Home > 一期一会 Archive

一期一会 Archive

なんくるないさ


ただいま!

沖縄旅行、楽しすぎた。

2012-11-24 12.30.14.jpg

ハプニング続出に沖縄のおじちゃんおばちゃんの優しさに救われ、妹と冷戦もあり、
行き当たりばったりの旅行で何度も大丈夫か?と思ったけど良い方向に傾いたから結果オーライ。


半袖ビーサン生活、最高でした。
泡盛でほろ酔いして温泉入って。
足にマメを作るほど歩いて脚の至る所に筋肉痛を招いて。すっごく良い汗かいた。

この時期が気候的にちょうど良かった。


そしてまた行くぜ!沖縄! 

続きを読む ≫

七夕の夜に


短冊に願い事を書いて笹につけたのはいつぶりでしょう。

いつもは恥ずかしくて素通りですが、(みんなのを見るのが好き)
今回はしっかり書きましたよ〜"無事に卒業できますように"て。


そしてそして今年の七夕のイベントとしては、
参加している100人100旅の出版記念パーティーがありました。

初逗子に上陸。結婚式場が会場でした。

すっごく料理が豪華で食べたい気持ちもあるけど
80人前後が集まる機会もそんなにないので話したい気持ちもあって
あっという間に終わってしまいました。

出版される(7月20日発売)本とサインペンを持って
いろんな旅人さんに声を掛けては話してメッセージを書いてもらいまいした。

1903573_1697872210_239large.jpg


全員から貰うのはいつになるだろう、と言うぐらい多くの方がいます。
後は一度だけだと顔と名前が一致しない……(° □° ;)これ結構な問題点。

それでもみなさんとお話できて忙しさ理由に旅に出ないのはモッタイナイなと思いました。

いろいろ行きたい国があったのでアドバイスもらって良かったです。

38_large.jpg




最後にこの表紙の本を見かけたら是非手に取って見ていただきたいです。

37_large.jpg


文章のトップバッター、私なのでよろしくお願いします。生意気なこと書いています。

 

続きを読む ≫

やってみるから始めてみる


22歳になりました。

誕生日は日曜日なのにまさかの授業がありました。

出席2回分という有り難いプレゼントを貰ったぜ。


それはそうと1年間で変わったことと言えば、
前髪を上手く切れるようになったことかな。
ギザギザとかパッツンとかではなく上手い具合に。



そして今年もやりました。
 

続きを読む ≫

はるうらら


サンドイッチとピクニック。


春の陽気は気分を盛り上げますね。

ロードバイクで風を切って走る瞬間がたまりません。


桂川のほとりでレジャーシートを敷いて
昨晩時間をかけて作ったお弁当を広げて
ピクニックをしてきました。

我ながらサンドイッチうまーー。自信作のナポリタンも上出来。


そんな1日も良いもんだ。




--------

1泊2日の旅記事はここで終わりと言うことで。



出会いもあり別れもあり。たくさんの思い出を新たな土地で作ることができました。

本当はもっともっと濃厚な時間が流れていて、でも書くと長くなるので断念します。
 
今は旅行での出来事を両親に話したくてたまりません。


GWのリフレッシュ完了。


命の恩人じゅんさんとは宇野駅近くのコンビニでまたもや出会いました。

「何でいるの?」て言われた。何もないけどね。

続きを読む ≫

悲劇は喜劇.5


時間を気にしながら作品を鑑賞するのは何とも居心地が悪い。

もう夜には変わりない。暗くても大丈夫。
なんて帰りのことを一切考えないようにすると作品に集中できました。

閉館も近かったので人もちらほら。

現代アートの世界にどっぷり浸かることができました。

何でこれが評価されるんだろう?て思ったりもしてさ。
図々しくも作品のことについてあれこれ質問しました。

うーん、結局のところ、作品の捉え方って人それぞれなんですね。奥が深すぎた。


--------

美術館を後にすると案の定、真っ暗すぎて心が折れました。

灯りが1つもなく宿に着くのは困難だと悟りました。

道に迷ったらシャレにならんなぁーーて。予想以上に焦っていました。

何かあった時のために携帯はあまり使いたくなかったですが、
足下すら見えない状態で歩くのは怖すぎると思い、
懐中電灯のアプリをダウンロードし坂道をとにかく走り続けました。

ただ行きの疲労で足が思うように動かず。靴底が擦り切れるように走った。

呼吸が乱れ早歩きをしていると目の前に人影が……。
最後の力を振り絞って「すみません」と声を掛けてみると反応してくれた。
正直に「怖いので途中まで一緒に行ってもらえません?」とお願いすると
「自転車あるんでそこまで行きます?」て言ってくれました。

その時、彼を命の恩人だと思いました。26歳のじゅんさん。

話をしていくうちに関東の某美大卒と知り、会話が弾みました。
さらに男女別ではあるけれど同じドミトリーでした。
駐輪場に着きましたが、自転車を押して宿までお供していただきました。

