Home > 旅行 Archive

旅行 Archive

伊勢へ


ただいま!

1泊2日で伊勢に行ってきました。
昨日の16時に出発して今日の16時に帰ってきた。

24日の夜に「月〜金まで五連休になるから行きたいリストの伊勢に行かない?」と電話がありました。
正直、25日まで沖縄、26日東京を発って静岡経由で京都に帰ってくる、翌日の授業後に京都を発つ。
自分の体が保つか不安でしたが、行ける時に行っとけ思考なのですぐに「良いね」と返事して実現しました。


伊勢神宮とドライブがメインだったのでゆっくり旅でした。
 ise01.jpg

27日夕 海の幸がいっぱいな定食

P1030523.JPG

ホテルから臨める景色。左上、志摩スペイン村

P1030526.JPG

28日朝 ホテルのバイキング

P1030544.JPG

伊勢神宮境内、五十鈴川に写る紅葉たち

P1030558.JPG

名物、赤福

P1030560.JPG

伊勢うどん


身も心も満腹になりました。
何より天気が良くて紅葉を見ることができたので良かったです。疲れたけど楽しかった。

続きを読む ≫

なんくるないさ


ただいま!

沖縄旅行、楽しすぎた。

2012-11-24 12.30.14.jpg

ハプニング続出に沖縄のおじちゃんおばちゃんの優しさに救われ、妹と冷戦もあり、
行き当たりばったりの旅行で何度も大丈夫か?と思ったけど良い方向に傾いたから結果オーライ。


半袖ビーサン生活、最高でした。
泡盛でほろ酔いして温泉入って。
足にマメを作るほど歩いて脚の至る所に筋肉痛を招いて。すっごく良い汗かいた。

この時期が気候的にちょうど良かった。


そしてまた行くぜ!沖縄! 

続きを読む ≫

声に出すと近づく


再来週、沖縄に行きます。

昨晩父と電話してて
「卒業旅行の話題が出てない」て言ったら「◯◯に行ったら」と提案され、
冗談半分に受け流していたけど心では気になって仕方なくて
その後、妹に「◯◯に行きたいんだけど」と言ったら「行く?」と乗り気。

じゃあ行こうか!と俄然乗ってみた。


電話を切った後(22時ぐらい)
いつもお世話になっているHISさんの格安航空券を申し込み、
空席照会をするために翌日のメール待ちになったので
その後、宿泊先を徹底的に洗い出し、値段と部屋の比較をしました。

私はドミトリーでも全然構わないですが、妹が個室が良いと言って。
そりゃそうか。旅慣れしてないもんね。知らない人と同じ空間が苦手な人もいるもんね。

でも祝日を挟むからホテルの予約ができない状態。

悩んだ挙句、ゲストハウスだけど完全個室でベッドがある部屋を調べました。
そしていくつか候補を絞り、明日妹に了承を得て(すでに2時過ぎ)
航空券が取れ次第、宿泊先に電話をかけようと思って昨日は寝ました。


そして今日。
妹もOKしてくれ、航空券も取れクレジット決済して宿泊先にも電話して取り合えず土台は完璧。
さらに気になるツアーも電話して予約が取れた。

後はどこに行きたいかをピックアップして旅のプランを立てるだけです。


旅に関しての実行力だけはあります。普段のんびりしているので妹に驚かれました。

もともと妹とは年明け後に温泉旅行に行く予定でした。
でも大学やら部活やらで多忙になるとのことだったので今回の旅になったんです。

私は関空、妹は羽田からそれぞれ行こうて笑いながら言ったけどやだて却下されました。
そのため、妹の講義を一緒に受けてその足で空港に向かう予定です。
史学科の授業やだな……。頭の中が難しい用語で埋め尽くされそう。


今テンション高いです。すっごく楽しみ。沖縄に行きたくて仕方なかった。イエーーーイ!

続きを読む ≫

おすそわけ


さみーー。
雨止んで太陽が顔を覗かせたけど寒さ倍増。

これで一気に冷え込むんだろうね。

紅葉のシーズンも幕開けになるのかな。そろそろ。



それはそうと数日前に友人たちとUSJに行ってきました!

ハロウィーンホラーナイト

去年は平日に行ったため、期間限定のイベントは見れへんかった。
そのため、リベンジも含めて金曜日に。

アトラクションの待ち時間はむちゃくちゃ長かったけど目的のものが見れて良かった。
バイオハザードは安心しきっていたため、
ターミネーターの場所を夜だけバイオバージョンになるため、
大勢の人を収容して椅子に座って恐怖を味わうと思ったら
最初の仕掛けでやられました……。手に汗握るバイオハザード。

USJ02.jpg

夜はホラーナイトエリア内の建物に3D映像が投影されていました。
写真を撮るのに夢中になってると背後にゾンビがいるヒヤヒヤ感がたまりません。

叫びすぎて声を出しすぎて帰る頃には喉がカスカスになったけど楽しかったです。

続きを読む ≫

さよなら、海外


予定が3日も空きさえすれば旅に出る。それが私のスタンスです。

たまたま8月の下旬に予定が空いたので2泊3日で海外一人旅に行こうと計画を立てていた矢先、
いろんな物事がどっと押し寄せてきたので今回は諦めることになりました……。
代わりに12月までにお金を貯めて今回よりも少しリッチな旅を実行できるように務めます。

