Home

美大日記::京都造形のマイク

学生の有効期限

  • 2013年3月31日 00:07
  • 日常


今日で京都造形のマイクという肩書きが切れます。

明日からは何て名乗ろうかしら。
東京に来てからあだ名が変わって反応が出来ない日々が続いています。



て、そんな近況はどうでも良いか。

最後らしく美大日記の思い出を書くべきかと思いますが、
そういうのって何か苦手。

だから自分の記事を過去から読みあさっています。



私は美大日記では古株にあたるのかな。


美大日記を知ったのは、京都造形の吉田さんからです。
大学に入学する前にずっと京造ブログを読んでいて、
ハイジさんの文章が好きで
美大日記をやったらハイジさんに会えるかも、と思ったのが本音です。

たぶん手羽さんに送ったメール内容とは違うと思うけど。


2回生の4月から4回生の3月まで携わることができて本当に良かったです。

途中で授業をほとんど行かない旅学生になっていて
大学の代表として書かせてもらっているのに大丈夫かな?と思ったりもしました。
受験生の親御さんが読んでいたら申し訳ない気持ちにもなったり。

それでも今日まで続けられてこれて、本当にありがとうございます。


大学を超えて、多くの学生や職員さんと知り合えたことが私にとって魅力的でした。
ムサビ日記と美大日記の合同合宿に行けなかったことが非常に後悔です。
あの時、参加していたらムサビの人たちとも仲良くなれたのになぁ〜なんて思っています。


良い面だけではなく、この際、言いますね。

大学を卒業したから何言っても大丈夫だよね?

自分が思っている以上に美大日記を読んでくださっていること。
嬉しいけど、大人たちの気に障ることを書いたらすぐに苦情の電話が来ることも知った。

二度ほど大学からお呼ばれされました。

京都ナンバー、075から始まる電話は基本ムシしていた当時、
鬼電のように携帯の画面に表示されていて、
嫌だなと思っていたら今度は研究室から電話が来ており、
大学の3つの機関を跨がって注意を受けました。

心の中ではいろいろ思っていたけど、
テキトーに分かりましたと言って
文章を修正したのも今となっては懐かしいです。



私はみんなの日常生活の記事を読むのが好きでした。
本当にありがとう。

続きを読む ≫

騒音ねえちゃん


研修が終わって、同期と六本木でお茶して、ただいま葛飾。

昨日より今日。
今日より明日。

少しずつだけど成長している気がします。


初めて遅い電車に乗ったら座れんかった。

疲れたけど、今日はDVDナイトをします。



あーー、
みんなで映画を撮りたい。みんなで映画について語りたい。

と思っていたら
卒業してもう11日が経つのですね。

身分は社会人走り出しだけど、2013年3月31日までは学生だと思っているので
全然そんな気がしないです。
だって、学生証はお財布の中に存在してるんだもん。卒業式に返却してないっす。


卒業式の前後はバタバタしてて、
式の終わり辺りではトイレに行きたくなって袴だし気崩れるのは嫌だなと思い、
写真は適度に済ませてササッと帰ってきてしまったので
京都造形流卒業式の模様がノータッチでした。今年も仮装集団はいましたよ!!

ほぼ映画学科と舞台芸術学科だった気がします。

映画学科はこんな感じ。

426417_469341626467866_1436795587_n.jpg

 480477_469341149801247_109344176_n.jpg

 64784_469340009801361_1159489826_n.jpg

 602072_469340113134684_2066396290_n.jpg


映画のキャラクターから趣味まで多種多様。

集合写真が非常に華やかでした。


私の学科は3分の2が東京に行くのでこっちで切磋琢磨できたら良いなと思います。

東京組を潰しに来る関西組に負けないように。

 

続きを読む ≫

6人姉妹

  • 2013年3月25日 21:06
  • 日常


東京に引っ越してきて1週間が経とうとしています。

毎日が楽しくて仕方ありません。


職場は六本木。
初めてテレ朝を見た時は感動もんでした。
東京タワーも見えますよ。

そして家からはスカイツリーが見えます。
だって押上スカイツリー前から電車で10分くらいのところだもん。



充実した生活を送られているのもシェアハウスの住人たちと
上手くやっているからだと思います。

私が今の家に引っ越してきた時にはすでに他のみなさんは住んでいました。

そのため、新人の私は少し不安でしたが、その日のうちにとけ込めました。

初めてお会いした人とは地元が同じでお互いの実家も徒歩20分くらいの距離だった。
まあ、地元ネタで盛り上がるよね。
中学はどこどこで、高校はどこどこ……。
立ち話のはずがビールまで貰って最後はへろんへろんの状態で酔っぱらってた。

他の住人たちとも話す機会があり、発覚したのは私が一番年下てことかな。

女性専用の6人住まいなので私は6人姉妹の六女です。


いろんな方がいて、毎日が刺激的です。
社会のことはもちろん、安い八百屋やホームセンターの情報なども教えてもらい、
助けられています。
たくさん作りすぎたからってごはんをお裾分けしてもらったぁ〜