本当にありがとうございます。


行き帰りの身体と精神の疲れにより着いたと同時にベッドに倒れ込みました。

ただ夜はまだまだ長かった。

続きを読む ≫

悲劇は喜劇.4


この日の予定は、ベネッセアートミュージアムに行くことでした。

天気があまり良くなかったため、17時過ぎには空が薄暗かった。

宿から徒歩50分。
バスを勧められたけど若いし行けるんちゃう?て意地を張ってみた。
この選択肢が良かったか悪かったかは言うまでもない。

途中までは走っていましたが、アップダウンがキツくなりウォーキングに切り替え。

地図を頼りに目的地に進んではいるものの建物がなくなり急に不安になりました。
さらに小雨で表記された字が滲んで読めない。帰れんくなったら嫌だなと思い…。

ただ辿り着くまでは元来た道を引き返さないと強がったりも。

何度か迫る運命の分かれ道。どっちに行ったら良いんだ?悩んで悩んだ挙句こっち!て。

人の気配も外灯の光もない中、彷徨うって怖かった。遭難だけは避けるべく徹した。

すると前から車が来たので頑張って手を振り、どうにか気づいてもらいました。助かった。
銭湯あがりのスッピンとタイツに体操着ズボンと上の服に変な違和感があったからか、
未成年だと思われ、事情を説明したらベネッセアートミュージアムまで連れてってもらいました。

格好よくヒッチハイクなんて言っちゃっています。
いやいや、車に乗せていただき、本当に助かりました。何度も頭を下げお礼を言い。


閉館の1時間前(20時)までに入らなければならないので間に合って良かったです。

悲劇は喜劇.3


やっとの想いで直島に辿り着いたのは16時を回っていました。


すぐに泊まる宿にチェックインをし、
ドミトリー仲間に挨拶をし台湾の女の子と直島銭湯へ。

夜になると混むって教えてもらって。

まさに入浴できるアート作品でした。
湯船に浸かってぼんやり浴槽を見ていると底に敷き詰められたタイルをなでなでと。
レトロな商品ラベルや昭和ポルノ映画のポスターなどの切り抜きコラージュがあり。

photo.jpg

男性風呂からの話し声も含めて作品と一体しているのが感じられました。

お風呂上がりのコーヒー牛乳はとても美味しかったです。

悲劇は喜劇.2


布団に入って数分後には夢の中と自慢できる私でも旅行前は中々寝付けません。

そんなこともあって京都から宇野まで向かう道中は首を前後に動かし爆睡でした。

乗り換え4つ。鈍行。約4時間。学割を使用して3440円。時間は節約できないけどお得でしょ。


宇野(直島行きの港がある駅)まで無事に辿り着きましたが、忘れ物発覚。

駅から見える薬局でコンタクトの洗浄液を購入後、港まで傘をささず全力疾走。

切符を買い、雨と汗で濡れた髪を拭きながら10分前に迫ったフェリーに乗る。

雨が弱まったことを確認し屋上で写真を撮って出港前の時間を有意義に過ごす。

屋内に戻って椅子に座り一息つくと聞こえてきた会話に耳を疑いました。
「あと1時間ぐらいで着くから寝ていよう」て。
・・・ん?
20分じゃないの?

そうなんです。直島行きではなく高松行きに乗ってしまいました。勢いって怖いわ。

焦っても仕方ないので私も寝ました。新しい場所を知る、てポジティブな気持ちで。


フェリーは予定通り13時05分に高松港に到着しました。

悲劇は喜劇.1


一人旅 = 傷心旅行 ではないぞ!

気の赴くままに旅をしたくなる。
そこで出会って話して友達になって。
そんな一期一会が好きだから旅に出るんだ。


1泊2日のアートな旅、直島。

たくさん失敗して、でも笑い話になって。
作品以上に濃い時間を過ごしました。
全ては多くの人の出会いがキッカケです。本当にありがとうございました。


少しずつ綴っていきます。気長に待っていてください。

ころころバイト


トーキョーからキョートの鈍行旅。

電車に揺られ本を開いたまま寝ていました。

数回の乗り換えを経て
下宿に辿り着く予定でしたが、
力尽きた……。

中間の静岡で一泊し、先ほどキョートに戻ってきました。


二夜連続で飲み、トーキョーを発つ朝にごはん代わりにお酒を飲んだので
見事なまでに某美術館でぶっ倒れる寸前で助けてもらいました。ふらふら。

そんなこんなで元気です。



さ、アルバイトのことでも書きますか。

▽1回生の時
大学に慣れたらバイトを始めようと思っていましたが、多忙すぎて出来なかった。
京造の1回生は夏にねぶたの制作が入るので夏にガッツリ入ろうと思っていると
なかなか上手いようには行かない思います。
朝から夜までの制作で帰ったら玄関で寝てしまうぐらい疲れがたまるので厳しいかな。
そのため、やろうと思っている人はねぶたが終わってからが良いと思います^^

私自身、学内のバイトをやっていました。
春秋座と呼ばれる劇場が大学内にあるのでフロントスタッフをやっていました。
また舞台で使用するセットの搬入搬出などにも何度か携わったりしていました。


▽2回生の時
祇園の旅館で仲居。


▽3回生の時
観光地近くカフェ。


ころころ、アルバイトを変えています。
本当はずっと続けていたい気持ち山々ですが、
撮影の見通しが付かないので
春などの制作に支障がきかない時期にガッツリ働くようにしています。


周りの友人は、
居酒屋やコンビニから
漫画家のアシスタント、テレビ局のAD、壁画の制作など
いろんなアルバイトをしています。

それなりの仕事があるキャバの日給は高いね。
羨ましいと思ったけど内容聞いたら引いたわ。


今のシーズンはお花見で観光地でのアルバイトを募集しているチラシをよく見かけます。

気まま旅.5


【美大日記オフ会】

今宵も新宿駅でうろちょろ。でも完璧だよ。地図を暗記したんだもん。

自信満々で靖国通りまで来たのは良いけど手羽一郎てどこやねん!

