Home > 超芸術トマソンダダダ!!

超芸術トマソンダダダ!!

  • 2012年5月17日 02:21

 オコジョさんの日記を見て、
去年、惜しくも受講登録ミスで単位を落とした
考現学を思い出しました。

考現学とは現代風俗を分析、解説する民俗学研究のひとつで
歩いている人の服装やあらゆる建築物を観察し、
頭の先からつま先の先の先まで事細かに記録したり、
超芸術トマソンを探し歩いたりと一見すると無駄なことのようで
冷静に考えても大して役に立ちそうもない無駄学問のことです。

そこで読ませてもらった「考現学採集:モデルノロヂオ」という昔の貴重資料が
よくわからないが素晴らしいものだったというのをよく覚えています。
復刻版ではない、初版の装丁のレアものらしく
知らない私も知ったかぶっては「お目が高いね」ってぼやきたくなる代物でした。

過去を掘り起こす考古学に対し、現代の時間と空間を切り取る考現学は
対極に位置するものであり、複雑な現代において再考すべき立派な学問である
と適当に取り繕っても隠しきれないその無駄さが私を引きつけてやまなかったのです。
日芸文芸学科の座学の中で面白授業の五指に入るおすすめ授業
「考現学」
興味ある人はぜひ調べてみてください。かなり時間の無駄ですけど興味深いですよ。



オコジョさんの見つけた蛇口はきっとまだ使われようがあるかもしれないので、
様子を見るの必要がありますが、
「保存状態の素晴らしい無用の長物」こと
超芸術トマソンとなりうる代物ですね。

「さっきからちょくちょく出てくるトマソンってなんじゃい」という人は
ここを見てもらえればわかるかと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/トマソン
トマソンの魅力とはそのトマソンに至るまでの背景を想像してしまうところにあります。
変なところ蛇口にきたのにもそれ相応の事情があったのでしょう。
実のところ大した理由じゃないにしろ、考えている時の高揚感の狭間に
浪漫というのは隠れているのです。

大量に無駄を出してきた世代を経て、今はずいぶんとスマートな世界になりましたが
まだまだ見つかってないトマソンが山のようにあるはずです。
この世はまだまだ隙だらけ。
今日もどこかで超芸術トマソン。
あなたと探そう超芸術トマソン。

超芸術トマソンをみなさま
どうかよろしくお願いします。

 
はい、ただ言いたいだけでした。
もしトマソンみたいなものを見つけるようなことがあったら
思い出してください。
そして出来れば
「アマゾンライダーここにあり」の最初の如く
叫んでみてください。

ではでは

Comments:2

オコジョ 2012年5月18日 21:37

こんにちは猫鼠男さん。
勉強になりました!
蛇口は様子を見ます。
これって純粋タイプでしょうか・・・?

蒸発とかよくありますよね。

猫鼠男 2012年5月20日 02:24

オコジョさん
そうだね。「純粋蛇口」だね。
水が出ないならもうトマソンとしてしまってもいいと思うよ。

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/7473
Listed below are links to weblogs that reference
超芸術トマソンダダダ!! from 美大日記::日芸の猫鼠男

Home > 超芸術トマソンダダダ!!

検 索
更新順
Links
Feeds

Return to page top