海外は無理だけど日本なら行けると思うのでどっか行く予定です。

オススメありますか?
行ったことのない東北か九州が気になっています。

母に「北海道か沖縄に行ったら?」と言われましたが、一人は寂しいので却下しました。

続きを読む ≫

七夕の夜に


短冊に願い事を書いて笹につけたのはいつぶりでしょう。

いつもは恥ずかしくて素通りですが、(みんなのを見るのが好き)
今回はしっかり書きましたよ〜"無事に卒業できますように"て。


そしてそして今年の七夕のイベントとしては、
参加している100人100旅の出版記念パーティーがありました。

初逗子に上陸。結婚式場が会場でした。

すっごく料理が豪華で食べたい気持ちもあるけど
80人前後が集まる機会もそんなにないので話したい気持ちもあって
あっという間に終わってしまいました。

出版される(7月20日発売)本とサインペンを持って
いろんな旅人さんに声を掛けては話してメッセージを書いてもらいまいした。

1903573_1697872210_239large.jpg


全員から貰うのはいつになるだろう、と言うぐらい多くの方がいます。
後は一度だけだと顔と名前が一致しない……(° □° ;)これ結構な問題点。

それでもみなさんとお話できて忙しさ理由に旅に出ないのはモッタイナイなと思いました。

いろいろ行きたい国があったのでアドバイスもらって良かったです。

38_large.jpg




最後にこの表紙の本を見かけたら是非手に取って見ていただきたいです。

37_large.jpg


文章のトップバッター、私なのでよろしくお願いします。生意気なこと書いています。

 

続きを読む ≫

やってみるから始めてみる


22歳になりました。

誕生日は日曜日なのにまさかの授業がありました。

出席2回分という有り難いプレゼントを貰ったぜ。


それはそうと1年間で変わったことと言えば、
前髪を上手く切れるようになったことかな。
ギザギザとかパッツンとかではなく上手い具合に。



そして今年もやりました。
 

続きを読む ≫

25年の記念


両親の結婚25年の記念日に旅行をプレゼントしたいと思いついてからはや5年。

あと1年したらついにその時がやってくる。

妹たちとお金を貯金し目標額には届いたけど、さらに豪華な旅行を送りたく貯めています。


先日まで沖縄旅行を念頭に設定金額を決め動いていましたが、
Facebook上で地球は僕らの遊び場だ。/旅ガイドシリーズというものをフォローし、
5月25日発売の『両親に贈りたい旅』の読者モニターに選ばれ、
本をペラペラ厳選された26箇所の旅行先を見ていると考え直してみようかなと思っています。

正直、どこも魅力的です。

見ているだけで心がわくわくします。


なんといっても
海外旅行の初心者でも手に取りやすいガイドとなっている点ですかね。
漠然と海外に行きたいと思っていても場所だったり予定だったり意外と決めるのは大変。

でも一度この本を見てみると分かりますが、
見ておくべき名所や家族の思い出を作る体験を組み込んだスケジュールが提示されているので
そっくりそのまま旅行のプランとすれば初めてでも立派なものが作れるのかなと思いました。
また忙しい社会人で時間があまり取れなくてもサクって予定を練ることができるんじゃないかな。

私自身、海外にはほとんど行ったことがないので候補地を絞れて手間が省けます。


さらに本のレイアウトも見やすいし人の心を惹き付けるフレーズにもグッと来ます(´▽`)

自分が好きなのは随所に散りばめられた写真です。とても美しくて想像力が広がります。


あと1年。じっくり考えて行きたいです。
帰省する時は本を持って妹たちと相談しようと思います。

両親に贈るだけでなく私たちも同行したくなっちゃった。

続きを読む ≫

世界を味わうイベント


空港までは容易に行けるけど世界に飛び立つのには時間とお金が必要ですよね。

今の私には両方ともムリです。

安くて一遍に各国を味わえるテーマパークを知ってるけど関西じゃないんだよね。


そんな私の野望さえ望み通り叶えちゃうイベントが明日明後日と関空で開催されちゃいます。

その名も世界に一番近い旅の展覧会2012関空旅博です。

旅行フェスティバルあり、世界旅行のセミナーあり、トークショーあり、盛りだくさんです。
個人的には世界のグルメを堪能できるのがすっごく楽しみ(´エ`)♪

国内問わず海外からも多数参加があるのでいろんな国の人と交流できる場でもあるのです。

自分が所属している100旅もブースを出展しています。さらに写真展などもやっています。

一様スタッフとして参加してきますが、担当時間外は来場者の一人として味わってきます!

海外にはほとんど行ったことがないから吸収してきます、文化とか諸々。

もし良かったら是非ぜひ足を運んでみてください。
ま、関空まで意外に遠いんだけどね。その辺は多めに見てや。

続きを読む ≫

はるうらら


サンドイッチとピクニック。


春の陽気は気分を盛り上げますね。

ロードバイクで風を切って走る瞬間がたまりません。


桂川のほとりでレジャーシートを敷いて
昨晩時間をかけて作ったお弁当を広げて
ピクニックをしてきました。

我ながらサンドイッチうまーー。自信作のナポリタンも上出来。


そんな1日も良いもんだ。




--------

1泊2日の旅記事はここで終わりと言うことで。



出会いもあり別れもあり。たくさんの思い出を新たな土地で作ることができました。

本当はもっともっと濃厚な時間が流れていて、でも書くと長くなるので断念します。
 
今は旅行での出来事を両親に話したくてたまりません。


GWのリフレッシュ完了。


命の恩人じゅんさんとは宇野駅近くのコンビニでまたもや出会いました。

「何でいるの?」て言われた。何もないけどね。

続きを読む ≫

悲劇は喜劇.5


時間を気にしながら作品を鑑賞するのは何とも居心地が悪い。

もう夜には変わりない。暗くても大丈夫。
なんて帰りのことを一切考えないようにすると作品に集中できました。

閉館も近かったので人もちらほら。

現代アートの世界にどっぷり浸かることができました。

何でこれが評価されるんだろう?て思ったりもしてさ。
図々しくも作品のことについてあれこれ質問しました。

うーん、結局のところ、作品の捉え方って人それぞれなんですね。奥が深すぎた。


--------

美術館を後にすると案の定、真っ暗すぎて心が折れました。

灯りが1つもなく宿に着くのは困難だと悟りました。

道に迷ったらシャレにならんなぁーーて。予想以上に焦っていました。

何かあった時のために携帯はあまり使いたくなかったですが、
足下すら見えない状態で歩くのは怖すぎると思い、
懐中電灯のアプリをダウンロードし坂道をとにかく走り続けました。