行ったり来たりして時計見つつ分からないから薬屋さんに聞いたら同じ建物内にありました。

着くとすでにogawaiさん、Tの人。さん、生物部さんがいました。

遅刻じゃなくて良かった…と思いました。
本当なら1時間前に妹宅を出て新宿まで1本で来ようとしていましたが、
テレビに夢中になりました。そしていつの間にか集合時間45分前。
さすがに慌てて( ̄□ ̄;)池袋で乗り換えたほうが早いと教えてもらい行き方を変更しました。
丸の内線から山手線の改札はすぐだからと言われていましたが、分からない。
新宿に辿り着く前に池袋で迷いました。


そしてどうにか新宿駅、オフ会の会場に到着。ホッと一安心でした。

恒例のみんなの印象に行きましょうか。私の表現、稚拙だから期待しないでください。


東京芸大のzoominさん

スタイル良くてカッコいい女の子でした。
ビールが似合う。
話題をどんどん提供してくれました。


東京工芸のプラさん

自己紹介で理系オーラが出ていました。
見た目ほんわか。癒しキャラに見えた。


ムサビのogawaiさん
色気のあるお姉さんでした。
姉御肌かな。相談に乗ってくれそう。


首都大学東京の文鎮さん
妹に優しいお兄ちゃんみたいな感じでした。
何でも買ってくれそう。


東北芸工のTの人。さん
女子会にいても違和感がないって本当だ。
料理を入れてくれたり空いたお皿を片付けてくれたり。
気配りNo.1のお兄さんでした。


日芸のぴち子さん
見た目カワイイです。おめめパッチリです。
ノリの良さは一番です。
しもワールドに突入したら話が止まらない。
タバコを吸うギャップがまた良いね。


日芸のにゃんちゅうさん
前に会ったときと何一つ変わっていませんでした。
顔がにゃんちゅうそのものです。
笑ったときは特に。たぶん彼は変態だと思います。


女子美の生物部さん
おしとやかな女の子。
でも高校時代の部活(生物部)から想像したらやんちゃっぽい。
いやイメージ。
次は絶対にお話したい。


ムサビOGのlilacさん
話し出したら止まらない。
悪いことをしたらその場で注意をしてくれそう。
年下の扱いになれてそうでした。


東京造形の高橋さん
いけめん。それにつきる。
帽子似合います!!!


タマビの米山さん
酔っぱらった勢いで誰にでもお年玉をあげそうなおじちゃん。
そんなふうに思いました。話しやすいです。
やはりサバンナ高橋に似ています。はい^^


ムサビの手羽さん
緊張しているオーラが出ていましたよ。くねくねと。
米山さんが来て安堵していたように感じました。


京都造形の吉田さん
まさか東京でお会いするとは。
いつもより爽やかに登場して爽やかに帰って行きました。


美大日記もしくはtwitter上でしかお話したことがなかったので
多くの人と直接お会いできてとても嬉しかったです。

二次会に参加できなかったのが残念。大荒れだったみたいで。気になるから誰か書いて。

突然のお願いに対応良くセッティングをしてくれた手羽さん。
参加してくれた美大日記のメンバーたち。
この場を借りてありがとうございます。むちゃくちゃ楽しかったです。


最後に。lilacさんから写真を頂いたので載せておきます。
9_large.jpg

 

気まま旅.4


【100旅新年会 in 関東】

トラウマ新宿駅。2年ぶりに足を運びました。

さすが高層ビルが建ち並ぶ東京。夜なのに人の数は昼間と変わらないじゃん。

100旅の新年会(準備)が始まる30分前には新宿駅に着いたのに迷子さん。
地図アプリで目的地を調べるものの西口なの?詳細には東口てあったのに。
と思い、地図に従いうろちょろしながら西口に向かう。着いて確認。
えぇーーー!なんでや?東口に変わってるし。携帯に八つ当たりしながらも元来た道へ。
行ったり来たりして人に聞こうと試みたが、優しそうな人がいず、取り合えず歩く。
頭の中を整理し、アルタのほうまで行ってみると看板見っけた。助かったと安堵^^

中に入るとすでに多くの人が新年会の準備をしていました。私もお手伝いしながら談笑。

そして続々と人が集まり新年会がスタート。

DSC_0607.JPG


30人ぐらいは居たかな。
関西のほうでお話したことがある人もいましたが、ほとんどがはじめまして状態。
しかしながら臆せず話しかけてみると勢いで仲良くなれちゃうものですね(^ε^)

もっとみなさんと親しくなれるために多くの企画が用意されていました。


例えば、

25マスの何もない白のビンゴカードにお互いの名前をマスに書き込み、準備完了。

ビンゴゲームの始まりはじまり。主催者が紙を引き、その名前のマスを開けて行く。
そしてリーチになった人は前に出る。上位5名までは景品付き。みんな必死でした。
またビンゴをサポートした(名前が出た)人にも面白いプレゼントがありました。

名前が出て、その人が立ち上がる。
多すぎて全員を覚えることができるかな?と不安でしたが、大体は把握できました。


私はビンゴになったもののじゃんけんで負けて残念賞でゴムボールをもらいました。
お菓子とボールのどちらかでしたが、同じく上がった人が私よりも年上だったので
ここでお菓子を取るとまずいかなと思ってボールを選びました。毎日遊べるね(*´?`*)
そしたら「ボールにみんなのメッセージを書いてもらったら」と言われまして

