Home > アート Archive

アート Archive

雪国って素敵よ。

私が中学生の時、
家庭教師の先生(鹿児島だったかが出身)に
「新潟は芸術関係のイベントがたくさんあるからいいよね」
と言われたことがあります。
 
言われた当時は、行動範囲のすごく狭い中学生だったので
言われても「?」という感じでしたが、今はそう言ったのがよくわかります。
 
長岡から新潟市のほうに北上すれば「水と土の芸術祭」あり、
長岡市から南下(?)すれば「大地の芸術祭」があるからです。
(その他にもたくさんありますが!)
 
特に、大地の芸術祭は東京から見に来られる方も多く、TVや雑誌などにも取り上げられることが多いので有名なんじゃないでしょうか(^^)
 
そんなわけで昨日は、大地の芸術祭の「越後妻有・雪のスタジアム」に参加してきました!
 
って言っても、別のものが見たくて十日町に行ってみたものの、トラブルがあって見れなかった関係でたまたま教えてもらって見に行ったんですが(笑)
 
 
 
 
2013-03-02 14.17.38.jpg
 
こちらは「雪原テルメ」の室(ムロ)。
フィンランドのサウナをまつだい地区の雪原(?)で再現したものらしいです。
小さなテントのなかで、壁面いっぱいに並べた杉の葉に松代温泉の温泉を垂れ流し、マイナスイオンを発生させ(る、という実験と言ってたので実際にマイナスイオンが発生していたかどうかは不明…)、
松代温泉の温泉を淹れた足湯にお花を浮かべて、
なんとも優雅な足湯でした(^o^)
 
他にもこれぞテント式サウナというものもあったんですが、それもポカポカしてきて良い感じ◎
 
まつだいの雪は長岡なんて比べ物にならないぐらい多いので、
雪の寒さにこたえた体にじわじわ染み渡るぬくもりは、なんとありがたいことでしょう。
雪国ならではの催しだなーなんて感じました。
 
 
 
2013-03-02 18.28.03.jpg
 
まさに雪国でしかできないな、と感じたのはこれですね。
高橋匡太「Gift for Frozen Village 2013」 
 
雪原の中に参加者たちが手のひらに収まる小さなLEDライトを埋めて?置いて?いくものです。
雪越しのLEDライトの光は、ぼんやりじわっと光って、なんとも綺麗。
 
極寒で傘もさせない状況に
手の感覚がなくなるほど凍えましたが(笑)
とてもロマンチックな空間でした^^
 
「越後妻有・雪のスタジアム」は本日3/3も開催しているので、
お時間のある方はぜひ!笑
 
 
 
 
そんな感じで、お祭りのメインシーズンである夏以外でも雪を活かしたイベントもたくさん県内各地でやっていたりするので、
田舎といえども、新潟県内一年中何かしらおもしろい芸術関係のイベントがあると思いますよ^^
3/16からはムサビ関連のアートサイト岩室温泉2013もありますしね!
(検索したらこれが公式HPっぽいけど、これで良いのだろうか……?)
 
ただし。
 
そう、ただし、です。
「大地の芸術祭」も「水と土の芸術祭」も「アートサイト岩室温泉」も
 

 
正直、車じゃないと厳しいです。
 
 
アートサイト岩室温泉ぐらいだったら現地についてからは車がなくても平気かもしれませんが……。
岩室の場合は現地に行くまでが大変な気が。
田舎なので公共交通機関が何分に一本あるわけではないので下手すると数十分待つこともあるかも。
大地の芸術祭と水と土の芸術祭に関しては、開催している範囲がばかでかいので「あれもこれも見たい!」なんて徒歩で行くことはほぼ不可能で、車がなければツアーバスやタクシーで移動するしかない気がします。
 
大地の芸術祭に関しては本当に山道の運転になるので、山道不慣れ・初心者マークの方には泣きたくなる道かも知れません!(笑)
去年の大地の芸術祭を車で回っているとき、前方を走っていた県外ナンバーの車を見てて「山道はじめてなんだな……」と思うこともしばしば。
 
もちろん、その行き来が大変な広大な土地だからこそ成立する作品ばかり、都会じゃ絶対に見ることができない作品ばかりですので、
 
覚悟していらっしゃってください!
4月から入学してくる長岡造形大学の新入生の皆さんも、入学してからはぜひ足を運んでみてください!

