Home > ◯◯解剖学

◯◯解剖学

  • 2013年1月19日 23:05
先週、東京は東京芸術大学にて開催された日本美術解剖学会2013年大会に参加してきました。(聞くだけね)

午前の部では、同大学の院生(美術解剖学研究室)や工学院大学の学生の研究発表でした。
とても興味深い内容で、美術、解剖学という学問の転用の仕方に終止わくわくでした。
解剖学はただ単に人体や生物を扱うだけではなく、それに関連して、ハンガー、異界、枯山水、空想動物、歴史と様々に好きなことへと化ける事ができると気付かされました。

続いて午後の部。
シンポジウムとしてこの学会の創設に携わっているであろう著名な解剖学と関連の深い先生方の発表でした。
これは、研究発表とかではなくこれまでやってきた活動を面白く紹介する、と言った感じ。
結論から言うと、めっっっっっっっっっちゃワクワクした!
生のイノシシの写真!解剖の様子!先生の原画!鰓!鰓弓!神経!パネかったっす!

学会終了後には懇親会があり、東京大学の先生や芸大の解剖学研究室の学生の方とお話しさせて頂いてました。春にちょっくら東大に行ってみようと思います。

と、充実した一日を過ごして今後の自分がどうするかと考えました
”解剖学を学んだ先に何をするのか?”
解剖学を学ぶ事は今の所、目的ではありますが学問は結局の所は手段です。

ある人は解剖学を用いて古生代の生物の謎を研究する。
ある人は解剖学を用いて人体を知り、衣服をつくる。
ある人は解剖学を用いて医学とし人を助ける。
ある人は解剖学を用いて原生生物の謎を解き明かす。
ある人は解剖学を用いてより素晴らしい美術作品をつくる。
etc...

自分の解剖学を持っています。
僕にはまだそれがありません。でもボヤァっとは見えてきました。

”◯◯解剖学”


以上

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/8073
Listed below are links to weblogs that reference
◯◯解剖学 from 美大日記::ムサビのコミタク

Home > ◯◯解剖学

Return to page top