DSC_0707.JPG


書いてもらいました。ボールを話す手段としたらさらに多くの人とお話ができました。
これでサッカーもドッジボールもしません。大切に保管しておきます。たぶん。

関東の飲み会では京都から来たと言えばちやほやされます。
関西の飲み会では学生(美大)と言えばちやほやされます。
今だけの特権ですね。もっともっと使わせていただきます。

今回の新年会では同学年の方と初めて会うことができ、とても嬉しかったです。
やっとタメ語で話すお友達ができた。波長も合うし話も尽きないし、やったね。

また大学まで京都に住んでて今は東京の大学院に通ってる人との話も魅力的でした。
絵画や建築に関心があってヨーロッパに1人旅したんだって。
内心、良いな良いなてずっと思っていました。私も建築に興味ある。絵画も好き。
って言葉に出して言ったら進展があったけどホントかな?うん、いつかは行く!

旅好きの飲み会。話していて楽しかったです。時間が過ぎるのも早いですね。

最後に記念撮影。

DSC_0715.JPG


お酒も料理も美味しかったです。このためだけのお酒は飲みやすかったです。


さ、〆切近くの原稿のペン入れでもしましょうか。そしたら送って終わります。

 

続きを読む ≫

気まま旅.3


【東京のち京都 途中下車もアリよね】

旅にはトラブルが付きものだ。そう言われたのを思い出しました。

京都から東京へ向かったのは12日夕方。
用事を終え下宿に戻りスーツを脱ぎ捨てリュック1つを背負い電車に乗り込み。
夜行バスにしようかと思いましたが朝って寒いんだよね。だから青春18切符で。

用意周到の私ですが、この日は乗り換えの電車も時間も調べておらず流れで…。
そのため車内アナウンスを聞いて動き出す。椅子取りゲームみたいにがんばる。
階段とか1段飛ばしですよ。長時間の移動だし座りたいですよね、やはり^^

しかしながら初めの乗り換えで失敗し全てが崩れました。寒いホームで待つなんて。

そんなことがあり、東京に辿り着くのは厳しいことを知りました。寝台電車なら…。

あぁーー、どうしよう、なんて思わず、良いこと思いついちゃった!とニヤリ。
「途中下車しよう」てね。電車の中で眠るぐらいなら温かい家族のもとに帰ろうて。

突然のことで両親に一切の連絡もせず驚かせるのが面白いなと思ったりもしましたが、
時間も遅く起きていないと家に入ることができないので残り僅かな携帯でメールを。
でもやっぱ驚かせたくて、
私「あと1時間後にどうしても電話がしたいから起きててほしい」
母「もう寝るんだけど」
私「すっごく嬉しいことだから」
母「今じゃダメなの」
これは寝る可能性が高いな。そして私の携帯の命も無くなりそうなので仕方なくメールで。
私「あと30分したら静岡着く」
母「えっ!?」
私「急だし駅からは歩いて帰るよ」
母「遅いし迎えに行くよ。」
私「良いの?」
母「良いよ。いつものところで」
私の意外な行動。母の気前良いメール。静岡に着くのが楽しくなりました。

行き当たりばったりで両親も私自身もビックリでした。まさか実家に行くとはね。

温かいお風呂も湯たんぽでポカポカになった布団も家族の笑顔も。
私の元気の源です。

翌日に東京に向かう予定でしたが、
まだ居てほしそうな雰囲気を醸し出されたので14日のお昼過ぎに静岡を出ました。

静岡では母と水泳しに行ったりマンガ読んだりしました。至って普通なこと。


旅はまだまだ続きます。オフ会のことはもうしばらく待ってください。いつ終わるのか。

続きを読む ≫

気まま旅.2


【手羽さんに送ったDMで企画された美大日記オフ会】

どうも、どーも、オフ会の首謀者こと、マイクです。

言うだけ言って手羽さんがセッティングしてくれたことに感謝しています。


遡ること1ヶ月前。結構前から始まってた。
1月14日に東京で100旅の新年会があると知り、関東の人とも交流したいなと思い参加表明。
しかしながら1日だけ東京に行くのもモッタイナイな。

っで、ダメもとで手羽さんに
「1月15日に美大日記のオフ会しませんか?」て送ったら
意外にも反応が良くて内心とても嬉しかったですヽ(´▽`)/

そこから何回かメールのやり取りがあり、いつの間にか多くの人が集まりました。

メールもらった時、嬉しすぎてジャンプしちゃいました。
そのくらい会いたかったんです。直接お会いしたくてね。


あ、もう寝る時間だ。また明日更新します。温かいお風呂に入って布団で寝れるよ、やっと。

 

続きを読む ≫

気まま旅.1


温かいお風呂に入って、そのまま眠りにつきたい。そんな気持ち。


夜行バスは慣れないものです。全然寝れなかった。

しかしながら京都の寒さは偉大なものですね。
眠い目をこすりながらバスを降り立った時の寒さと言ったら。SAMUI。

一瞬で目が覚めました。京都タワーもまだ眠っていました。



手羽さんTの人。さん、他ぞくぞくとオフ会の記事をアップしていくと思うので
私は自由気ままに書いていきたいと思います。結構、長くなると思います(^^)

では、また夜にでも。

 

続きを読む ≫

案内しよっか?