美大生の自主制作ってどんなもん?

 どもども。はるくまです。

 
話は急になりますが、美大生の自主制作ってどんな感じなんですかね??
 
美大日記メンバーさん、自主制作ってどれくらいしてますか?
 
はるくまは正直自主制作はほとんどしてないです。
というか、自主制作の定義がよくわからないからそう言ってるんですが…。
 
自主制作した作品を「誰のためでもない・何のためでもない・利益を求めない作品」と仮定をして話をすすめますね。
 
 
で。自主制作をしていないとはいっても、大学の課題以外で制作しているものはたくさんあります。
大学3年生なのでそろそろ就職活動も気になるお年頃。
というよりも、大学の就職支援課に提出しなければならない用紙に「課題以外の制作活動」の欄があったもので、
課題以外で作ったものを振り返ってみたわけですが、
 
ぜんぶ「必要だから作った」ものだ……と、気付いたのです。
 
課題以外に作ったものは
自分が運営に携わっているイベントのポスター、ロゴ、マップ.etcだったり、
ボランティア先で使うイラストだったり、
人と会う為の名刺だったり、
絵を買ってくれる人のリクエストに応えた絵だったり、
人にプレゼントするカードやアルバム(の表紙)、似顔絵.etcだったり…。
 
 
本当に自主的に?創作の為に?作品を作ったのって、去年開催した個展のための作品ぐらいしかないかもしれません。
当時のままの完成度でポートフォリオ(作品集)に載せられるものかどうかは別として、
トータルでそれなりの数はあるんじゃないかなあと思ってます。
いや、実際のところどうかはわからないので多少不安ですが…。
 
個人的にファインアート的な、誰のためでもない・何のためでもない・利益を求めない「作品づくり」というのが苦手でして、
(ファインアートの作品も値段をつけると利益を求めることになるかもしれませんが……ちょっとそこの感覚がよくわからないのでスミマセン)
誰かのために、何かのためにつくることのほうが上手くいくことが多く、それを楽しく感じるので、
私個人としてはこんな感じで良いのかなーとは思っています。
 
単純に他の美大生はどんな風に自主制作してるのかなーって実際のところが気になります。
特にスズキリくんとかどうなんでしょうね。
最近(いや以前から)お仕事で忙しそうですが。
 
 
 
ちなみに、最近私が授業外で制作したものは……
続きを読む ≫

気分は修学旅行

先週の土曜日、授業の一環で私の所属する視覚デザイン学科2年生全員で神奈川へ行ってきました。

 
目的地は川崎市の川崎市民ミュージアム
 
 
 
0ea35496243241ff9f503fad46459ca5_7.jpg
 
 
日帰りのバスツアーだったため、往復9時間、滞在時間2時間半のタイトなスケジュール。
しかもうちの学科が約120名の大所帯のため、一気に入るのはちょっと…ということで工夫して入る時間をずらしたり…
実質展示を見れた時間はそんなにありませんでした^^;;
 
 
 
見たのは「ユーモアのすすめ 福田繁雄大回顧展」です。
福田繁雄さんと言えばもう…説明はいらないですかね。
「VICTORY 1945」などの平面作品約200点、「ランチはヘルメットをかぶって…」(スプーンやフォークを溶接したものの影がバイクになるあの代表作)などの立体作品200点あまりのけっこうボリューミーな作品数。(ボリューミーなのか?)
わりとそう広くない空間でしたが「作品数多すぎ…」という印象は受けませんでした^^
福田さんの作品が楽しいものばかりだったからかもしれませんけどね。
 
 
やはり生で見ると作品は違いますね。(すごくありきたりというか、幼稚な捉え方ですみません…)
すごく色が綺麗だし、作品の中に散りばめられた「楽しさ」を肌で直接感じたような気がしました。
 
 
もちろん「ランチはヘルメットをかぶって…」も展示されておりました。
ただ思った以上に私は感動しなかったです。
バイクのカタチになった影よりも、溶接されたスプーンとフォークが気になってしまって…。
次に述べますが、インタビュー映像によるとあのスプーンとフォークは1本1800円の輸入ものらしいです。ふおお…!
 