ただ行きの疲労で足が思うように動かず。靴底が擦り切れるように走った。

呼吸が乱れ早歩きをしていると目の前に人影が……。
最後の力を振り絞って「すみません」と声を掛けてみると反応してくれた。
正直に「怖いので途中まで一緒に行ってもらえません?」とお願いすると
「自転車あるんでそこまで行きます?」て言ってくれました。

その時、彼を命の恩人だと思いました。26歳のじゅんさん。

話をしていくうちに関東の某美大卒と知り、会話が弾みました。
さらに男女別ではあるけれど同じドミトリーでした。
駐輪場に着きましたが、自転車を押して宿までお供していただきました。

本当にありがとうございます。


行き帰りの身体と精神の疲れにより着いたと同時にベッドに倒れ込みました。

ただ夜はまだまだ長かった。

続きを読む ≫

悲劇は喜劇.4


この日の予定は、ベネッセアートミュージアムに行くことでした。

天気があまり良くなかったため、17時過ぎには空が薄暗かった。

宿から徒歩50分。
バスを勧められたけど若いし行けるんちゃう?て意地を張ってみた。
この選択肢が良かったか悪かったかは言うまでもない。

途中までは走っていましたが、アップダウンがキツくなりウォーキングに切り替え。

地図を頼りに目的地に進んではいるものの建物がなくなり急に不安になりました。
さらに小雨で表記された字が滲んで読めない。帰れんくなったら嫌だなと思い…。

ただ辿り着くまでは元来た道を引き返さないと強がったりも。

何度か迫る運命の分かれ道。どっちに行ったら良いんだ?悩んで悩んだ挙句こっち!て。

人の気配も外灯の光もない中、彷徨うって怖かった。遭難だけは避けるべく徹した。

すると前から車が来たので頑張って手を振り、どうにか気づいてもらいました。助かった。
銭湯あがりのスッピンとタイツに体操着ズボンと上の服に変な違和感があったからか、
未成年だと思われ、事情を説明したらベネッセアートミュージアムまで連れてってもらいました。

格好よくヒッチハイクなんて言っちゃっています。
いやいや、車に乗せていただき、本当に助かりました。何度も頭を下げお礼を言い。


閉館の1時間前(20時)までに入らなければならないので間に合って良かったです。

悲劇は喜劇.3


やっとの想いで直島に辿り着いたのは16時を回っていました。


すぐに泊まる宿にチェックインをし、
ドミトリー仲間に挨拶をし台湾の女の子と直島銭湯へ。

夜になると混むって教えてもらって。

まさに入浴できるアート作品でした。
湯船に浸かってぼんやり浴槽を見ていると底に敷き詰められたタイルをなでなでと。
レトロな商品ラベルや昭和ポルノ映画のポスターなどの切り抜きコラージュがあり。

photo.jpg

男性風呂からの話し声も含めて作品と一体しているのが感じられました。

お風呂上がりのコーヒー牛乳はとても美味しかったです。

悲劇は喜劇.2


布団に入って数分後には夢の中と自慢できる私でも旅行前は中々寝付けません。

そんなこともあって京都から宇野まで向かう道中は首を前後に動かし爆睡でした。

乗り換え4つ。鈍行。約4時間。学割を使用して3440円。時間は節約できないけどお得でしょ。


宇野(直島行きの港がある駅)まで無事に辿り着きましたが、忘れ物発覚。

駅から見える薬局でコンタクトの洗浄液を購入後、港まで傘をささず全力疾走。

切符を買い、雨と汗で濡れた髪を拭きながら10分前に迫ったフェリーに乗る。

雨が弱まったことを確認し屋上で写真を撮って出港前の時間を有意義に過ごす。

屋内に戻って椅子に座り一息つくと聞こえてきた会話に耳を疑いました。
「あと1時間ぐらいで着くから寝ていよう」て。
・・・ん?
20分じゃないの?

そうなんです。直島行きではなく高松行きに乗ってしまいました。勢いって怖いわ。

焦っても仕方ないので私も寝ました。新しい場所を知る、てポジティブな気持ちで。


フェリーは予定通り13時05分に高松港に到着しました。

悲劇は喜劇.1


一人旅 = 傷心旅行 ではないぞ!

気の赴くままに旅をしたくなる。
そこで出会って話して友達になって。
そんな一期一会が好きだから旅に出るんだ。


1泊2日のアートな旅、直島。

たくさん失敗して、でも笑い話になって。
作品以上に濃い時間を過ごしました。
全ては多くの人の出会いがキッカケです。本当にありがとうございました。


少しずつ綴っていきます。気長に待っていてください。

流行のGWに乗る


コタツ布団を干して、毛布をしまって。

もう必要なさそうですね。


今日は日差しが暑く風が生暖かかったです。

とは言え、
起きてグダグダしていたので
外に出たのは夕方くらいかな。

昨晩のお酒で頭が痛くベッドでもぞもぞしていました。


毎日の生活がナマケモノ化しています。

GWが今日から始まったことすら気づきませんでした。


このままだとアカンなーーと思い、
どっか旅に出ようと決めた数分後に宿を予約しました。

ドミトリーて言う何人かが同じ部屋で寝泊まりする部屋だからGWでも安い。
女性専用で宿泊施設としてはかなり良い環境だから安心かなぁ〜とね(´▽`)

またまた西へ1泊2日してきます。

先ほど予約し、明後日出発って……。何も準備してない。

思い切りて大切ですね。泊まる宿が押さえられて助かった。

海を目の前に


朝ごはんを3杯も食べたのはいつぶりだろう。

食が進む。

おかずが何種類もあるのは下宿だと味わえないです。


25、26日と友人たちと西に旅行してきました。

P1030161.JPG

 P1030171.JPG

 P1030176.JPG

 P1030179.JPG

海の幸に感謝しながら美味しくいただきました。

温泉は気持ち良いし……露天は最高でした。
何と言っても夜中まで続くガールズトークが楽しかった。
春が来た友人の話を広げる役でした。
人を弄るのってこんなに快感なんだ〜ドSじゃないけん!