その一言で今日が楽しくなった。

修行から帰ってきて3時間後に私はまたお寺の最寄り駅にいた。

そう、待ち合わせをしていたから。


同じ日に入山して明日帰る男3人組と仲良くなり京都を案内してあげることになったのだ。

昼食から夕食の自由時間にかけて嵐山に行くと言っていたので道案内をしてあげました^^

3人とも年齢も出身もバラバラで、でも意気投合したみたいでいつも一緒にいます。
そして私も何故だか話が合って修行の合間によく話をしていました。くだらないことばかり。

東京から来た16歳の子は制裁のために来たみたい。だから始終、文句言っていましたね。
「若っ」て思いましたが、妹と同い年だ!と思うと親近感が湧きました。
私も考えてること同じだわと心では思っていました。口に出すと幼稚だと思われそうで。

他の2人は兵庫と大阪でした。ハタチの学生と26歳の数学教師。
教師言うても見た目が若くて全然そんなふうには感じられませんでした。
同じ学科の男子よりも若く見える。ずっと言っていました。
高校生を教えているとのことだったのでちょうど男の子の年代ですね。
それなのにたまにタメ語で話しているところが妙に不思議でした^^


最寄り駅から電車を乗って嵯峨嵐山駅で降りて賑わっている(お土産)通りでぷらぷら。

女性って食べ歩きが好きだけど男性も好きなんですね。
と言うよりお寺での食事では満足できないから少しでもお腹をもたせようとしてるだけかも。
「自由時間」を「唯一の脱出」と呼んでいますもん…。目がギラギラ輝いていました。
他にも渡月橋を見たり天龍寺に連れてってあげたり。ガイドさんて言われました。(笑)

時間を気にしていなくて大丈夫か?と少し不安になりました。
そのため、降りた時に電車の時間を調べといて良かったです。
無事目安としていた時間に見送ることもできたし(彼ら帰るの嫌がってた…)
さよならもしたし。


て、

続きを読む ≫

大人の階段の〜ぼる〜♪


こんにちは。マイクです。

 

早いものでもう7月ですね。

 

京都は中々の暑さです。

あまり外出したくない気分にさせられます。

引きこもり生活かな。

 

 

私事で変わったことは、誕生日を迎え、21歳になりました。

 

また、20歳の間に一人で海外に行く!

と言う口先だけの目標ではあったものの実際に行ってきちゃいました(^^)

 

現地の言葉をあまり学んでいなかったけど乗りきれた。楽しかったぁ。

 

 

21歳になって変わったことと言うより、
20歳の間に味わえない経験をたくさん出来たことは
今後につながるだろうなと思います。

 

踏み出した一歩が人との出会いにつながり、
学生だけでなく多くの社会人と話す機会もあったり。
感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

21歳で初めて経験するのは合コンですね。
相手は社会人。友人たちのテンション高すぎ。

どんな経緯で合コンをセッティングすることになったかは伏せておきますね。
また、噂が広がるから。(笑) そう、訳ありで幹事という…。

 

 

今年はどんな色に染めて行こうかな。

続きを読む ≫

ローカル話に花ひらく


楽しみにしていた、飲み会。


静岡出身、京都在住の学生との飲み会。

みんな、京都学生祭典をやっていた人。

そこで仲良くなった友人に飲み会に誘ってもらいました。
数ヶ月しか所属していなかったのにありがとうの気持ち。

待ち合わせの場所に着くまでドキドキでした。

去年、祭典の忙しい準備期間にゼミの撮影とバッティングして
みんなに「辞める」と言えずに引き下がったことに後悔してて。
迷惑かけてしまったことが申し訳なくて。
なのに飲み会に行っても良いのかな、と。

でも、「久しぶり」と声をかけてもらって心がホッとしました。


ちょっと早めに着いた^^
幹事と友人がいて、二人とも同回生で静岡市内出身という奇跡。
中高の同級生の名前を上げれば、つながることができる◎
「あぁー、◯◯ちゃん知ってる」みたいな。


4回生の先輩と2回生の子も来て乾杯。今日は、女子会だぁ〜

みな、祭典のOGであり、祭典話をしたり、静岡の話で盛り上がったり。

内定が決まった先輩からは就活の話をたくさん聞くことができました。
静岡限定のサイトがあるんだってね。良いこと教えてもらっちゃった。

どこどこの企業はほにゃららだよ、みたいな話まで聞きました。(笑)


今回は、少人数での飲み会でしたが、とても楽しかったです。

あー、静岡に帰りたい。




 

続きを読む ≫

お姉さん


ルンルーン

今日はたくさん良いことあった。

二回に分けて書いて行きます。


まずは、みんすたーさんとご対面。

1回の時から美大日記は読んでいたのでブログ上ではみんすたーさんを知っていました。
しかし、勝手に親近感を覚えたのは偶然にもねぶたの先生(Wah)が2人を繋げていたこと。
コメントをいただき、つながってるーと一人で盛り上がっちゃいました。(笑)

今回、みんすたーさんが大阪に上陸することを知ったのは、mixiです。
ちゃっかりマイミクになってもらった^^ハイジさん経由で。
「お会いしたいな」と思ってスケジュール見たら空いてるじゃん!行ってこよーと。
フットワークは意外に軽いんです。
頭であれこれ思うと不安ばっかになってしまうのでその前に動くようにしています。

