Home > 高校の思い出

高校の思い出

  • 2012年12月11日 04:45

 

こんばんは、スズキリです。今年は年末進行という魔のスケジュールには取り込まれておらずひと安心です。


前のブログにも書いたのですが、美大にはいわゆる「常に何か作ってなければ死んじゃう」という、まるで「常に泳いでなければ死んでしまうマグロ」のようなタイプが存在します。(怒らないでください)言うなればものづくり至上主義という感じ。確かに美術大学は基本的になにか作る場所ですものね。

で、僕はここら辺でちょっと悩んだことがあります。高校生の頃でしょうか。
当時通っていた高校には美術の学科があり、周りはもちろん美大受験を狙っている人ばかり。みんな絵も上手いしすごいものを作るので、口には出しませんが内心みんなのことを尊敬しつつ怖れていました。
なんというか、熱量というか感情というか、本当にもうすごいんですね。作り終わったら死んじゃうんじゃないの!?みたいな様子で。全てを課題に注ぐような勢い。

そんな中僕はそういうスタンスになれず、「だって、一個仕上げて力尽きて次のスケジュール潰しちゃったら取り返しがつかないじゃん!」というような気持ちでした。特に面白くもないマジレスですね。

その頃ちょうど広告の営業を任されていてやりがいも感じていたので、「あれ!?僕くる道間違えた…!?」という焦りを感じていたんです。「ほんとに僕ここにいてもいいのかな…?」と。

そんな中、とある代理店の方の言葉でハッとしました。

「まぁ向いてる向いてないは知ったこっちゃないけど、作り手って対人関係苦手な人多いから、君がそれなりに技術身に付ければ需要あると思うよ」

どうも仕事で作り手とのトラブルがけっこう多いようで。何気ない言葉ですが僕にとっては救いでした。今は一年生で技術もあんまりないですが、徐々に誰かの役に立てるようになればいいなーと。

 

そんなこんなで、少しそれを思い出す出来事があったので書きました。
ちょうど高校の後輩達も卒業制作ラストスパートらしく、情けない卒制提出した思い出とともに当時の気持ちがよみがえったりなど。


年内はいくつかお知らせがあって、あとは来年に持ち越しです。鬼爆笑だな。

寒いので受験生の皆さんはお気をつけて!ではまた。

 

 

 


 

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/7985
Listed below are links to weblogs that reference
高校の思い出 from 美大日記::東京造形のスズキリ

Home > 高校の思い出

Return to page top