Home > ラストエントリー:大学と、美大日記と、はるくまと。

ラストエントリー:大学と、美大日記と、はるくまと。

  • 2013年3月31日 22:16

というわけで、はるくまのラストエントリー。

最後の最後なので本音を書き残して。
 
「長岡造形大学のこと」「美大日記のこと」「はるくま自身のこと」の三本立てで書こうかなと思います。
 
 
 
「長岡造形大学のこと」
 
過去のエントリーでも書きましたが、
はっきり言って入学は「不本意な現実」だったのです。
私の場合は志望校に落ちた、というわけではないのであまり多くの人と共感できるわけではないかもしれませんが、
とにかく高校3年生のときはやさぐれながら長岡造形大学の入学を決めたのです。
そんな私も尊敬する大人ができて、「大学でも前向きに頑張ろう」と最初から悲観的な目線で見ないように大学に行ってみたら
 
「大学ってこんなに楽しいのか!!」
 
と思いました(笑)
人数のそう多くない大学なので、割とアットホームなうちの大学。
自分から求めれば色んな居場所が見つかりました。
 
課題を一緒に頑張る場所。授業で一緒になった仲間たち。
イベントの成功を目指して共に頑張る場所。学生会・大学祭実行委員会。
ゆるく色んな人とつながる場所。サークル。(結局やめちゃいましたが)
学生・職員が一緒になってとにかく楽しくて仕方ない場所。オープンキャンパススタッフ。
 
その他にもたくさんの空間や集まりがって、私が参加していない・知らないものもたくさんあると思います。
このアットホームさが学生・職員・教授の距離が近いといううちの大学の良さを作っているのだと思います。
 
 
ただ。
最後なので本音を書きますが
はっきり言って、私はまだ長岡造形大学を好きだとは言い切れません
 
なんでかっていうと、はるくまという人間がこの大学に馴染みきれないなーと感じることが多くて。
それを思わせた大きな出来事なんてなくて、小さな違和感が積み上がった結果なんですが
たぶんそれは「私が大学外に出過ぎた」からだと思います。
ほとんどの学生が大学内におさまるなかで、私は良くも悪くも外に出て色んな人……特にいわゆる「大人」とたくさん出会ってしまった。
私が見る世界と、他の学生が見る世界は違う。その価値観の違いにどうも居心地の悪さずっと感じ続けています。
ただ、それは私の場合にのみ該当することだと思います。私がたまたま長岡造形大学の中でアブノーマルだっただけかと。
 
でも、最近思ったんですよ。
外に出て外に出てばかりいたから、私自身ちっとも長岡造形大学で過ごす人々のことに目を向けていなかったんじゃないかって。
外に目を向けていたからこそ、内には狭い視野で見ていたのではないかって。
だから「NIDランチ」を始めようと思ったのです。
きちんと最後の1年は大学内のことにも目を向けたい。大好きになれたら大好きになって大学を卒業したい
そういう思いから。
 
あと、どこにいても、仮にムサビやタマビにいたとしても問題がない場所はないと思いますが、
大学祭云々、公立化云々で長岡造形大学の中で起きた・起きている問題に対して
「学生・職員・教授がお互いを友達のように親しみを感じ、お互いのことを思いやる姿勢をもっと持てればいいのに」
と思います。
「こうしなきゃいけない」「どうしようもない」っていう大人の事情みたいなものはなくすことはできないと思うんです。どうしても。
でもお互いのことを友達のように親しみを感じていたとしたら、説明するときも、説明されるときも、もっと相手のことを思いやれる・無駄な対立は生まないんじゃないかなあって、思います。
理想論では、あるんですけどね。
 
長岡造形大学は、私の居場所だから。
 
もっともっと良くなってほしい。そしてこれからも素敵な場所であってほしい。
学生に同じく大学は大事な居場所だからこそ不満が出るわけで。
職員さんにとってはこの大学の数年後のことも考えて色々なことをしているわけで。
 
今以上に、お互いを思いやれると良いですね。
絶対できます。まだやれます。信じてます。


 
 
「美大日記のこと」

大学入学から約3年間美大日記を書いてきました。
大学生活と共に歩んで来た、美大日記でした。
残り1年にして終わってしまうのは正直寂しいです。あと1年書いて卒業したかった。
 
でも、更新頻度が多くないのでどのみちライター失格・これから続けてもそんなに更新しない気もします……(笑)
 
それはおろか、私自身今の造形大学の中では「造形大の中で一番造形大生らしくない」と感じています。
学外で企画・運営やってるのも私ぐらいで、割とそっちがメインかってくらいなので……(笑)
私の基礎は間違いなく長岡造形大学で築かれましたが、それだけなので
 
長岡造形大学の◯◯(はるくま)として日記を書いてて良かったのかなーww
と、ずっと思ってましたww
 
「美大日記:長岡造形大学のはるくま」
っていうよりも
「はるくま(長岡造形大学の学生)の日記」
っていう感じが強かったかもと。
 
手羽さんの意図と違ってる気がするので謝っておきますね!ごめんなさいね!!


 
 
「はるくま自身のこと」

はい。締めです。
4月から4年生になります。大学生活ラストイヤー。
NIDランチをやりますがあればある種「遊び」の一種なので、基本的に卒研一本で大学生活を締めくくりたいと思います。
イベント運営はもうやりません。引き継ぎの関係の指導はやるけど。
散々3年間色んなことをやってきたので、4年生の1年間ぐらいは制作(卒研)に全てを捧げます。
 
最後には卒研で優秀賞を取りたいです。
あと、せっかく入学式のときに宣誓文を読ませていただいたので、卒業式で答辞を読めたら良いなと考えてます。
読ませるに値する人物に私はなっているのかもわからないですが……。
そもそもどういう基準で選ばれているのかも知りません。
 
本当はこれをずっと隠し続けて、卒業するときに「前から卒業式で答辞を読みたいと考えていたけど……こうなった!」的な記事を書くつもりだったんです。
結局書けず仕舞いですね。
それがすごく残念です。
 
そんな2つの目標を掲げましたが、別でブログをやることは今のところ考えておりません。
卒業式で答辞を読めたか読めなかったかを卒業するときに書きたいとは言えども、自主的に始めたブログを定期的に頻繁に更新できる気がしないので(笑)
ブログを書く暇なく日々の生活に泣いたり笑ったりすることでしょう。
 
 
はるくまのこれからの日常を知りたい方はひとまずTwitter @haruku_maをご覧ください。
 
 
 
それでは、3年間美大日記に本当にお世話になりました!
ありがとうございました!
美大日記を通じてたくさんの人にお会い出来たこと、私を知ってもらえたこと、本当に嬉しく思います。
 
 
皆様にとってこれからも素敵な日々が訪れますように。
 
2013.03.31. はるくま

Comments:1

就職のたかはし 2013年4月 2日 09:54

はるくまさんへ

長い期間おつかれさまでした。
最後のエントリーの「私が大学外に出過ぎた」というところははるくまさんならではですね。

ほんと今までありがとう!

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/8276
Listed below are links to weblogs that reference
ラストエントリー:大学と、美大日記と、はるくまと。 from 美大日記::長岡造形のはるくま

Home > ラストエントリー:大学と、美大日記と、はるくまと。

検 索
更新順
Links
Photos
Feeds

Return to page top