Home > 日本生活 Archive

日本生活 Archive

                

最近のあれこれ


みなさま、こんばんは。

ちょっと何とも申し上げにくい破廉恥なことが発覚しましたわわわ・・・。
追々ご報告しまする。
手羽さん、後でメールしDMU。


さて、気を取り戻して!
ここ最近の出来事をざっくりお届けしまる。


ある月曜日。

いつもお世話になっている美容師さんがサロン勉強会に参加されるということで、
あたしもちゃっかりお邪魔して来ました~
各サロンのスタイリストさんがプレゼンして、そのプランにカットしていくという流れ。
こういうプロばかりの現場は初めてとあって終始、興味津々。

 

 

120618_1852~01.jpg

 カット中の写真撮り忘れてまして。プレゼン後の掃除風景で失礼しまする。

学ぶジャンルは違うけど、
作品を作る姿勢というのか、それに向かう姿勢というのか、
切ってる方も、見学してる方も熱いエネルギーを纏っている感じで。
真剣な眼差しとあの現場のパワー!
ただ、あたしが頑張った訳じゃないのに・・何だったのか、あの達成感は・・・。(笑)
実に刺激的な時間でありましにゃー。



続いて、ある水曜日。

しばらくぶりに以前お世話になっていたバイト先へバイトをしに。
ハジメマシテな方も居られたので挨拶していたら、名古屋芸大の方が居られ\(^^)/うひょー
日本の美大芸大事情無知なのでいろいろおせーてもらえるちゃんす。わくわく



次いで今日、木曜日。
は、バイト休みにつきファミリーサービス、いや、ハウスサービス?

 SN3J0248.jpgのサムネール画像

決死の奉仕活動でございます~。

この竹ボウキ・・・
あたしが物心ついた時には既に我が家でご活躍されていた・・はず・・・。
その年月の長さをホウキ部分が切なく物語っている・・・。
そんなホウキ様に跨るは、この後訪れるであろう虫達の逆襲の「む」の字も頭にない我が家の問題子(ワタシ)。


重なり合った落ち葉の中には それはそれは さぞ気持ちよさそうにお休みになられている

虫 虫 虫 虫 虫 虫 蟲 虫 虫 虫 虫 虫 虫・・・・・。


睡眠を奪った罪は大きいらしく、一致団結してうじゃうじゃしだす始末・・・。

降参です。こうさん。

うじゃうじゃに勝てるものはにゃーです。
 

 SN3J0249.jpg

そこら歩いている中学生の坊やに、
「コレコレ、ソコノ僕タチ。夏休ミモ近ヅイテ、オ小遣イ、イルダロ?」

と聞けるはずもなく・・・。

心持、逞しくなった除草作業でありました。


お。
 

バイト

 


山のように積み上げられた求人情報誌を横目に更新します。

こんばんは!


そろそろバイト始めなきゃーと言いつつ早数週間。
やっぱり9月までの短期となると雇ってくれる所も限られてくるのですが
先日一つ決まったので行って参りました。

だったんだけども、買い取りも行う所でその品々が心折れそうなワイルドなものでして

その日の内に辞めてやったぜぇ~。 ゴメンナサイ・・。

割り切れば時給も良かったしあれだったんだけど、そちらへの免疫力が乏しいおにゃんにはビックリだったんだぜぇー。

結局、以前にもお世話になったお店に呼んでもらえて一件落着!
ただ、定員に達しちゃって行けなかった「遺跡発掘 作業員」のバイト気になってしょうがない・・。

求人誌ってこういう機会にしか読まないけど、おもしろい。

前に、ここ美大日記でもアルバイトについてのお題が出てましたよね?
便乗してあたしのバイト歴もさらっとここに・・・。

人生初のバイトは、
・スーパーのレジから始まり、
・初恋の詰まった本屋、
・小学校からお世話になってた塾で塾講師、
・華やかに見えた世界の裏を知ったアパレル、
・気ままに働かせてもらった靴屋

・・と続きます。

周りでは、
アシスタントしたり画塾で教えたりアート方面でバイトしてる子もちらほら。


新しい環境に入っていく時のドキドキ楽しい!
いろんな職種、人とのかかわりを身につけるいい機会だよね。うんうん。
あたしはバイトするようになって極度の人見知りがちょっと改善されました。
最初は上司や先輩に話しかけるのって怖いけど、
怖いと思ってちゃ始まらない!

