Home > アメとムチ

アメとムチ

  • 2010年2月18日 02:54

フジのヤングシナリオに出す脚本がようやく形になってくれた。

 

疲れた。

書いている時は気付かないが、書き終わると地震後に大波が押し寄せてくるように、体中に疲れが駆け巡る。

 

ここのところバイトか脚本書くかのどっちかという味気ない日々を過ごしていたので、私の中の外出欲望がこの二日間に爆発した。

 

友人の劇と若手監督15人による短編オムニバス映画を観て、二郎を平げ、チャリで土手爆走、色んなところを爆走。

 

いやぁすっきりした。風呂上がりのような開放感。

実験的な作品たちがほどよい刺激を与えて、二郎と土手がへとへとの頭と体に、直接栄養剤をぶち込むように元気を与えてくれる。



まだまだ脚本は折り返し地点だし、枚数オーバーしているし、これから稿正という果てのない作業が待っているけど、これでもう一踏ん張り出来る。

 

 

 

今のような夢を持ちにくい時代だからこそ、自分の欲望を正直に認めなきゃいけない。

 

正直になって欲望を満たさなきゃ、願望に力なんて入るわけがないのだから。

 

ようはアメとムチ。それを上手く使い分けられるスマートな大人になりたい。

 

 

 

今日でアメは舐め終わったので、パソコンという現代兵器を武器に、自分の妄想と文字の集合体で出来ている化け物に再度立ち向かおうと思う。

そして、出来れば500万欲しい。100万でもいいので欲しい。ようはお金が欲しい。嗚呼、お金欲しい、名を馳せたい。

 

と、この場を借りて軽く煩悩と意思表示を吐き出させてもらいました。

こんな煩悩だらけの私がスマートになるのはおそらく無理だろう。(体格的な意味でも)

 

 

最近 東京でもよく雪が降る。

 

 

雪が降ると思い出すのは去年の二次試験。

この時も雪が降っていて、私は受験の解放感のあまり、一人ではしゃぎまくっていた。

 

18歳、少し阿保で懐かしい受験の思い出。

 

今年はどうだったのだろう。出来れば雪は降っていてほしいと願う19歳。

 

なんせ受験に全て出しきった後に見たあの雪は格別にきれいだったから。

その気持ちを今の受験生たちにも味わってもらいたい。

 

あの雪は今までの労をねぎらってくれる最高のアメだった。

だから18歳の私は雨に変わりつつある最高のアメを思う存分楽しんでいた...のかもしれない。

Comments:3

はいいろ 2010年2月18日 23:30

こんばんは。今年の美大受験も雪の日が多いですよ。
制服で試験会場に来てる女子を見ると、なんとも言えない感じがします。
雪景色にスカートってのはちょっと変じゃないですかね。別に良いんですけど

明日で全受験が終了です。まあ、順当に行けば自分は日芸に入ることになると思います。
デザイン科の雰囲気はどうですかね?ここで悪い評判を聞いてもしょうがないんですが・・・。

猫鼠男 2010年2月19日 00:30

はいいろさん
まずは明日頑張れとお疲れ様。
デザ科の雰囲気ねぇ…日藝の花形ってポジションな気がする。
文芸とは対極な感じで、おしゃれで忙しいイメージ。
悪いところは特にないってかわからないけど、個人的な因縁がある。
そんな感じ。

はいいろ 2010年2月19日 18:24

なるほど、因縁ですか・・・。

未だに大学生ってすごく年齢離れてる印象があるんですけど、猫鼠さんは1歳上ってだけなんですよね。
まあ入学したらよろしくお願いします。

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/4375
Listed below are links to weblogs that reference
アメとムチ from 美大日記::日芸の猫鼠男

Home > アメとムチ

検 索
更新順

Links
Feeds

Return to page top