気が合う友人たちとの旅行は一人旅の何十倍も良いもんですね。思い出がまた増えた。

続きを読む ≫

大泣き


黄色の線で囲まれ、KEEP OUTの文字。

赤いランプがちらつく。

焦げた臭いが鼻を刺激する。

報道陣の数。そこら辺にカメラの三脚が散らばってる。


淡路島で見たニュースに驚きを隠せませんでした。

昨日の朝5時30分頃に異人館街の【旧グラシアニ邸】にて火災がありました。
その場所には行ったことがありませんでしたが、伝統的な建築物だからね……。
再度同じものを作るって現在の技術が進んでても簡単ではないことですし。
残念でした。


異人館街に彷徨って道なりに進んで行くと現場の脇道に辿り着いてしまいました。

とても悲しい気持ちになりました。
冷たく降り注ぐ雨が建物から溢れ出した涙に見えて仕方なかったです。

続きを読む ≫

皆勤賞


冬は決断してから動き出すまで1時間はかかる。by わたしの身体

寒さには敵わないのです。コタツの魔の手にかかったら終わり…。


そんな私が2月に寒い地方を転々とします。

その中の1つ、富山は毎年のように行っています。狙うは皆勤賞。

今年は行く予定がなかったのですが、
父から電話が来て「おばさん(なんて言ったら怒られるけど)が雪かきをしてほしいんだけど」と。
暇人と言った人に絶対手伝ってあげないんだから、と思ったけど別件で行くことになったので。
またもや富山(お隣の県も含め)行っちゃいます^^ 雪で停まるんだよね…てブーブー言いません!


12日までに京都に戻ってこれたら良いなてぐらいしか考えていないので
いつ行っていつ発つかなど全然決めてないですね。取り合えず行くってことぐらいしか。

ここ最近の良くて悪いクセ。行き当たりばったりな旅。もう少し考えてから出発しよう。

続きを読む ≫

気まま旅.5


【美大日記オフ会】

今宵も新宿駅でうろちょろ。でも完璧だよ。地図を暗記したんだもん。

自信満々で靖国通りまで来たのは良いけど手羽一郎てどこやねん!

行ったり来たりして時計見つつ分からないから薬屋さんに聞いたら同じ建物内にありました。

着くとすでにogawaiさん、Tの人。さん、生物部さんがいました。

遅刻じゃなくて良かった…と思いました。
本当なら1時間前に妹宅を出て新宿まで1本で来ようとしていましたが、
テレビに夢中になりました。そしていつの間にか集合時間45分前。
さすがに慌てて( ̄□ ̄;)池袋で乗り換えたほうが早いと教えてもらい行き方を変更しました。
丸の内線から山手線の改札はすぐだからと言われていましたが、分からない。
新宿に辿り着く前に池袋で迷いました。


そしてどうにか新宿駅、オフ会の会場に到着。ホッと一安心でした。

恒例のみんなの印象に行きましょうか。私の表現、稚拙だから期待しないでください。


東京芸大のzoominさん

スタイル良くてカッコいい女の子でした。
ビールが似合う。
話題をどんどん提供してくれました。


東京工芸のプラさん

自己紹介で理系オーラが出ていました。
見た目ほんわか。癒しキャラに見えた。


ムサビのogawaiさん
色気のあるお姉さんでした。
姉御肌かな。相談に乗ってくれそう。


首都大学東京の文鎮さん
妹に優しいお兄ちゃんみたいな感じでした。
何でも買ってくれそう。


東北芸工のTの人。さん
女子会にいても違和感がないって本当だ。
料理を入れてくれたり空いたお皿を片付けてくれたり。
気配りNo.1のお兄さんでした。


日芸のぴち子さん
見た目カワイイです。おめめパッチリです。
ノリの良さは一番です。
しもワールドに突入したら話が止まらない。
タバコを吸うギャップがまた良いね。


日芸のにゃんちゅうさん
前に会ったときと何一つ変わっていませんでした。
顔がにゃんちゅうそのものです。
笑ったときは特に。たぶん彼は変態だと思います。


女子美の生物部さん
おしとやかな女の子。
でも高校時代の部活(生物部)から想像したらやんちゃっぽい。
いやイメージ。
次は絶対にお話したい。


ムサビOGのlilacさん
話し出したら止まらない。
悪いことをしたらその場で注意をしてくれそう。
年下の扱いになれてそうでした。


東京造形の高橋さん
いけめん。それにつきる。
帽子似合います!!!


タマビの米山さん
酔っぱらった勢いで誰にでもお年玉をあげそうなおじちゃん。
そんなふうに思いました。話しやすいです。
やはりサバンナ高橋に似ています。はい^^


ムサビの手羽さん
緊張しているオーラが出ていましたよ。くねくねと。
米山さんが来て安堵していたように感じました。


京都造形の吉田さん
まさか東京でお会いするとは。
いつもより爽やかに登場して爽やかに帰って行きました。


美大日記もしくはtwitter上でしかお話したことがなかったので
多くの人と直接お会いできてとても嬉しかったです。

二次会に参加できなかったのが残念。大荒れだったみたいで。気になるから誰か書いて。

突然のお願いに対応良くセッティングをしてくれた手羽さん。
参加してくれた美大日記のメンバーたち。
この場を借りてありがとうございます。むちゃくちゃ楽しかったです。


最後に。lilacさんから写真を頂いたので載せておきます。
9_large.jpg

 

気まま旅.4


【100旅新年会 in 関東】

トラウマ新宿駅。2年ぶりに足を運びました。

さすが高層ビルが建ち並ぶ東京。夜なのに人の数は昼間と変わらないじゃん。

100旅の新年会(準備)が始まる30分前には新宿駅に着いたのに迷子さん。
地図アプリで目的地を調べるものの西口なの?詳細には東口てあったのに。
と思い、地図に従いうろちょろしながら西口に向かう。着いて確認。
えぇーーー!なんでや?東口に変わってるし。携帯に八つ当たりしながらも元来た道へ。
行ったり来たりして人に聞こうと試みたが、優しそうな人がいず、取り合えず歩く。
頭の中を整理し、アルタのほうまで行ってみると看板見っけた。助かったと安堵^^