 
 
はい、そして。福田さんの作品自体を見るのもすごく楽しかったですが、インタビュー映像がすんごく面白かったです。
生で作品を見た後だったのでなおさら「へえ!」と思うところばかり。
でも作品の解説がおもしろいというよりも、福田さんの話がおもしろかった。
お話がすごく上手い方だったんでしょうね。
そしてちゃんと自分の哲学を持っていらっしゃる。軸があると言いますか。
アートやデザインが好きな人以外でも見たら良い映像だなと感じました。
 
 
 
たった2時間半の少ない滞在時間でしたがとても楽しかったです^^
移動のバス車内も友達とじっくり語れたり、雰囲気が修学旅行みたいで楽しかった(笑)
 
この福田繁雄大回顧展はこれからの授業の課題に関係していくので、
土曜日に感じたことをしっかり練り上げて良い作品を作りたいです^^

SPREAD のおふたりと。

こんばんは、はるくまです。

日記に書いて良いのかわかりませんが、本日は急遽大学のOBOGの方々にお会いしてきました。
 
SPREADのおふたりです。
SPREADとは、長岡造形大学の一期生小林弘和さん、山田春奈さんによるデザインユニットです。
 
ストールが2010年度グッドデザイン賞を受賞されていたり、
このCDジャケットを手がけていたりします。
 
正しい相対性理論
正しい相対性理論相対性理論

commmons 2011-04-27
売り上げランキング : 781


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
Blu-Day(DVD付)
Blu-Day(DVD付)やくしまるえつことd.v.d

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2010-04-07
売り上げランキング : 10007


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
 
これまでお会いしたことがなく、関わりもツイッター上で私がSPREADの手がけたストールを取り上げたときぐらいしかなかったのですが、
有り難いことに長岡にいらっしゃってるときに「時間があるのでお話しますか?」と声をかけてくださいました。
 
私のような一学生にも会おうとしてくださるなんて……今でも信じられません。
実際お会いしてからも親身にお話をしてくださって、本当に素敵な方たちでした!
 
正直のところ、お話をいただいたときに私なんかで良かったのか、私ですみませんと内心思ったりもしました。
けど、そう思うのは相手に失礼ですよね。
日本人は贈り物をするときに「つまらないものですけど」と言って相手に渡す。
それは日本では謙虚かもしれないですが、「自分でつまらないと言うぐらいのものだったら渡すなよ」「自分で自慢できるものを渡せよ」と思ってしまったりします。
理由はたとえ「たまたま」だったとしても、なにかの縁があってこうやって目の前にいた。
その幸せを、きちんとかみしめておりました。
 
そしてなんと、いまやってる課題のアドバイスを頂いたり……!
現役のデザイナーさんに見てもらってるんだと思うと、
本当にこれは現実なのか?とほっぺたをつねりたくなりました。
 
ほんとうに、ほんとうにお話ができてよかったです!
内容はまだ自分の中だけにしまっておきたいので、
ここでは書きません(笑)
 
 
本当に贅沢な時間をありがとうございました!
続きを読む ≫

オシャレな休日を。

とあるイベントの下見をかねて、買い物がてら新潟市の上古町に行ってみました。

 
私は新潟市民でもなく古町にもとから親しみがあったわけではないので、正しいことは言えないかもしれませんが、
古町という地域は「古くからある市民に親しまれてきた商店街/若者の街」です。
そしてどこの地方都市も抱えているように、現在では以前のような賑わいがなく、再開発?活性化?がすすめられているのです。
再開発には積極的に若者たちが参加し、若者たちが作ったお店がちょこちょこと空き店舗に入り、少しずつ賑わいを取り戻しつつある。(という予想)
 
上古町の通りに最近できたであろうお店は、オシャレで小さなカフェやレストラン、雑貨屋さんが多かった気がします。
上古町の通りの写真は撮るのを忘れました…。(本気で楽しんでいると写真を撮ることを忘れる)
 
途中で入ったカフェ。(立ち飲み)
 
 IMG_1653.jpg
 
チョコラータ。かわいい!
うさぎさん…ですかね?←
最初見たとき「さる…かな?」と思ったけど、今この写真を見たら「いや、うさぎか?」と…。
 
ちなみにコーヒーカップはどこかで見たような絵(笑)
 
