Home > 20th sentimental boy

20th sentimental boy

  • 2010年4月 4日 03:42

二十歳だ。

今日、4月4日をもって、私は二十歳だ。

 

4月4日は

 

沖縄県が誕生した日』

 

『交通反戦デー』

 

『あんぱんの日』

 

『どらやきの日』

 

『シシリアンライスの日』

 

『細木数子の誕生日』

 

『地雷に関する啓発および地雷除去支援のための国際デー』

 

そして、『おかまの日』である。

 

調べてみたら、4月4日にも色々とあるものだ。

おかまの日には苦しめられたが、まだまだ捨てたもんじゃない。

 

とりあえず昼はシシリアンライスを食べようと考えている。

どんなライスか知らないけど、

きっと南国もしくは東南アジア辺りの民族料理だろうなと想像。

 

ちなみに今日は獅子の日でもある。

獅子とシシリアンライスは関係ないとは思うが、

何も同じ日にこの二つを並べることはない。

ちょっと何かあると思ってしまう。

 

獅子リアン。

文字にしてみたけど、やっぱり何にもないだろうな。

 



 

昔は誕生日を迎えるだけで色めき立って、

一人でフィーバーしていた私も、

この年までくるとようやく落ち着きが出始めたのか、

0時ちょうどに外に向かって、大声で叫ぶだけになった。

 

さすがは二十歳。

どおりで兄が免許をとっていつの間にか社会人になっているし、

姉が結婚を前提にした人がいることをカミングアウトするし、

年金の手紙が届くはずだ。

 

もう子供のままじゃいられないのだ。

 

モラトリアムに終焉を。

人生に我慢と妥協を。

そして、『働』となれ。

 

でも、

 

私にはまだその覚悟は出来ない。

 

 

出来ないというか

したくない。

 

でも、今まで遠くにいた

『働』は

急にぐんと近づいてきた。

 

今、こちらの覚悟なんてお構いなしといったようなとんでもなく大胆不敵な場所にいる。

 

その気なったら、ひょいと一歩踏み出せる。

だけども踏み出したら最後、後戻りは万に一つ。

例え戻れてもきっと何かが違うはず。


何が言いたかったのだろうか。

よくわからないけど


なんだかねぇ。

不安定な年になったもんだ。


そう実感した。

ただそれだけの二十歳になって三時間の青二才。

 

 

『働』

をどうするのか。

 

これが二十歳でいる間の最大のテーマとします。

ちょっと前までは早生まれは得だと思っていたけど、
心変わって今は損な気分。
もう十代には戻れないのか...
悲しい。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/4612
Listed below are links to weblogs that reference
20th sentimental boy from 美大日記::日芸の猫鼠男

Home > 20th sentimental boy

検 索
更新順

Links
Feeds

Return to page top