中に入るとすでに多くの人が新年会の準備をしていました。私もお手伝いしながら談笑。

そして続々と人が集まり新年会がスタート。

DSC_0607.JPG


30人ぐらいは居たかな。
関西のほうでお話したことがある人もいましたが、ほとんどがはじめまして状態。
しかしながら臆せず話しかけてみると勢いで仲良くなれちゃうものですね(^ε^)

もっとみなさんと親しくなれるために多くの企画が用意されていました。


例えば、

25マスの何もない白のビンゴカードにお互いの名前をマスに書き込み、準備完了。

ビンゴゲームの始まりはじまり。主催者が紙を引き、その名前のマスを開けて行く。
そしてリーチになった人は前に出る。上位5名までは景品付き。みんな必死でした。
またビンゴをサポートした(名前が出た)人にも面白いプレゼントがありました。

名前が出て、その人が立ち上がる。
多すぎて全員を覚えることができるかな?と不安でしたが、大体は把握できました。


私はビンゴになったもののじゃんけんで負けて残念賞でゴムボールをもらいました。
お菓子とボールのどちらかでしたが、同じく上がった人が私よりも年上だったので
ここでお菓子を取るとまずいかなと思ってボールを選びました。毎日遊べるね(*´?`*)
そしたら「ボールにみんなのメッセージを書いてもらったら」と言われまして

DSC_0707.JPG


書いてもらいました。ボールを話す手段としたらさらに多くの人とお話ができました。
これでサッカーもドッジボールもしません。大切に保管しておきます。たぶん。

関東の飲み会では京都から来たと言えばちやほやされます。
関西の飲み会では学生(美大)と言えばちやほやされます。
今だけの特権ですね。もっともっと使わせていただきます。

今回の新年会では同学年の方と初めて会うことができ、とても嬉しかったです。
やっとタメ語で話すお友達ができた。波長も合うし話も尽きないし、やったね。

また大学まで京都に住んでて今は東京の大学院に通ってる人との話も魅力的でした。
絵画や建築に関心があってヨーロッパに1人旅したんだって。
内心、良いな良いなてずっと思っていました。私も建築に興味ある。絵画も好き。
って言葉に出して言ったら進展があったけどホントかな?うん、いつかは行く!

旅好きの飲み会。話していて楽しかったです。時間が過ぎるのも早いですね。

最後に記念撮影。

DSC_0715.JPG


お酒も料理も美味しかったです。このためだけのお酒は飲みやすかったです。


さ、〆切近くの原稿のペン入れでもしましょうか。そしたら送って終わります。

 

続きを読む ≫

気まま旅.3


【東京のち京都 途中下車もアリよね】

旅にはトラブルが付きものだ。そう言われたのを思い出しました。

京都から東京へ向かったのは12日夕方。
用事を終え下宿に戻りスーツを脱ぎ捨てリュック1つを背負い電車に乗り込み。
夜行バスにしようかと思いましたが朝って寒いんだよね。だから青春18切符で。

用意周到の私ですが、この日は乗り換えの電車も時間も調べておらず流れで…。
そのため車内アナウンスを聞いて動き出す。椅子取りゲームみたいにがんばる。
階段とか1段飛ばしですよ。長時間の移動だし座りたいですよね、やはり^^

しかしながら初めの乗り換えで失敗し全てが崩れました。寒いホームで待つなんて。

そんなことがあり、東京に辿り着くのは厳しいことを知りました。寝台電車なら…。

あぁーー、どうしよう、なんて思わず、良いこと思いついちゃった!とニヤリ。
「途中下車しよう」てね。電車の中で眠るぐらいなら温かい家族のもとに帰ろうて。

突然のことで両親に一切の連絡もせず驚かせるのが面白いなと思ったりもしましたが、
時間も遅く起きていないと家に入ることができないので残り僅かな携帯でメールを。
でもやっぱ驚かせたくて、
私「あと1時間後にどうしても電話がしたいから起きててほしい」
母「もう寝るんだけど」
私「すっごく嬉しいことだから」
母「今じゃダメなの」
これは寝る可能性が高いな。そして私の携帯の命も無くなりそうなので仕方なくメールで。
私「あと30分したら静岡着く」
母「えっ!?」
私「急だし駅からは歩いて帰るよ」
母「遅いし迎えに行くよ。」
私「良いの?」
母「良いよ。いつものところで」
私の意外な行動。母の気前良いメール。静岡に着くのが楽しくなりました。

行き当たりばったりで両親も私自身もビックリでした。まさか実家に行くとはね。

温かいお風呂も湯たんぽでポカポカになった布団も家族の笑顔も。
私の元気の源です。

翌日に東京に向かう予定でしたが、
まだ居てほしそうな雰囲気を醸し出されたので14日のお昼過ぎに静岡を出ました。

静岡では母と水泳しに行ったりマンガ読んだりしました。至って普通なこと。


旅はまだまだ続きます。オフ会のことはもうしばらく待ってください。いつ終わるのか。

続きを読む ≫

気まま旅.2


【手羽さんに送ったDMで企画された美大日記オフ会】

どうも、どーも、オフ会の首謀者こと、マイクです。

言うだけ言って手羽さんがセッティングしてくれたことに感謝しています。


遡ること1ヶ月前。結構前から始まってた。
1月14日に東京で100旅の新年会があると知り、関東の人とも交流したいなと思い参加表明。
しかしながら1日だけ東京に行くのもモッタイナイな。

