Home > 日常どんどどん。 > | 造形色色衣。 > 学生とは特権である。

学生とは特権である。

アートナイト気になったなぁ。アートナイトに合わせて、24時間美術館開いてるっていうのがとても魅力でした。
午前三時の美術館、とか響きだけでおいしい。
ただ何となく夜の素敵空間に一人で行くのは気が引けて、オールカラオケなら喜んで行くのになぁと思いました。
宵っ張りおわりです。



まだ学生とはびっくりしました。
卒業式って飾りだったのか!本当の卒業って31日なのか!
じゃあ改めまして まだ東京造形のおわり です。

でもねぇ、学生とは言ってもねぇ・・・学生証返しちゃったんですよね。卒業式の時に。
なんか噂では「忘れました☆」とか言えば返さなくてもよかったとかいやあくまで噂ですけどまだ持ってる人がいるとかいや噂でも

うらやましいなー!!!!

学生の何がいいか。
良くも悪くも学校が後からもれなくついてくる。
いいことしても学校も褒められる。
悪いことしても学校も怒られる。
息苦しい。閉じ込められてる。
看板しょってる。名門なら自慢できる。

まぁ、それもありますが何よりいいのが 学割 ってやつです。
学割。学生割引。
これに今までどれだけ救われてきたか。だから、学割受けられますよ身分証になる学生証を取られた瞬間に、私は無防備な貧乏に成り下がってしまったのです。
貧乏学生ならまだ普通だけど、ただの貧乏って本当寂しい。
無防備貧乏とか無謀貧乏とかやめろやめろ辛気臭い!!


学割って凄いです。
新幹線とかの割引は、新幹線自体高いのであんまり乗らないし気になりませんが、美術館とか映画はやっぱりでかい。
だって、美術館。一般なら1500円のところを、学生なら1300円。もっと言えばキャンパスメンバー(先日言ってた美大割的な)なら1000円
一般との差、なんと500円!!!
交通費だけでもうへぇなのに、都内の美術館行ったらご飯もせっかくだから食べたいじゃないですか。
本当はランチ食べたいところをマックチキンとお水で済ましてる私に、500円はでかいです。
平日なら優しいお店でおいしいランチがいただけてしまいます。
でもね、もっとすごい学割を最近発見してしまったのです。
それは

高校生 中学生

の学割。学割なんてもんじゃないんです。国立美術館だったら、中高生

無料

のところがあるんです・・・。

いやいやはははそんなまさかー☆って感じでしょう?だって1500円かからないんですよ?
1500円って言ったらあなた、ランチどころかディナーまで頂けちゃうけどもったいないからくっさいガムテレピン買ってたところをテレピンに昇格できるくらいのレベルですよ。
1500円がタダ。

・・・お気づきの方いるでしょうか。
「1500円って企画展の値段でしょ?さすがの国立でも常設以外で無料はないでしょー!」
そう思ったあなた。
私もそう思いましたよえぇ、ラファエロ展であんな高貴な絵を見ておきながらタダなんてそんなわけない。
常設でモネルノワールポロックを無料で見れるだけじゃなく、企画展までタダだなんて一般の料金で賄ってるだなんて。

でも、タダなんです。企画展も。



そんなの、中学生の時知ってました?
あとね、私がベーコン展行ったときも「高校生以下無料デー」とかって企画展も無料だったんですよ。
そんなデー知ってました?
水曜日がいくらレディースデーでも、無料はないです。
でも、中高生ならそれがあるんです。


・・・中高生に告ぐ。
デートなら美術館に行こう。

タダだし。その上「週末美術館行かない?」なんてポイント高すぎるでしょう。
しかも水族館みたいに「美味しそうだね」だけじゃなく、「あの絵が好きだったー」とか、「あれよかったねー」とか行った後の話題も豊富。
某ワンダーランドみたいに待ち時間があることはほとんどないし、せっかく都内来たならって浮いたお金でランチもできる。
いや、本当おすすめします。
騙されたと思って誰かやってみてくれ。タダより安いものないよ?



あぁ・・・
若いっていいなー・・・
(学生証持ってる)学生っていいなー・・・

美大生って貧乏なイメージがあると思います。
うん、貧乏だったんですけどね。

なんで貧乏になっちゃうんですかね。
でもいつの間にか画材以外の出費を減らそうと頑張ってる自分がいるんですよ。
「どうせ使うから大き目のジェッソ買うか・・・そしたら夕飯はローソンポイントでお菓子買って済ませて・・・」
とか。



ローザンヌバレエコンクールで優勝した女の子がいたときも思ったんです。
マスコミはすごい!快挙だ!って騒ぐけど、ローザンヌみたいに優勝したら留学させてくれる、とかそういう頑張った人に対するさらに成長の場をってことがないんですよね。
一番じゃなきゃだめなんですか、じゃないけど結果が明快じゃないことに対する投資がどうしても日本って少ない気がする。
まぁ投資って言い方になっちゃうのもいけないのかもですけどね。
未来に対する投資。日本のためになるか、とか?
そりゃどんなにおいしそうな絵を描いたっておなか一杯にはならない。それと同じことのやうに思うんですけどね。
未来のためにって、ちょっとだけ手を貸すのってそんなに重い負担なんでしょうか。


それを考えたら、本当ちっぽけで誰も見てないけど、美術の世界からのささやかなプレゼントな気がしたのです。中高生の美術館無料。国立だから日本がやったってなるのか、よくわからないけど。
大学生になってから、卒業してからは社会は俯瞰して見てるだけでなかなか私たちのところに来てくれることはないけれど(まぁ自分で行ってもなかなか目を合わせてくれないけど)、中高生なら。
まだちょっと世界を広げる手伝いをしてくれるのです。

これをキャリア教育、なんて通称で呼ぶと苦い感じしますけどね。

学生のうちは、その身分に応じたサービスにはめいっぱい甘えるとよいです。
うん。






・・・学生証持ってるうちは、ですね(まだ根に持つ)


 

関連エントリー

Comments:2

マイク 2013年3月24日 07:29

卒業式に「学生証、忘れました」て言って返還しなかった人の1人です。
先輩が全然行けるで、て言っていたので31日までの有効期限までは
使いまくろうと思って返さなかったです!
やっぱ学割は大きいですよね~新幹線はかなり痛い!!

おわり 2013年3月29日 23:47

マイクさんへ
おおぉぅ!!早速いらっしゃった!いいなー羨ましいなー!
私も学割証だけはたんまり取っていたので、それでカラオケの学割くらいは何とかなったのがせめてもの救いでした・・・。美術館は無理だろうなぁと想って結局卒業後はいけませんでした。うぐぐ。

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/8234
Listed below are links to weblogs that reference
学生とは特権である。 from 美大日記::東京造形のおわり

Home > 日常どんどどん。 > | 造形色色衣。 > 学生とは特権である。

Search
Feeds

Return to page top