Home > 京都 > | 日常 > | 静岡 > おわり、はじまる

おわり、はじまる


年末のこと、
京都から静岡に帰るバスであまりにもヒマすぎて
友人たちのtwitterをネットサーフィンのように見ていたら
みんなして『レ・ミゼラブル』が良かったと呟いていたので観に行ってきました。

感想は抽象的になってしまうけど鳥肌が立ちました。
ミュージカル口調なのに映画として全然受け入れられる。台詞多いけど。
民衆たちが立ち上がって歌うところはじわじわきて涙がにじみました。
クライマックスの(Do you hear the people sing? / 民衆の歌)が良い。




この映画を年末に観れて良かった想いを抱きながら年始一発目もこれを観ました。
友人たちと映画の話をして情報をたくさん得たのでもう一度観たいなぁと思って。


感想は略すことにして
静岡、京都のMOVIXで映画を観たんだけど観客の差に愕然としました。
静岡はほぼ空席。朝イチだったのもあるとは思うけど20人いたかどうか。
それに対して京都は満席。年齢層も京都の方が若者率が高かった。

むちゃくちゃ地元ネタになってしまうけど
静岡市の駅北に七間町映画館街ていうのがあって単館の映画館が数軒並んでいたが、
少し前に通ったら更地になっててすっごくショックでした。

地元の誇りだと思ってたから静岡もシネコンに移り変わって行くのかと思うと辛かった。



とは言え、
自分も静岡に帰れば専らMOVIXばかりを利用しています。やはり時代の流れなのでしょうか。


静岡の飲料水はどこまで行くんだろう。

tea.jpg

 

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/8044
Listed below are links to weblogs that reference
おわり、はじまる from 美大日記::京都造形のマイク

Home > 京都 > | 日常 > | 静岡 > おわり、はじまる

検 索
更新順
Links
Photos
Feeds

Return to page top