っで、ダメもとで手羽さんに
「1月15日に美大日記のオフ会しませんか?」て送ったら
意外にも反応が良くて内心とても嬉しかったですヽ(´▽`)/

そこから何回かメールのやり取りがあり、いつの間にか多くの人が集まりました。

メールもらった時、嬉しすぎてジャンプしちゃいました。
そのくらい会いたかったんです。直接お会いしたくてね。


あ、もう寝る時間だ。また明日更新します。温かいお風呂に入って布団で寝れるよ、やっと。

 

続きを読む ≫

気まま旅.1


温かいお風呂に入って、そのまま眠りにつきたい。そんな気持ち。


夜行バスは慣れないものです。全然寝れなかった。

しかしながら京都の寒さは偉大なものですね。
眠い目をこすりながらバスを降り立った時の寒さと言ったら。SAMUI。

一瞬で目が覚めました。京都タワーもまだ眠っていました。



手羽さんTの人。さん、他ぞくぞくとオフ会の記事をアップしていくと思うので
私は自由気ままに書いていきたいと思います。結構、長くなると思います(^^)

では、また夜にでも。

 

続きを読む ≫

LIFE IS JOUNERY .


「就活せず、世界一周する」

直後に両親から「ふざけるな」の一言。

はい、今は就活します。
でも絶対、世界一周します。そう胸に誓いました。


旅が好き。旅行じゃなく、旅ね!

なにが違うってハッキリ答えられないけど感覚だね。

旅って、五感で楽しむもんだと思います。
キレイな格好してお金つぎ込んで贅沢な生活してお土産もいっぱい買って。
じゃなくて、その逆だね。リスク背負ってもその土地の空気を吸って。
お金なんて必要最低限だけで後は旅先でどうにか生きていけば良いじゃん。
友達作ったらごはんくれた。最高じゃん。ヒッチハイクは勇気がいる。
観光地も好きだけど市場でおばちゃんと話すのも悪くないです。それこそ、その土地の文化だもん。

話が反れましたが、旅が好きと言うことです。


そして、本題はここからですが、

続きを読む ≫

学食クオリティー


家に帰ってきて、「ただいま」「おかえり」のキャッチボールがないとちょっぴり寂しい今夜です。

妹もそう思ってるのかな?

うるさい姉が帰った今夜は部屋が静かすぎて寂しいのではないかな。いや、清々したて思ってそう。


ぶらり東京旅の記事を書こうとは思いますが、まとまりがなさすぎてどれを載せよう。

五日間をずらずらと書いてもね…、おもんないもんね。適度な分量でやっていきます。



こんなことを言うのもどうかと思うけど東京に着いてすぐ京都に帰りたくなったのが本音。

通勤ラッシュと被り、満員電車にこれまでかと言うほど押しつぶされ、心が折れました。

おじさま方すごすぎる。朝から競争なのね。妹の鞄を掴み、逸れないようにした私はただの子供。


妹とは二日ほど一緒に過ごしました。

池袋で買い物したり(服の大量買い)、原宿でクレープ食べたり(定番?)、
上野の博物館で課題に付き合ったりアメ横ぶらり、浅草でもんじゃ食べたり、
他いろんな場所で食べ歩きしたり。もしかして食べてることばかり……。笑

初めて妹が通う大学にも行ってきました。

東京の私大って外観が高層ビルに紛れているイメージがあります。

まんまでした。周りが住宅街だったので浮き出ていたけど。

それにしても屋外・屋内ともにキレイでガラス張りになっていて空港みたいでした。

目的は学食でした。どうやら、都内で有名な学食らしく本来の学生があまり利用できないとのこと。
お昼になるとスーツを来た社会人がわんさかいて席がなく気になるも学食を諦めるしかないらしい。
そのため、夕飯時を狙って行きました。妹でさえ、今回が初めての学食になると言っていました。

想像していた広さを遥かに超え、自分の大学と比べようがないほど大きくてビックリしました。

料理の種類も豊富でカレーはインド人が作っていたり学外だったらもっとお高くなるらしいっす。

ちなみに、これはメイン+スープ+デザートで500円。

P1020846.JPG


この学食クオリティー、なによ?!!!京造と比べ物にならないと思ってしまったよ。

ここでは都内で店舗を出すお店が集まってるんだもんね、そりゃちゃうか。
京都造形はおばちゃんクオリティーで成り立っています。だから安いんよ。

ボリューム満天の学食はとても美味しかったです。食欲旺盛の妹にあげたけど^^

東京の最後の晩餐は妹の大学での学食でした。夜でも人はいっぱいいるのね。

その後は屋上階から夜景を望み、のほほんとできて良かったです。テンション上がった。



切りが悪すぎるけど、続く。はず。

最後に、自分が通う大学以外に行くと「良いな」と必ずしも思ってしまうけど、
その大学に通う人たちの話を聞くとやはり嫌いな部分はあるんですね。みんな同じ反応でおもろい。

東京ぶらり旅 /


ただいま、京都。ただいま、おうち。

今朝の6時30分頃、下宿に着き、すぐに布団に潜り込み、先ほど起きました。

帰りの夜行バスはまだ寝れたかな…。


東京での五日間はとても充実していました。

今回、東京に行った目的は3つあり、
・今年から東京で一人暮らしを始めた妹に会う
・企業説明会の参加
FREE FACTORYに行く でした。

そして、日藝の学祭を知り、ぴち子さんの記事を見て会えるんじゃないかなと思って行ったり、
twitterで東京に行くと呟いていたらオススメのお店を紹介してもらったり、目的が増えました。


東京ぶらり旅は追々書いて行きたいと思います。


では、ごはん食べて大学に行ってきます。今日の京都は曇り。肌寒いです。

秋と、旅


鴨川沿いの木々が色づき始めています。

ぽかぽか日和の京都な今日。

さんぽも自転車も少しばかり暑かったかな。でも過ごしやすかった。


ここ最近は、相変わらず、教習通いの日々です。

他はゼミで使用する衣装を探したり映画観たり。
モテキ』『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『ミッション:8ミニッツ』など。