今日はピザを作ってたんだけどお姉様に赤ワインを貰っちゃいました。
すぐに顔が真っ赤になった。


やりたいことを赤裸々に語れるのも良いなと思いました。
お姉さまたちのアドバイスを貰ってやる気がみなぎる一方。


さ、部屋に戻って散らかる部屋を片付けましょうか。
共有スペースは楽しくて仕方ないけど自分の部屋に戻った瞬間、汚さでテンションが下がる。

時間を無駄には使えないし頑張ります。



オコジョさんの記事にもありましたが、
東京でふらふらしているので都合がつけば是非ともお会いしたいです。

て、言うと
学生気分が抜けない社会人に該当(京造ブログより)しちゃうのかな。



引っ越しの片付けが完了するまでは気が抜けないね。

我ら、映画3期生


今のテレビって最大どれくらいの大きさだろうか。

映画館ほどの画面があったらどれだけ迫力満天の映像を楽しめることができるだろうか。



卒業制作展の最終日に映画学科では
映画を上映していた大画面でWii sportsを体験してもらうクロージングイベントを行いました。

kyoto03.jpg



一般的な家庭の場合、視点をずらさず、画面を捉えることができますが、
大画面になるとそうは言ってられません。

写真はテニスのダブルスです。

実際に画面の中にいるような感覚でスポーツを楽しむことができるんです。

ボールの動きを察知して体ごと動いていた。

楽しすぎ!!



ただ、イベントとしては身内で盛り上がってしまった感満載。

ひなまつりに掛けて近所の子供たちを巻き込もうと考えていましたが、
時間帯が夕方ということもあり、子供はいませんでした。


それを見越していた点もあったので卒展メンバーだけでも大いに楽しむことができたんだけどね。



今年は例年と違うぞ、と多くの先輩方から言われたのも
卒展委員長を始め、各班のリーダーが先導を立って、土台を固めてくれたからだと思います。

観客数も最終日に近づくにつれ、どんどん伸ばし、映画学科の高原校舎が賑わっていました。

525315_353493678101674_1660385557_n.jpg


今までは各組で映画を作ってきましたが、
卒展という1つの作品に向けて各部署ごとゼロから始め、
それらが合わさった時の達成感は4年間に感じたことのない想いでした。

うるうるしちゃうよね。


この仲間でやってきて本当に良かったと心から思える瞬間でした。

続きを読む ≫

心はずっと19歳


ピチピチのOLになりました。
そう呟くと瞬く間に「は!マイクが!」て殺到。

みんなしてその反応って……。



ただ半年前はこんなんだった。

nagii.jpg



友人の卒制のエキストラとして参加した時のもの。

セーラー服なんて着ちゃって。
まだまだ高校生行けるんちゃう?なんて希望を抱いていた頃かしら。

それにしても若いわ〜
半年間だけでこんなにも変わるとは自分でもビックリ。


今じゃ、髪の毛も染めてパーマもかけて社会人デビューしています。

外見から変えて行く典型的なヤツ。


服装も京都にいる時は美大生を気取って奇抜なファッションばかりだったけど
さすがにそれはアカンと思ってカッコいい大人の女性を目指すようになりました。


精神年齢が低いからまずはそこから見直して行け、て話ですがね……。



そんなこんなで卒業を機に東京に来て
美大日記も私の学生生活も残り10日となってしまったのに
大学の話に触れることができなくてごめんなさい。


ただ3月頭から卒業までのあれやこれやを書いていこうと思います。

手羽さんのお題も追々。

 

続きを読む ≫

はじまり


2013年3月16日
京都造形芸術大学芸術学部映画学科プロデュースコースを卒業しました!
kyoto02.jpg

たくさんの想いがありますが、ここでは多く語りません。
でも京都造形芸術大学に入って良かった!その気持ちだけはずっと続くだろう。


その夜、謝恩会に参加して
ビールで飛ばしすぎて途中の記憶がありませんが、楽しかったです。
先生方と握手をし、この4年間をお話させていただいて思いが込み上げてきました。

やっぱ、私は映画学科が大好きで卒業なんてしたくないと心から思った。


最後に「いつでも連絡くれよ」と言っていただいたのに
「先生の連絡先知りません」て言うと「お前らしいな」とどの先生方にも言わちゃいました。


いっぱい泣いたし
いっぱい笑ったし

京都での学生生活は本当に充実していました。

本当にありがとうございます。



卒業ははじまりの一歩だと思っています。新天地でも変わらず頑張るぞ!