以前ちら見した本にこういうこと書いてあった。

「恐怖とは怖いと思うから恐怖なんだ。
恐怖に踏み込めば、それはもう恐怖ではない。」的なニュアンスだった気がする・・

それから、
「そうかっ!自分からどしどし行けば怖いものも怖くない!」って思うようになって。
前よりチャレンジ出来るようになりました。よ。
これ、
人間関係にも通じるものあるかなって・・。
苦手意識の強かった人にもエイヤっ!と体当たりしてみたら、
案外、相手も心開いてくれたり円滑な関係になったり・・。

って、ここに改めて書くことでもないですかね。
みんなやってることなのかな・・?
話それちゃったけど、
当時のあたしには大革命だったので一応ご報告まで・・


じゃぁ・・バイト決まったことだし・・
怖い怖くないの話もちょうど出たところだし
これ出すの恐怖だけども踏み出してみ・・る・・。
 

美大目指してるひとこれ見て自信出して下さい!!

    

続きを読む ≫

夏の成長期

                
背が伸びて162.3㎝になりました。


もーーう最近暑くてとけそう。

小さい頃、ソフトクリームを買ってもらうんだけど、
食べる早さが溶ける速さに追い付かず、
いっっっつも手のひらぺトぺトになってたっけ。

アイスクリームなんて、あっち向いてこっち向いたら食べ終わっちゃう今、
あの頃の食べても食べても減ってかない悩みが恋しいものです。
 


そんな切なさを紛らわしてくれるもの ↓

それは、

SN3J0222.jpg

庭の隅にこっそり咲く、我が家の紫陽花。

この青さにのまれたい。

近くになばなの里とよばれるお花いっぱいplaceがあるのだけど、

何やら7月8日まで紫陽花まつりを開催しているらしく、

右も左も紫陽花だらけらしい。

これは行くっきゃない。



なばなの里行く計画を企みながら

口にするもと言えば、

コレ ↓

SN3J0224.jpg


ここ数年、鳥類に譲ってきた恵み、

キンカン。

今年は豊作のようで、次々に実をつける。

SN3J0216.jpg

鳥たちへの褒美も残しつつ、キンカン狩り。

100%無農薬、安心できる美味しさでありました。



私、伸びシロはまだまだあるようで、

成長期はそれはそれはお腹が空くもの。

キンカンだけでは、どうも物足らず・・・

SN3J0225.jpg

グミの木にまで手を伸ばしてしまった ↑

これ知ってますか?

「グミ」っていうらしい。

こちらも枝が撓るほどに豊作。

子どもの頃、みんなが「グミがなってる。グミがなってる。」って言うものだから、

あっちのグミだと思って、喜んで口にして。

想像とは遥かにかけ離れた太陽の甘さに渋い顔をしたっけ。

きっと、あれが私にとって初めての渋い顔経験だな。

背も160センチを超えたあたりから、

その天然の甘味が美味しく感じるようになって、食べた後の舌のザラザラも

「そうそう、これよ、これ。」ってくらいに。



黙々と実を摘む姿を「僕も!僕も!」と眺めるは・・・

SN3J0228.jpg

次に成長を試みる、我が家の坊っちゃん。でありました。

 

お。


>おまけ
 

 

続きを読む ≫

ジャポーン



今日は、日本からこんばんは!

ご無沙汰しておりました その間に 一時帰国しましたー(**ノ)ノ

久しぶりのはずが 全然そんな感じせず…ちょっと物足りない感も否めませんが

日本ってやっぱりすごい!と思わされることしばしば。


帰国する度に驚かされるのが「水圧」。

シャワーからあんなにお湯が出てきて大丈夫なのでしょうか。
蛇口をひねればお湯でも水でも それはもうやる気満々です。

なんせ、ブリティッシュ的シャワー事情は、
あの“ゾウさんの形したジョーロ”並みの水量・圧となっておるのです。

毎日、イギリス人はどうやって あの水圧(「圧」という言葉を使っていいものか)で、
髪の毛を洗っているのか心底不思議であります。

「おねこはシャワーに時間をかけ過ぎなんだよ~」と言われること多々ですが
いやはや、それはしょうがないでござる・・。

だって、モコモコに泡立ったシャンプーを爽快に洗い流せる水圧と共に育ったのだもの。
日本人だもの。



お水が十分にある有難さ、改めて感じさせられます。

そして、
不覚にも、あの頭皮に甘過ぎる水圧が恋しくなるのです。

 

お。
 

1


Index of all entries

Home > 日本生活 Archive

Return to page top