Home > ひとりごと > | 予備校 > 美術館にて。

美術館にて。

 そろそろ秋ですね。寒いですね。オコジョですね。 ?。

 

受験生の皆さんは文化祭が終わったりして、

ちょっとずつ空気が “ピリッ” としてくる頃でしょうか。

 

自分の進路も周りの進路も確定しはじめて、「美大はいいね〜」なんて周りに言われてませんかね。

「...絵だけじゃないし、勉強だけでもないんだよ〜〜〜!」

と言い合ってましたっけ、予備校でw

悩みが共有できる予備校の友達は強いですよ!受験まで仲良くね!!・・・そのあとも仲良くね(笑

(オコジョの周りによくケンカする友達2人がいまして。周りも気を使うから、おやめなさいw)

 

サテ、

昨日は2つの美術館に行って、3つの展示をはしごしたよ♪という話です。

前にも、1日に展示をたくさんも見なくていい、的なことを日記に書きましたが、
交通費とか考えるとどうしてもハシゴしたくなっちゃう(泣)

貧乏性。

うぅ〜、余裕のある人間になりたい。

 どこの美術館に行ったかというと、

「横浜美術館」&「東京都写真美術館」

横浜美術館は、そうです!『奈良美智展』!!

 

やっぱり混んでいる。ル、ルルル、ルル〜。

いざ、展示室に入ってみると、最初に現れたのは彫刻作品

暗い空間にドン!ドン!ドン!!とブロンズの作品が展示されていて、
人がその周りを練り歩いている感じ。

特に作品の回りに柵があるわけでもなく、
ぐるぐると奈良さんの作品を好きな角度どこからでも近距離で見られる(!)展示方法だったのだけれど、

どうしてもほとんどのお客さんが正面の顔にばかり目が向いていて、

内心、「あれ、後頭部は?かみのけは?・・・横顔は、見なくていいの?」

とか変なおせっかいをやいていましたw

 

平面の作品ももちろん展示されていました!

そのとき思いましたが、
あまり作品の側面を見る人って少ないんだ、ということ。

たまたま1人、オコジョの目の前でそういう人を見たんですけど、この人美大生っぽい、って感じの人でした(笑)

何で側面を見るかというと、
支持体(キャンバス、板etc...)が何か、とか、側面がどう処理されているのか、とか、

気になっちゃうから・・・だと思う。うん。

 

写真美術館も楽しかったな♪

100年ぐらい前のカメラとか展示してあって、
これが一眼とかデジカメとかに進化したのか!と思うとオドロキ。

写真もやりたい♪やろう!!

と思ったり、こんなに動く歩道に乗った日はあっただろうか、と思った日でした。

Comments:2

yukihaha 2012年9月23日 19:23

オコジョさん、初めまして。
デ情生の親です。
奈良さんの展覧会、今日が最終日ですね。
2回行きましたが、確かに彫像の後ろや横を見ている人ってあまりいませんでしたね。
自分が行ったときには、小さい子が走り回っていて、ちょっとハラハラしたのでした。

女の子の顔が優しくなったよな。常設展にあった以前の作品と比べてそう感じました。

ザラメ 2012年9月24日 07:23

こんにちは。

支持体・・・私も気になりました!
引き出し風(引き手のついたの)もありましたよね。
段ボール作品の風合いったら・・・よかったわww。点数もすごい!

一番のお気に入りはクリアフォルダーにもなっていた
つぎはぎの素材が組まれてたMy Bear。

何より描く事が楽しくてしょうがない・・・って感じが
奈良さんの作品群から伝わってきました。

ムサビ親日記のザラメ

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/7807
Listed below are links to weblogs that reference
美術館にて。 from 美大日記::ムサビのオコジョ

Home > ひとりごと > | 予備校 > 美術館にて。

Return to page top