続きを読む ≫

もういくつ寝たら

  • 2013年2月28日 00:21
  • 日常


飲んでいる時はゲラゲラ笑っていられるのに
帰り道、1人で自転車を漕いでいるとふと卒業を意識して
悲しくなるときがあります。

だって明日で2月も終わりなんだもんね。



引っ越すまであと何日かな?・・・19日なのか。

でも旅行や用事があるから京都にいられるのは残り10日。

2週間もないんだ。
て、今、知った…。



物思いにふけて悲しくなっているけど
実はこれからの新生活にわくわくしています。


高校の時も友人たちと離れるのは辛かったけど
実際、京都に来て新たな出会いが驚くほどあったし、
そのおかげで大学生活が楽しめたので
春からの東京での生活も思う存分、楽しんでいきたいと思います。

最初から1人じゃないてとこが本当に心強い。


でも引っ越しはめんどくさーい。

続きを読む ≫

裏側


卒展中、
映画学科の控え室は盛り上がっています。


本学の4階、長廊下の先に映画学科のブースがありますが、

295689_314662175323181_818995600_n.jpgのサムネール画像


その先にスタッフの控え室があります。


もうね……、他愛ない話をずっとしています。

とは言え、
それぞれの卒業後の話をすることが多いかな。
仕事の話はまた今度書くことにして。



それでも部屋を一歩出たら
仕事はしっかりしていますよ。

601972_315627375226661_1097808192_n.jpg


友人と私。
昨日は受付をしていました。

制作班が作ってくれたネームプレートと映画学科の色を示す青色のリボンをつけています。
校舎の色が青だからね〜



卒展は10時から始まりますが、スタッフは9時30分集合です。
ほとんど10分前には来ていて準備を早く終わらせて朝食を取ったりしています。

差し入れのお菓子があったりなかったり。
ただ一瞬でなくなるんだよね。お腹を空かせたハイエナたちによって。



ちなみに卒展初日の控え室はこんな感じでした。

zatta.jpg


汚い!

前日に22時過ぎまで装飾を行っていましたが、
間に合わず、
翌日に朝早くから来て作業に追われていました。

来場者がいなかったので10時を過ぎても貼り付けをしていたのはここだけの話。


卒展の裏話はまだあるけど後はソッとしておきます。



明日はシフトが入ってないから他学科の作品を見てこよー。

 

続きを読む ≫

ついに始まるよ


小学校の同窓会までには顔は治るのだろうか。

中学が一緒だった子とは7年ぶり、小学校までの子とは10年ぶりなんです。

こんな機会なんてもうない気がしたので
メールが来た瞬間、
参加表明をしちゃいました。

遠い昔すぎて同じクラスの子が誰だったか、すぐに思い出せへん。卒アル必見やね。



ただその日は吉田大八さん(『桐島、部活やめるってよ』を務めた監督)が
卒展に来るからどうしようかなと思っていたけど迷った結果、同窓会に行きます!

でも、うーん……


モヤモヤしていたのでトークイベントが終わったら新幹線で静岡に帰ることにします。
それぐらい価値がある気がする。むっちゃ主観的だけどね。

どっちも取りたい欲張りさんです。



そんなわけで
明日から卒業制作展が行われます。2月23日〜3月3日まで。
他大学の卒展期間を見ていると三日間前後が多い気がする。何で京造は長いんやろ?


映画学科は今日、卒展の最終確認があり、各部署での準備も22時まで行われました。

イメージ的には学祭を考えていたけど
各場所を担当するスタッフをリーダー陣が管理しており、マニュアルも渡されました。

運営してみないと分からないけど徹底されているなと思いました。

また会期中のスケジュールが毎日違うため、
日々スケ(細かく記されたタイムスケジュールのようなもの)が作られているのは
まさに映画製作だな〜。


私はほとんど上映前後のアナウンスをします。
あーー、人前で話すの大の苦手やから嫌やな。カミカミ人間になりそう。


明日は8時に大学。寝坊できへんし、寝ます。


--------

【映画学科の卒業制作展ゲスト情報】

2月23日(土)
大森立嗣/映画監督:代表作『まほろ駅前多田便利軒』他:公開待機作『ぼっちゃん』


2月24日(日)
益山貴司/劇団子供鉅人主


2月27日(水)
長谷正人/早稲田大学教授


3月1日(金)
瀬々敬久/映画監督:代表作『ヘブンズストーリー』、『アントキノイノチ』他


3月2日(土)
吉田大八/映画監督:代表作『桐島、部活やめるってよ』、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』他



イベントスケジュール等はこちらからどうぞ。
 

賑わう京造


前髪を上げ、眼鏡をかけるのが最近のスタイルです。

マスクとスッピンは昨日で卒業しました。


また眼の赤みが引かなかったため、眼科に行ったところ、
5日ほどコンタクトはNGと言われ、仕方なくずれずれ眼鏡をしています。
下向くだけで落ちるからトイレは危険\(´ヘ`)/



だけど卒展の作業に参加しなきゃと思いながらも
家でのんきにテレビを見ていたら友人からメールが。

13時から22時まで手伝ってきました。

また今日から本学での作業が解禁になったため、各学科で賑わっていました。


ほんまに時間が過ぎるのが早くて気づくと夜になっていた。


あと3日。
いやいや2日か。各パート頑張りたいです。



明日は9時や。起きれるかな〜

Index of all entries

Home

検 索
更新順
Links
Photos
Feeds

Return to page top