そして、あっという間に11月ですね。

あと少しで今年も終わると考えたら怖くなるので考えないようにします。

今月は東京行ったり大阪行ったりします。
東京に二度行く予定でしたが、京都にいなさすぎと言われたので控えます。
だってさ、休講ばかりで4日しか授業がないんだもん!あとは暇人マイク。

ほんまに暇人だと思われるのもどうかと思うので1つ。旅する人たちと本を作ることになりました。
その顔合わせに東京行きたかったけど今回は大阪のほうだけ参加しようと思います。
多くの人と話すのが改めて好きだなと思いました。今はネットでのやり取りだから早く会いたいな。

と言った感じです。


11月は地元の友人が京都に遊びに来たり、他いっぱい予定が詰まっているので楽しみです。

紅葉シーズンに差し掛かったら朝から自転車飛ばしてお寺巡りしよう。京都に住む特権^^

わくわくです。

続きを読む ≫

学生ニート


後期に向けてスケジュールを立てています。

京造の休講情報が出ていなかったのはまだ授業が始まっていないからではないのかな?

大学開始は9月26日(月)からです。


後期になると受験シーズンが続々と始まり、学生にとっては嬉しかったりも◎

私も水曜と木曜しか授業がないので、
11月になったら休講日と授業日が重なり12連休があります。やったね(^^)

制作?撮影?いえいえ、旅します。

これを逃すと時間がなさそうなのでぼちぼち考えています。またそのことは書く予定。

続きを読む ≫

二人旅


どーん! (9月17日 18時)

P1020681.JPG


どーん! (9月18日 10時)

P1020695.JPG


どーん! (9月18日 11時)

P1020696.JPG


うどーん! (9月18日 13時)

P1020697.JPG



もう食べれません!!

香川で本場のうどんを食べて満喫しました。

 

続きを読む ≫

夏はまだ終わってない!


旅行もわくわくだけど、準備する時って最高にわくわくします。

最低限の荷物をいかにコンパクトに詰めるかって。

あとは、行き先を調べて事前にどうやって行くかシミュレーションしたり。

一人旅はスムーズに行動し、みんなとの旅は行き当たりばったり。


明日から学科の友人5人と一泊二日で旅行してきます。

ずっと前から計画を立て、撮影があるけど、二日間はこっちを優先します。

温泉に、旅館に、最高じゃん。1ヶ月ぶりに友人たちに会える。やったね。

続きを読む ≫

おやじしょく


どうもどーも!こちら京都。
GW後半とは言え、まだまだ人の多さは変わりありません。

バスが動いてくれないよう。
渋滞、嫌や〜。


変わらないと言えば、震災直後に飲料水の制限がかかっていましたが、
依然として一人1本の状況が続いています。
地元では解除されていたので不思議な感じ◎


ここ数日間の動きとしては、デブまっしぐらな生活でした。
バイト先が一番混む3〜5日にちゃっかり撮影という偽りの用事を作り、帰省していました。
ま、撮影で使う体操着を友人に貸してもらうためだったのでおおかた間違ってはいないけど。

実家での生活は相変わらずグダグダつまんないので
京都から静岡に帰るまでの話でも書こうと思います。


その日(3日)は朝6時に父が下宿にやって来ると母から聞いていましたが、
夜遅くまで相方とバイクでビュンビュン走っていたので1時間ほどしか寝ていなかった私。
合鍵を持っている父は勝手に入って私を叩き起こし、早朝からガタガタと本棚を出す作業。
「デスクが欲しい」とダダをこねる私のために父は朝から車を走らせデスクを持ってきてくれた。
本棚があるスペースにデスクを置くため、高さ170㎝ほどの本棚を父と運びました。
あっちこっちにぶつけて朝から睡眠妨害になった近隣の方々には申し訳ないと思っています。

その後、一段落して無事に静岡に帰りましたー! とは行きませんでした・・・


京都に来た次いでと言うことで父の趣味であるお遍路に付き合うことになりました。
張り切る父を横目に私は前日の疲れと睡眠不足で助手席でぐうすか寝ちゃいました。
せっかくの父と娘の会話も途切れ、ほんとごめんなさい。眠気には勝てなかった…。
呆れた父は私を残し、一人でお遍路行ってました。父の背中を見た時、切なかった。

しかし、3つ目のお寺に向かう頃には私も復活までとはいかなかったが、元気になり、
一緒に行ってみようと思っていると「前のお寺で知り合った人と行く」と言い出す父。
あ、私、その中に入ると迷惑かな〜と急に弱気になり、またもや助手席でおるすばん。

寝過ぎで非常に首が痛かったです。あと、腰も。

助手席で寝やすい寝方を生み出そうとしている時に父が帰ってきて
いつになくご機嫌で「もう1つお寺行こうかなー」と言い出す^^

ま、付き合ってみるかと思い、華厳寺という岐阜県にあるお寺に行きました。
お寺に関する知識ゼロの私ですが、ここのお寺はどうやら巡礼の最終地なんだって。
厳かなイメージがあるけど最後ってことで何だか受け入れやすいお寺でした。
華やかじゃないけど気持ち的にホッとできる場所だった。言葉で表現できぬー。

そして、父は嬉しそうに巻物をぐるぐる丸めていました。

P1020096.JPG


お寺ごとにハンコを押してもらって1つのお寺に6回行けば達成だって。
よく分からないけどいつかはその価値が分かる日が来るのかな?
にっこり微笑む父を見て何だか心が和んだマイクです。鼻で笑ってごめんね。

その後はお寺の中をぐるっとまわりました。あまり距離ないけどね。

P1020097.JPG


この像を見た時、違和感なかったけど全てお札なのね。
自分が最も治したいところにお札を貼って祈るんだって。
母にこの写真を見せた時、「眉毛さわってるの?」と聞かれたけどそんな訳ないじゃん。笑

あと面白かった像は、

P1020101.JPG


「見わだぬき 言わだぬき 聞かだぬき」です。 猿じゃないんだね!