IMG_1162.jpg 
 


そして上古町のお店で心を掴まれた雑貨屋さん。
「LIGHT CAVE ATTIC  OF ALICE」
 
IMG_2153.jpg 
 
鍵がね…
鍵が売ってるんですよ。
 
長岡造形大のある英語の授業でOxford Reading Treeという子供向けのシリーズ物の本をたくさん読むという内容があるですが、 
まさしく、そのシリーズの中のワンシーンのような感じでした。
箱の中に、たくさんの古びた鍵。
(主人公の子供たちが、自分たちの持っていた「魔法の鍵」をなくしてしまい、探して行った先に、いらなくなった鍵をたくさん売っているお店にたどり着く、という内容だったと記憶)
ひとつ約500円とわたしが感じる限りは高値だったんですが…心掴まれて購入しました。
 
 
ほんと、上古町にまた行きたいなって思いました。
わたしが行った時は閉まってましたが、新潟の若手アーティストの作った雑貨屋さんがあるみたいなので、今度はそこにも行きたい!
ちょっと離れたとこに駄菓子屋さんを何軒か見たことがあるので駄菓子屋さんにも行きたいなあ^^
 
続きを読む ≫

心動かされた!!

 前の日記でも告知したカミフル門前市ものづくり編。

 
先日、担当の方が長岡に来られるということで、「なんなら造形大生集めて説明会しますかー?」と簡単な説明会をセッティングさせていただきました^^
そしたらなんと、お礼にということでお花をサプライズでいただいちゃいました!!
 
IMG_8502.jpg
 
ほんとびっくりのサプライズでした!
しかもきちんとお話に繋げるという素晴らしさ(笑)
「ぼく、こーゆーふうに人の表情を変えることが好きなんですよ」と。
いやもう感動でしたよ本当に…。
 
人を感動させること、私もしたいなあとしみじみ思いました。
大切ななにかを思い出した気がします。
 
カミフル門前市では、私も人の心を動かすことをできたらいいなあ。

作品出展しちゃおーかなー

こんばんわ。はるくまです。
告知失礼します!
 

 

今年の5月に新潟市の上古町の通りで行われるイベントにて、作品の展示・販売・発表などで出展してくれる方を募集しているそうです!
新潟市ということでなかなか行きにくい場所ではありますが、気軽に作品の展示、販売をする機会もなかなかあるものではありません。
主催者側も多くの学生、特に造形大生の出展を望んでおられるそうです。肩に力を入れず、お気軽にご参加ください^^
 
概要
【イベント名】カミフル門前市<ものづくり編>
【日時】2011年5月14日(土)
    11時〜17時(雨天・強風時は15日に延期)
【場所】新潟市上古町
    上古町の通り1〜4番町約500メートルを歩行者天国にして開催
【内容】プロ・アマ問わず様々なアーティストによる作品の展示・販売・発表
【イベント目的】ものづくり関係の方の発表の場所を提供するため
【参加資格】本気で物作りをしてる人・今後したい人・それで食べて生きたい人であれば誰でも参加可能
【参加料金】1000円程度(企画段階につき確定はしておりません)
【スペース】基本的に1人1区画。120cm×200cm(もっと大きな場所が必要な場合は応相談)
 
【主催】新潟市上古町商店街振興組合
【問い合わせ】〒951-8063 新潟市中央区古町通3番町661「新潟市上古町商店街振興組合」 
 電話 025-225-0354
 メール mail@kamifuru.info (及川宛)
 
詳細・応募方法につきましては下記のホームページをご覧ください。
http://www.h03tr.com/2011/kamifuru-artist.html
※PCからの閲覧推奨
 
最後になりますが、この告知をお知り合いの長岡造形大生、他大学美大生、作品作りをしている方にまわしていただけるとありがたいです!
私も出展予定です!
それでは長文失礼いたしました!

 

しーえむ

 この休日に、うちの学科(視覚デザイン学科)の3年生の「コマーシャル演習」の撮影のお手伝いにいってきました。

お手伝いというか……まあ、キャストのひとりとして。
 
ちなみにコマーシャル演習は各グループでテレビコマーシャルを作る授業らしいです。
かなり噛み砕いた説明をしました。はい。
 
その撮影がめちゃくそ緊張してしまいました(笑)
カップル設定で何組か出てくるうちの、ただの一組なんですが、
隣で立ってるだけ(や、立ってるだけではないけども…)なんですが、
 
あまりのカップルっぷりに真面目に照れてしまったのです(キリッ
 
彼氏役の人がリアル友達だからなおさら照れがあったりね。するわけです。
クリスマスを前に「あ、リアル彼氏はいないんだった…」と実感して切なかった☆
でもこうやって照れてる自分にちょっと安心しました。
自分まだ純粋だな!と(笑)
課題やら考え事やらしてると、自分のことで一生懸命ですが
異性にドキドキ☆な感覚を忘れていなかった!感動!!
 
