Home > 思い返せば、美大日記3年もやっていた。なげぇ。

思い返せば、美大日記3年もやっていた。なげぇ。

  • 2013年3月31日 15:04

当たり前のことなんですが、ここから先は独りなんですよね。

東京に住んでいたので、小学校の時から次の環境に移る際は、
偶然にも誰かしらが同じ場所に移る、ということが必ずありました。
高校に移る際も大学に移る際も一人や二人いて、特に仲がいいというわけではないのですが、
私はそういう人たちに妙な仲間意識を持っていました。

自分の与り知らぬところではあるが、大学のどこかであいつも頑張っているだろうから、
ここでめげてなんていられないな、負けてられないな、という気持ちが
モチベーションとして、自分の中のどこかにあって、
入った当初はそういうのに助けられていた部分がある。
話はしませんが、近くにいる友人たちとはまた違いそういう人たちは特別な存在でした。

それが途絶えてしまうと、やはりどこか頼りがない心地がします。
私は新しい環境で独り。まぁ10人ちょっとの職場で、
そういう人がいるのもちょっと無理な話だし、今までが幸運だっただけの話ではあるのですが、

新しい環境の中の不安まじりの私にとって
そういう些細な繋がりに寄り添えられたのはありがたかったことだったと実感したのです。

その時にはそれに支えられていたなんてことに気づかないのです。
今になってですが、本当にありがたかった。

これから先の自分は何に寄り添うのか、なんてことは考えても、
それは憶測であり希望であるので、らちがあきません。
過去のことだからこそ、入った時から今までやってこれた理由を改めて噛み砕いて理解出来る。

何が自分の筋を作り、何が励みとなり、何に自分が救われてきたのか、
その時に気づければ、何かと楽になったことというのは
終わりになってやっと分かるのです。

では、私にとって美大日記とはどういう場所であったのか?
最後ですし、そういう話をしようかと思います。

思い返せば
手羽さんと初めて会ったあの京都の旅は私にとって
価値観をがらっと変えた大きな出来事でした。
というよりも興味の対象を変えるきっかけだった、とでも言うのでしょうか。

別の美大に行くことすら初めての経験で、
京都の旅は好奇心に任せた無茶な挑戦でした。
お金もありませんでしたし。

造形や精華という二つの場所を探検し、
宴会中の会話一つ一つから発する「美大」の内輪な話に対して
「日芸」という場所の情報がほとんどないことを知ったりすると
どこか「日芸」と「美大」って別なんだなぁ、ということに気づきました。

それまでの私は自分は何かが出来るやつだ、という考えにとらわれているやつでした。
有名になりたいとか、小説家とか、雑誌でインタビュー受けるような人になりたいとか、
芸術系に入ったからには、何か成したい、なんてことに惑わされていた時で、
自分にやれることばかり考えていたのです。
同時に大学がその私の気持ちに応えてくれているのか、という問いに対して
イエスとはいえないという事実に対しての不満のもっていました。

あの京都の旅を経て、自分のそんな輝かしい将来を妄想するよりも
「日芸」とはどういう場所なんだろうか、ということに興味が向きはじめました。
何が「美大」と違うのだろう、ってことに対して考えることをはじめたのです。

あの日私は「美大」と「日芸」の持つ距離感をなんとなくではありますが、知ったのです。

美大日記は価値観や距離感をどう取ればいいのか、考えればいいのかを、
大学以外で私に教えてくれた最初の場所です。
そして、それまで日芸しか知らなかった私に知らない世界へと導いてくれた場所でもあります。

最後なので、美大日記に対して何かいいことを言おうと思いますが
お礼の言葉しか出てきませんね。それで十分でしょう。
本当にありがとうございました。

ライターのみなみな様もお疲れさまでした。
私は美大日記の方々にも特別な仲間意識を持っています。
道は違えども、何かに惹かれたり導かれて集まった人たちですから、
きっとどこかに共通する線を持っているのだと信じているのです。
手羽さんの発するくねくねオーラでも、
美大日記の持つ大学メディアの影響力でもなく、
もっとシンプルかつ感性的なもので共通する線をみんな持っている、と。

まぁそれがなんなのかは、私も分かりません。
無責任ではありますが、
きっと美大日記が本当に終わってしばらくしてから気づけるものだと思っています。

いつの日かまた何かの機会で出逢える日を楽しみにしてます。

それでは、みなさんの活躍を期待しつつ、…これで本当に…

最後にしたいと思ってましたが、もう一度!
もう一度だけ書きまーす!\(^0^)/

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/8273
Listed below are links to weblogs that reference
思い返せば、美大日記3年もやっていた。なげぇ。 from 美大日記::日芸の猫鼠男

Home > 思い返せば、美大日記3年もやっていた。なげぇ。

検 索
更新順
Links
Feeds

Return to page top