改めて巡礼も良いものだと思いました。
昔の人が作ったモノをあれこれ考えながら歩いているとすっごく心が和みました。
町中にあるお寺とは違って山奥にあるから空気も澄んでいて最高でした。

たまには良いね^^
お父さん色に染められた半日でした。ありがとう。

わくわく旅 静岡文化芸術大学


今日の鈍行は空いていたぞ!

スムーズに乗り換えでき、京都に着きました。


8日の夜〜今朝まで静岡に帰省してたんです。


今回の目的はまあいろいろと…笑
恥ずかしいので口外できませんが。



そして、帰りに浜松を通るので静岡文化芸術大学の卒業展・修了展に行ってきました。

地元にある芸大やし興味大アリ◎

文芸は京都で言う精華みたいな感じでデザイン系と一般系の学部があるんです。
私の中高の友人も何人か行ったけどさすがに今日は会えへんかったな。(*´?`*)


実は、今回が初訪問だったのでパンフレットとHPは何度も見ていた
入った瞬間、思っていた以上にキャンパスが広かったので驚きました。

トイレの電気が自動だったよ。便座温かかったよ。



卒展は作品が10カ所の教室に散りばめられ展示されてありました。
教室の特徴を生かして展示されており、てか、構造が良いと思った。

映像作品に目が行ってしまいますが、許してください!

▽インスタレーションなどの大掛かりな作品は1人で1部屋だったり、
P1010904.JPG

▽撮影スタジオでの上映(これも1部屋)

P1010905.JPG


暗すぎてあまり分からないですね。しょぼーん。

映像作品は一人で部屋を貸し切って上映しているのがとても印象的でした。
試写する施設で順番に見せるんじゃなくて自分だけの空間で上映する。良いですね。
(講堂で上映されている作品もありましたよ)

あとは建築系も楽しめました。
正式名称は空間造形学科です。

地元に密着した建築物のブランディングが多かったです。
実際に見たことあるぞ!てものもあって親近感が湧きました。笑

設計されたものを見てるだけで楽しめたし、
分かりやすく表示されていたので良かった。

建築って何か難しいんですけどね。


ほんとはもっとゆっくりまわりたかったけど帰りの電車の時間もあり、端折ったのが残念です。


ただキャンパスは今度、友人(はいぶりっじさん。)が案内してくれるので楽しみだい。わくわく。
 

 

続きを読む ≫

わくわく旅 石川・富山・新潟


ご無沙汰しています。

一週間ぶりです。

前髪ぱっつんマイク。笑


先ほど京都に着き、やっぱ住み慣れた第二の故郷スキやなと思いました。



ここ最近のあれこれ

▽2月2日
ホンマタカシ写真展」in 金沢21世紀美術館

▽2月5日
長岡造形大学卒業・修了研究展


感想は、(箇条書き)
ブランディングが多い印象。こちら方面、興味があるから見ていて楽しかった。
とくに視覚デザイン学科の「2828(にやにや)」て作品が私の中では好きだな。

P1010878.JPG

P1010881.jpg

↑この作品どうやって作られたんやろ?

良い作品、気になる作品ほど見せ方が良かったです。
ただ制作した人が側にいなかったから質問もできず。
作品とのコミュニケーションはあっても制作者とのコミュニケーションもあったら良いのにな。

映像系は周りの音をシャットアウトすればさらに集中できるのではと思いました。
映像を観せるだけでなく、途中の制作過程もあったりと見ていて楽しめました。

P1010872.JPG

画コンテの枚数、すごかった。アニメーションに関しても驚きましたね。

校舎の構造が特徴的でずっとグルグルしていました。笑



ちなみに初対面のはるくまさんオレンジさんの印象は、

続きを読む ≫

幻燈夜会 in岡山


あなたならどちらですか?


昨日は、岡山に行ってきました!

京都から西に行くのも
岡山という名の場所に行くのも
初めてでした

目的は
京都造形の先生でもあるヤノベケンジさんの
「幻燈夜会」を見に行くためでした!
 

P1000171.JPG

 岡山まで行こうと思ったきっかけ。
実は・・・


さかのぼること、4月初め

吉田さんから
特別に高校生対象のヤノベケンジ先生のスペシャルレクチャーを
学生広報スタッフだけ参加させてもらったんです

それまでは、ヤノベケンジ先生のこと、全然、知らなかったんです
すっごく有名ってことぐらいしか…

だが、そのレクチャーは想像を超えるほどのおもしろさがありました
笑いが止まらないっていうか。
先生自身がアーティストになるきっかけには大阪万博があったとか
外見からイメージできない趣味をお持ちとか
先生が作られる作品はどれも「未来に生きていく」というようなテーマがあります
夢があるっていうか、あまりアートが分からない私でさえ、とても楽しめる作品です!

先生の話は直接、聞かれるのをオススメします

レクチャーは私自身、とてもためになり、
さらに先生のことを知りたい!作品に触れたい!と思いました

そんな時、京造の友達からこの展覧会のことを教えてもらったんです


行きたいな〜、ただお金が・・・
どっちにしようかな?
行こうかな、あきらめよっかな。

私の中で2つの気持ちが争っていました

今まで結構、やりたいことでも無理だと思ったらその時点であきらめていました
「あー、やればよかった」と後悔する人間のほうです(高校時代までですが)
頭で考えるとマイナス的な考えが出てきてしまうのでその前に動こうと心掛けています

今回もほぼそんな感じです
この展覧会を知った次の日には高速バスの手配とかしてました!


展覧会に行って正解でした!!
先生の作品を間近で見れたし、この展覧会をやるにあたっての話も聞けたし。
年齢層によって作品の反応は違いますが、
小学生ぐらいの子供たちがすっごい真剣になって作品を覗き込んでいる姿が印象的でした
目を真ん丸にして

とても充実した1日だったと思います、昨日。


やっぱ、
頭で考えてから行動するより、後先考えず行動したほうが自分にはあっているのかな


 

Index of all entries

Home > 旅行 Archive

検 索
更新順
Links
Photos
Feeds

Return to page top