そう考えると周りの人たちに恵まれているなと思います。自分、受け身なので。有り難いです。


そんなわけで昨日に引き続き、大阪に。
人の多さに驚きながらも京都と同じくらい好きな街になっています。

とあるお店に行くとお二人の女性の方が。
話しかけやすい方に「◯◯さんいますか?」と。
さすがに初対面の人にみんすたーさんと言うのは失礼かなと思い。
すると「マイクさんですか」と言われました。
そう、みんすたーさんだったんです(^^)
緊張しすぎて上手くコミュニケーションができなかった点もあったけどお話できて良かったです。
オーラや話し方がお姉さんやった!そして笑顔がステキやった。
語尾に「けん」をつけていたので方言かな?と思っていました。
いろいろとお話きけて良かったです。深くどんな内容だったとは書きませんが。

やっぱ、初対面の人と1対1は緊張しますね~
始終、笑顔で突き通したけど強ばってたかも。

オフ会があったら参加したいと言ってはりました。Tの人。さんも京都来るらしいし。笑

ハイジさんを仲介としてまた夏にでもお会いしたいですね。
と勝手にハイジさんも参加みたいな話をしてしまいました。
もし集まるなら中間地点の岡山になるらしい。そんな話もし、ワクワクしました。

人と話すのはどっちかと言えば、好きやな~と思いました。緊張するけど。きょどる。


帰り際にみんすたーさんが働いている会社のタオルをいただきました。ありがとうございます!
出産祝いの品を数多く揃えてあると言うお店。
手羽さんに三人目の子ができた話、(これ、冗談ですよ!)出産と掛けたんですが、
思いの外、みんすたーさんの反応が良かったです。声を大にして三人目は冗談です。
話の流れが気になるところですが、カットさせていただきます。話のネタに使ってすみません。

話を戻しますが、商品の生地があかちゃんの肌に良いんだって。
天王寺のあべのand(アンド)3F12]にて販売している他、東京にも出店しているとのこと。

あかちゃんだけじゃなく、敏感肌にはオススメだね。夏を乗り切ろう、なーんちゃって。


あっという間に時間だけが過ぎて行きました。みんすたーさんに会いに行って良かったです。

 

 

続きを読む ≫

好きです....


タイトルを見てクリックしたらバトンだったーてこと、よくありませんか?

バトンでも告白でもないですよ!(笑)


実は昨日、バイト先でお料理を食べに来てくださった方から展覧会のDMをいただました。

受付をやっているそうでお話を聞いていると何だかおもろいなと思って行ってきました^^

『好きです・・・』をテーマにする「好きです....〜それぞれの夢風景〜」という9人展。

大学名を言わないで話をしているとおばちゃんが「この子、造形の子でね」といらん事を言い、
話しづらい状況でした。でも精華の4回生の人もこの作品展に出展している情報を得ました。
染織を用いた平面の作品?どういうこと?取り合えず、バイト後に行ってきました。

場所は、法然院というお寺の中にある講堂で行われています。

P1020110.JPG

ほお。何だか物珍しい。
お寺目的で来ていた観光客の方々も足を踏み入れていました。

P1020113.JPG

中は普通の部屋でした。お寺を感じさせないほど。
壁には写真やイラストが飾っており机には縮緬細工がありました。
写真を見ているとお上品なおばさまに声を掛けられ、作品の説明をしてもらいました。
おばさま、素敵!偶然にシャッターを切ったら鳥たちの並ぶ姿が映ったんですよ^^
とニコニコ話される姿も素敵でした。写真って楽しいですよねと話が盛り上がりました。

他の作品を見ていると先ほどお店に来た方と目が合い、どうしようどうしようと思っていると
「来てくれたのーありがとう」と話してくださり、良かったです。自分、フレンドリーすぎや。
お店で出会わなかったら作品にも出会えなかったので一期一会ってステキやなと思いました。

気になっていた精華の方の作品も

P1020112.JPG

見ることができました。直接、作品の手法を聞けなかったのが残念。日曜日に行けばおられるそう。
おばさまの話によると、
全身白いタイツを着てポーズを取って撮影、転写して上から染め物をされたそう。
正直、笑顔で納得するようにしていましたが、頭の中はちんぷんかんぷんでした。
日曜日にもう一度、行ってこようかなー?ただいま、迷い中。

作品展を行っていた内装を見てここで上映会できないかな?と違う事を考えていました。
ま、音漏れあって厳しいけどやったらおもろいんじゃないかな^^なんて思いました。


もっともっとアンテナを張って情報を取り入れていきたいと思います。
出会いもあることだし。何だかほんわかする昨日でした。良い事あったし。

最後までお騒がせ、ゴメソ。


黒髪、ショートにすると高校生に間違われる確率が上がるのは何故でしょう。

バイト先で浜松から来られた婦人会のみなさんに孫みたいと言われました。

これでも今年から3回生なのに…。茶髪のほうが良かったかな?と後悔です。


今日も哲学の道は桜で満開です。

お店の2階席、最高の眺め◎

でも毎日のように見ているので感動が薄れてきてしまった。笑


そんな今日は久しぶりに母からメールが来ました。
「◯◯が壊れ始めてる」との内容。◯◯=私の母校

高校に隣接する野球場拡大のため、県が高校に移転を要請して今回の解体が行われています。
卒業生の私たちからしたら涙が出るほど悲しすぎる件。
もともとは夏以降の解体でしたが、暑くなると近隣住宅が窓を開け、解体作業の埃が舞い込むだろう、苦情が来るだろうと考えた作業側は急遽、高校に作業を早めに行うことを伝えたそうです。

高校が無くなる前に友人たちを集めてもう1回、母校で思い出を作ろうと企んでいた私にとっては
ショックです。夏にやる予定で副校長にお願いしていたけどさすがに工事には逆らえないですね。

