Home > クリスマス

クリスマス

  • 2011年12月25日 18:06


クリスマスなんてものは

私にとって昼下がりのコーヒブレイクとなんら変わりないんだ。
何もかもいつもと一緒に穏やかに流れるだけさ。
本当だよ。

 

と血涙を流しながら、このイベントに耐えている側の皆様、こんにちわ。

猫鼠男です。

 
もう年末であり、今夜は聖夜です。


昔の記憶を辿ると
クリスマスは本を読んで家で過ごしていることが多かったような気がします。
私はプレゼントをフライングして開けてしまう方で、
毎年、プレゼントの中にある本の包みが届き次第、
開けてはそれを読み、時間をゆったり潰すのです。
そのうちにチキンがやってきて、お皿に料理が盛りつけられ、
家族や親戚が集まって、小さなパーティーが始まります。

諸事情でもうパーティーはやらなくなってしまいましたが、
私の中のクリスマスのイメージはそこにあります。
非常に穏やかで優しく、素敵なものとして、いつまでも色あせることなく
胸に留まっているのです。

みなさん、よいクリスマスを。

今から私はクリスマスを終わらせてきます。


今日まで照らし続けてきた、ツリーを解体しに
都心へ出るのです。

ああ、神様。何があるわけでもないのに、

8000円を得るために朝帰りをする私をどうかお許しください。
アーメン。

 

 
印象に残っている本。

 
割と有名なものだったようだけど、
もうどこにあるかわかりません。
どうやら我が家が食べてしまったようです。

 

Comments:2

アジアンテイスト 2011年12月27日 17:12

まさか久しぶりにここへ来たら帰ってきていらっしゃるとは…
どうもお久しぶりです。覚えてはいないと思いますが、何度かコメントをさせていただいたことのある者です。
震災の記事以来読んでいなかったので少し驚きました。

クリスマスなんて…と言葉が漏れるのも毎年恒例化されていますが
猫鼠男さんにも恋人と過ごしたクリスマスの過去などはありますか?

Anonymous 2011年12月28日 01:56

あれは忘れもしない高校三年生の冬の話…もう語るのすら忘れてしまうほど昔のことです。
もちろん、覚えていますよ。はっ…アジアンテイストさん。お久しぶりです。

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/7002
Listed below are links to weblogs that reference
クリスマス from 美大日記::日芸の猫鼠男

Home > クリスマス

検 索
更新順
Links
Feeds

Return to page top