4年分免除、入学金のみ(都民なら14.1万円)で卒業できていたかもしれません。
これなら高校に行くのとさほど変わらない負担で、大学に行けるんじゃないかと思うのです。
この制度のおかげで、なんとかまだボクは学ぶことが出来る筈だと思っているのです。
こんな制度がありながら、いやまた別の問題があるのでしょうが、
学費が安いことで定評のあるうちの大学ですら、
家が金持ちな人が、大学内には多い気がします。

もしかしたら大学側は「そんなつもりで設けた制度じゃない!」というかもしれませんし、
「それでもうちは無理なんだよ」という家庭もあるとは思うのですが、
もし今高校生ないし大学生で、金銭的な事情で大学や大学院への進学を諦めそうになってる人がいたら、
「国公立大学を照準に合わせ、家計を冷静に計算して」欲しいのです。

親の苦労を見ていられない、
あなたの気持ちを多少は分かるつもりだけど、
「進学したい」というあなたの気持ちは、
必ずしも家族を不幸にするようなものじゃないんじゃないか、
もしかしたら進学することこそ最良の判断かもしれないよ、
と言いたかったのです。
これは、進学を諦める人を見るにつけ、
自分の決意が揺らぐにつけ、
考えていた事です。


なんだか自分の卒業も入学も関係ないような、
面白くもない話を延々と書いてるうちに、

もう4/1じゃん!

えと、今後とも文鎮の日記「大学院篇」を宜しくお願いします…。
未だ手羽さんに連絡していないので…打ち切りになってるかもしれませんが…。

Comments:5

手羽 2011年4月 1日 10:12

いけね。
もう少しで「今までありがとう」と書くところだった・・・。

Tの人。 2011年4月 1日 14:37

ま、僕も連絡しなかった人なので。。でも、続けられてるし!(笑
どーぞ、これからもよろしくお願いしますー。

はるくま 2011年4月 1日 23:50

ああ!
文鎮さんのこの記事を読んで、大学受験の時期悶々と考えていたあの頃を思い出しました。
文鎮さんの思ってることと、私が思ってることは、違うかもしれない(=同じわけではないかもしれない)。
けど、文鎮さんの言いたいこと、とてもわかります。

文鎮 2011年4月 6日 01:17

>手羽 さん
連絡するのをすっかり忘れてましたすみません…
後輩をライターに勧誘しまくったので許して下せえ…
お忙しいところ申し訳ありませんが何卒よろしくお願い致します…

>Tの人。さん
ほんま手羽さんの優しさは五臓六腑に染み渡るでえ!
今後ともよろしくお願いします!

文鎮 2011年5月 3日 20:34

>はるくま さん
明確に正解だとも不正解だとも言えない事だからエラそうに書けてるんだと思いま…す…。
そしてはるくまさんのやさしさが沁みます…。ありがとうございます…。

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/6326
Listed below are links to weblogs that reference
ハッピーエンド期待してる物語 from 美大日記::首都大学東京の文鎮

Home > ハッピーエンド期待してる物語

更新順

最近のコメント
最近のトラックバック
Links
Feeds

Return to page top