ここはキッパリ諦めて最後の母校を見届けたいです。
とは言え、なかなか地元には帰れないので帰った時には跡形もなかったことが起こりそうで…。


高校時代の友との出会いで今があると言っても過言じゃないのでやっぱ寂しいですわ。
思い出までもが壊されちゃう勢いですよ。
でも「過去を捨ててから前に進みなさい」と言うように前を見るようにします。何か違うか?!!
今、観ている『フォレスト・ガンプ/一期一会』にたまたま出てきた。


移転したら制服も高校の方針も変わっちゃうんだよな。
私たちやもっともっと前の先輩たちが積み上げてきた歴史は語り継がれて行くのかな?
不安要素ばかりだけどくよくよしていられないのでそろそろ考えるのはやめておこう。


『フォレスト・ガンプ/一期一会』のように人生において何が起こるか分からないけど
偶然の出会いや必然の出会いって大切だなと思います。


だからこそ、さよならなんて言わず、母校に「ありがとう」て言いたいですね。
 

続きを読む ≫

ガッツポーズ


おめでとうございます!!


昨日はTOHOシネマズ二条で行われたTOHOシネマズ学生映画祭に行ってきました。

ショートフィルム部門で先輩の作品が上映されることを知って。
合評のとき先生方の評価が良かったらしく。風邪で行けなかったので。


TOHOでたぶん一番大きい劇場での上映ってすごいな〜。

人もいっぱいいたし、自分の作品を観ていただくって良いですね。


ゲストで来ていた大友啓史さんもおっしゃっていましたが、
アニメーション部門の作品がプロ並みの映像ばかりでした。
あー、続きが気になる!という作品ばかりだった(^^)◎



今回、西日本で上映された作品の中で選出された作品は決勝進出というかたちで
3月13日に行われる本選で上映されるそうです。最大級のお台場シネマメディアージュ


先輩のばらさんの作品も東京に進みます。

やったー!と思いました。おめでとうございます。
 

わくわく旅 静岡文化芸術大学


今日の鈍行は空いていたぞ!

スムーズに乗り換えでき、京都に着きました。


8日の夜〜今朝まで静岡に帰省してたんです。


今回の目的はまあいろいろと…笑
恥ずかしいので口外できませんが。



そして、帰りに浜松を通るので静岡文化芸術大学の卒業展・修了展に行ってきました。

地元にある芸大やし興味大アリ◎

文芸は京都で言う精華みたいな感じでデザイン系と一般系の学部があるんです。
私の中高の友人も何人か行ったけどさすがに今日は会えへんかったな。(*´?`*)


実は、今回が初訪問だったのでパンフレットとHPは何度も見ていた
入った瞬間、思っていた以上にキャンパスが広かったので驚きました。

トイレの電気が自動だったよ。便座温かかったよ。



卒展は作品が10カ所の教室に散りばめられ展示されてありました。
教室の特徴を生かして展示されており、てか、構造が良いと思った。

映像作品に目が行ってしまいますが、許してください!

▽インスタレーションなどの大掛かりな作品は1人で1部屋だったり、
P1010904.JPG

▽撮影スタジオでの上映(これも1部屋)

P1010905.JPG


暗すぎてあまり分からないですね。しょぼーん。

映像作品は一人で部屋を貸し切って上映しているのがとても印象的でした。
試写する施設で順番に見せるんじゃなくて自分だけの空間で上映する。良いですね。
(講堂で上映されている作品もありましたよ)

あとは建築系も楽しめました。
正式名称は空間造形学科です。

地元に密着した建築物のブランディングが多かったです。
実際に見たことあるぞ!てものもあって親近感が湧きました。笑

設計されたものを見てるだけで楽しめたし、
分かりやすく表示されていたので良かった。

建築って何か難しいんですけどね。


ほんとはもっとゆっくりまわりたかったけど帰りの電車の時間もあり、端折ったのが残念です。


ただキャンパスは今度、友人(はいぶりっじさん。)が案内してくれるので楽しみだい。わくわく。
 

 

続きを読む ≫

わくわく旅 石川・富山・新潟


ご無沙汰しています。

一週間ぶりです。

前髪ぱっつんマイク。笑


先ほど京都に着き、やっぱ住み慣れた第二の故郷スキやなと思いました。



ここ最近のあれこれ

▽2月2日
ホンマタカシ写真展」in 金沢21世紀美術館

▽2月5日
長岡造形大学卒業・修了研究展


感想は、(箇条書き)
ブランディングが多い印象。こちら方面、興味があるから見ていて楽しかった。
とくに視覚デザイン学科の「2828(にやにや)」て作品が私の中では好きだな。

P1010878.JPG

P1010881.jpg

↑この作品どうやって作られたんやろ?

良い作品、気になる作品ほど見せ方が良かったです。
ただ制作した人が側にいなかったから質問もできず。
作品とのコミュニケーションはあっても制作者とのコミュニケーションもあったら良いのにな。

映像系は周りの音をシャットアウトすればさらに集中できるのではと思いました。
映像を観せるだけでなく、途中の制作過程もあったりと見ていて楽しめました。

P1010872.JPG

画コンテの枚数、すごかった。アニメーションに関しても驚きましたね。

校舎の構造が特徴的でずっとグルグルしていました。笑



ちなみに初対面のはるくまさんオレンジさんの印象は、

続きを読む ≫

引きこもり生活に幕を閉じる


この頃、WEB上での出会いが多いです。


少し前にtwitterで文芸の子と話が盛り上がりすぎて
今度会いましょうて約束しちゃった。出会い系ちゃうがな。 

その子とは出身も学年も同じでした。
話していくうちに私のいとことその子が友達だったり、
私自身、幼稚園の友人がその子と高校同じだったりと…
いろんなところでつながりがあって嬉しかったです!!