私はまだ1年生なので3年生にあまり知られてないおかげか、あまり騒がれなかったのですが、
全体の?映像チェックかなんかで、3年生同士の(CM中の)カップルでは「きゃーvv」的な、あの、女の子の黄色い声的なものがあがってたそうです。
私自身、自分の映像も、他のカップルの映像も見れてないので、どんな作品ができあがるのか、とても気になる^^
 
この授業の学長プレゼンテーション(発表会のようなものが)授業をとっている学生でなくても、誰でも入れるそうです。
他のグループがどんなCM作っているのかも気になるし、単純に3年生がどんな授業をしているのかも気になるから見に行きたいな〜。
でもそれと同じ時間、視覚デザイン概論という必修科目があるんだよな…。
 
同じ学科の発表なんだから、見に行ければ良いのに〜。

美術館に行こう!

 こんばんわー。はるくまです。

今日、基礎造形実習Ⅱのコンクールが終わりました。
コンクールといっても、制作は今日までで、講評は明後日なのですが……。
それでももう基礎造形実習で全学科が集まって授業することはないんだなあと思うと、
すごくしんみりします……。
あっという間で、なんかもっと、基礎造形実習で学びたかったなあと思います。
他学科の先生に指導してもらえるなんてこの先あまりないはず。。。

 

 

さて。今日は午後の授業が休講やらでなにもなかったので
「美術館へ行こう! ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方」を見に行ってきました^^◎

開催中の長岡市栃尾美術館に向けて、バスを下車後に歩く。

IMG_0868.JPG

坂道…。運動量ほぼ0のわたくしはハァハァ言いながらこの上り坂をのぼって行きました…。

 

IMG_0887.JPG

小高い丘の上の美術館。
美術館からこの地域全体を見渡せました。
 

IMG_0879.JPG

IMG_0882.JPG

シックですね。

 

IMG_0883.JPG

素敵なブルーナの絵に囲まれて幸せでした。


ブルーナはもともとグラフィックデザイナーだったんですよね。
芸術を学ぶ上でとても裕福な生活を送っていました。
父親の会社を継ぐのかと思いきや、彼は芸術家になる夢を見つつ、経営者としてではなくグラフィックデザイナーとして父の会社に入社。
そこで色々な技法などを試してみた。
その結果が今のミッフィー誕生に繋がる。

グラフィックデザイナーから絵本作家へ転向し人ってけっこういるんですよねぇ
でもグラフィックデザイナーも絵本作家も、どっか繋がってる気がします
人に伝える・感動させるところが。(……あ、どの職業もそうですかね)


ただ魅せられて、ただ幸せでした。
栄養いただいた感じです◎

   ***

12月23日に、イベントやります。アートとかデザインとか全く関係ありません。あ、広い意味でのデザインは関係あるかも。
詳細はまだ決まって無いのか、聞かされてないのか…わからないですが。
その日にクリスマスパーティやるらしいんですが、参加できないのがちょっと残念(笑)

一日一万円。

 

101011_174414.jpg

 

 

 今日の基礎造形実習でふと先生が言ったこと。

1年間の授業料を授業日分で割ると、

一日約一万円になるらしい。

たしかに、年間約200万払い、土日は授業がないことを考えると、だいたい一日一万円だろうな。

一回の授業を休んだだけで、遅刻しただけで、寝てただけで、500円はおろか、1、2000円のお金を無駄にしたことになる。

自分の両親と、未来の自分が、4年間ずっと一日一万円を「今の私」にくれてるんだ。

 

学ばなきゃ損。

私は毎日の学びに、一万円もの価値を生み出してるのだろうか?

……今日は生み出せなかった気がする。

 

 

学ぼう。

吸収しよう。

ぜんぶぜんぶ、自分の中に溜め込んで、ぜんぶ自分のものだって言ってみたいんだ。

 

Index of all entries

Home > アート Archive

検 索
更新順
Links
Photos
Feeds

Return to page top