Home > よくある話として、

よくある話として、

  • 2012年7月10日 04:42

 

こんばんは!
先週水曜日には更新するとか言っておいてこのザマです。スズキリです。

そういえば布のマスクを作りました。

pymsk.jpg

よく見ると目つきが悪いです。

 

それはさておき、前回僕は「次は真面目な話をします。」と日記を終えていたのですが、正直なにを書こうとしていたのかスッキリサッパリ忘れてしまったため別の話をします。

 

うちの大学は「造形大学」であって厳密には「美大」ではないらしいのですが、美大日記にも参加していることですし、僕はときどき「美大生」を名乗ります。

その直後最も多い反応ランキング第1位がこれ。


「美大生なの!?何か絵描いてよ!!」
もしくは「美大生なの!?どんな絵描いてるの?」


僕は大学では何も描いていません。


グラフィック、彫刻やガラス、映像など、科や専攻から内容が想像しやすいものは比較的説明がラクだと思います。「基本的には絵を描く学科じゃないんだよ〜」とか。

 

では「テキスタイル」はどう説明するべきなのか。


そもそもテキスタイルという単語自体あまり馴染みないからか、「え、何スタイル専攻…?」と高確率で聞き返されます。
酷いときには同じ大学の人にも「テキスタイルデザインって何をやる専攻なの…?」なんて聞かれるほど。


僕はかなしい!!


テキスタイルは広く布地を意味する言葉ですが、限りなく曖昧なのです。
印刷物をテキスタイルと定義する人もいたり、紙全般すらテキスタイルだと言う人もいたり。


一般的にテキスタイルデザインとは、
ファッションやインテリアにおける布地、繊維をデザインすることを指しています。

そして東京造形大学でのテキスタイルデザインとは、
「織り」「染め」からのアプローチで布地、繊維をデザインすることを指しています。



1年時に「織り」「染め」を一通り体験し、どちらかに別れていくようですね。
「織り」の課題はマフラー、「染め」の課題は絞り染めなど(プリントも含まれます)。

他にもCAD(PCで柄や服のパターンを作成する授業)や、
ファッションデザインの授業もあったりします。

最終的にうちの大学のテキスタイルデザイン専攻が何なのかというと、
「素材作りに特化したファブリック/ファッションに関わる専攻」って感じでしょうか。




4年制の大学で服作りを勉強したい人にはとてもオススメです。
もちろん他の専攻の授業も受けられるので、個人的には専門より可能性が広がるんじゃないかなぁと思っています。いざとなったら転科もアリですしね。

例えば「服を作ったけど撮影どうしよう!」となったら、写真専攻の友達に声をかければいいんです。
「展示の設営どうしよう!」となったら、室内建築の友達に声をかければいいんです。(これはちょっと違う気もする)
 

よく「専門とどっちにするか迷っています」なんて声を聞きますが、迷っているくらいならこっち(大学)に入っちゃえ!
大学はたくさん悩める場所だと思います。その中でも造形大はエアポケット的存在というか(失礼ですよねごめんなさい!!)、色々な可能性が転がっている大学ですので。

 

なんだかゴチャゴチャしてしまって上手くまとまりませんが、
オーキャンも近いので受験生に向けてなんとなく書きました。
なんで1年生のくせにこんな偉そうなんだろう…と自分でも思います。

僕はオーキャンの作品展示に惚れてこの大学を受けたので、7/21〜22、
忙しい時期だとは思いますがぜひ遊びに?来て下さい。何かが変わるかもしれません。

専攻公式ブログはコチラ。

次は、どうして造形大を選んだのか詳しく書けたらいいかなぁと思っていますが
全く関係ない事書き出す可能性も大です。それではまた!


 

Comments:6

ヒャマダ 2012年7月10日 20:36

こんばんは!
僕も志望の専攻がテキなので、非常に参考になります。
まだ高校生なのですが、志望が美大というだけで絵を描かされそうになったり、「テキ…何?スタイル?」みたいなのはあるあるですね。
色々な専攻があって協力しあえるのも大学の魅力の一つだと思います!
スズキリさんの記事を読んで受験のモチベーションも上がった気がします!
これからも更新頑張ってください!

スズキリ 2012年7月11日 01:36

ヒャマダさん

コメントありがとうございます!
テキスタイルも基本的には受験時デッサンが必要とされますが、
うちはAO入試もあるので新しい可能性もあると思っています。

受験応援しています!

poncho 2012年7月15日 12:10

以前はテキスタイルには興味が無かったのですが、今年の1月に娘の学校の卒展を見に行って
娘に勧められてテキスタイルの展示を初めてじっくり見てから、見方が変わりました。
と言うより、それ以前はちゃんと知らなかったんですね。

テキスタイルの魅力をもっと発信して下さい。

スズキリ 2012年7月19日 04:54

poncho さん
コメントありがとうございます!
僕も学科を見学してみるまでは知らない事がたくさんあったので、
入ってみて感じたテキスタイルの魅力を伝えていけたらな、と思っています。

a 2013年1月 1日 11:05

こんにちは!私は今、造形大か女子美術のテキスタイルで迷っています!
夢はファッションデザイナーです。
美大に行って造形的センスを磨いた上で服飾系の専門学校に行きたいと思っています。
造形大のテキスタイルでファッションデザイナーを目指している人はいますか?
また服を作ったり・・・といった勉強もできますか?

スズキリ 2013年1月11日 00:01

aさん

すみませんコメント気づいてませんでした!、、記事の方でお返事しますね!

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/7606
Listed below are links to weblogs that reference
よくある話として、 from 美大日記::東京造形のスズキリ

Home > よくある話として、

Return to page top