文芸(静岡文化芸術大学)には高校生のときから関心があったので
直接、その文芸生から話が聞ける機会ができて楽しみです(^^)


卒展にもお邪魔しようと考え中。



今年はWEBだけのつながりではなく、いろんな人と会う年にしたいですね。

3月が楽しみだい!
 

続きを読む ≫

18・19 レポート


明日のこの時間は京都にはいないんだな〜
と、思いながら荷物をつめています(´`;;)

帰省するときとは違うため、服1着だけでは済まないです
いつもは妹の服を勝手に着てる(笑)そして怒られ、喧嘩に…

いつ、どこで、誰と、何するねん?
今は書けへんけど後日、書きます!
いやー、緊張してどうなるんやろか?取り合えず、違う土地で頑張ってきます


帰ってきたら即、大阪行って次の日、授業のため、
今日を逃すと来週までパソコンに向けないので18・19日のレポート書きます



9月18日
PM6時 美大日記オフ会 in 百万遍のおむら屋
下宿からチャリ5分やったのに少し遅れた…

オフ会のメンバーは手羽さんのとこにあるので抜粋しますが、
ハイジさんハサミさん以外、誰一人として知らなかったので
もうどうしようかと思った
精華の職員さん方を普通に学生だと勘違いしてた(°ワ°♪)

私が行ったときは手羽さんと東京造形の高橋さんタマビの米山さん
精華の職員さん方とにゃんちゅうくんしかいなくて大人たちが話すのを
とにかく聞きました やっぱ、その大学の大人情報が気になった!

表に出せへん話もその場のノリでポロリと出てしまい、良いこと聞けたと思った


でも、東京の人たちから京都造形のことをあれこれ言われて凹みました
もちろん、学生だとは言え、受け止めなければならないこともあるし、
スルーしても良いとこもあるとは思ったけど少しでも自分らで変えていかないといけないと思った


京都造形が精華に勝てるとこはどこ?と聞かれた時、答えられんかった
自分たちの大学をそこまで分かっていない上に隣の精華のことも正直、全然知らなかった
美大日記のオフ会、まあ他大学との交流でしたが、もっと周りの大学を知っておくべきだと思った
もう反省、反省でした 次までにはもっとたくさん話せたらなと思う!自分の活動も含め^^


2次会で精華のMさんがとても私に気を遣ってくださり、この場を借りてお礼申し上げます
本当にありがとうございました
私が職員さん方にビールを注がなきゃならないのに逆にウーロン茶を持ってきていただき、
ありがとうございました とても楽しい場でした 地元ネタで米山さんと盛り上がった笑



9月19日
AM10時30分 大学前でにゃんちゅうくんと待ち合わせ

美大ブログサミットまで少々時間があったため、にゃんちゅうくんに大学を案内しました
階段の多さと屋上からの景色に驚いていた 
気になってた日藝の話が聞けてよかった◎
学祭中だったのでにゃんちゅうくんの目がキラキラしてた 汗もキラキラしてた(笑)

AM11時 美大ブログサミット開始
にゃんちゅうくんと一番前の席に座ってしまった 変な緊張感やったね……
高校生がどのくらい来ていたのかは分からないけど学生の数が少なすぎて驚いた
声かけただけじゃダメだったかな?!!=3

ブログサミットは事前に送られてきた質問事項を手羽さん、なかのひとさん、吉田さんが
各々の意見を述べていく感じで進んで行きました
美大のこと、ブログのこと、他諸々の質問がありました
もうすぐ潰れそうな美大はどこですか?の質問には即答で「これはスルーね」と
受験生は気になるとこやけどこんなことほんまに質問するんやなと思った

途中、机にあったお花や電報の話になり、来てなかった大学の悪口を手羽さんが言うノリに
なったけどそれはなかったです はるくまさん、心配してたけど大丈夫だよ!


あっ、そうや!質問の内容が分からないですが、努力の話がありました
アーティストの話やっけかな?
毎日、数分でも努力してそれを積み重ねれば結果はついてくるという話
受験の時から何度も聞いていることでもあるし、今更どうこうと思っていましたが、
自分の生活を見直して今、努力していることは?それを継続しているかを考えた時、
正直、ないなーと思いました やる気のアリなしが激しく続かないw(° 0° w)
アーティストが天才か凡人か考える前に自分の生活態度を見直さねばと思いました

途中、意識が朦朧としてしまった 隣のにゃんちゅうくんも完全にコックリしてた


最後に手羽さんが「つながり」の話をしてくださった

この美大ブログサミットこそ、つながりだと思った
姉妹校である東北芸工と京都造形が同じ壇上で話すことは見慣れた光景だが、
そこにムサビの手羽さん、最後にタマビの米山さん、東京造形の高橋さんも上がられ、
すごいメンツやなと思った これが実現しちゃう時点でつながってるんだなと思った!


レポートと言うより、日記になってしまったが、つながりの第一歩を築けてよかった
オフ会にもブログサミットにも足を運んで良かったです
他では聞けへん話もたくさん聞けたし、収穫アリです(笑)
 

続きを読む ≫

Index of all entries

Home > 一期一会 Archive

検 索
更新順
Links
Photos
Feeds

Return to page top