Home > 小説ブログ > 壮絶!美大生バトル小説ブログ13

壮絶!美大生バトル小説ブログ13

====================
壮絶!美大生バトル
「めちゃくちゃアートな運命- Most and Ultimate -」
13枚目。
====================

これまでの話:: 1枚目2枚目3枚目4枚目5枚目6枚目7枚目8枚目9枚目10枚目11枚目12枚目

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「話の腰を折ってごめん。で、気がかりって?」
「武蔵とヨネヤマさんのバトル中に悪の組織『ゲイダーイ』からヨネヤマさんの彼女を救出したでしょ?」
「ああ。そうだね。ほんとに二人には感謝してる。竜くんと舞美のおかげでヨネヤマさんと正々堂々の勝負ができたんだから」
「秘密基地『ウエーノ』から逃げ出してくる時にある不思議なものを見ちゃったんだ」
「・・・ちょ、ちょっと待ってね。逃げ出してくる時って・・ゲイダーイを二人でやっつけたんじゃないの?」
「こっそり侵入して軟禁されてたヨネヤマさんの彼女を連れて逃げてきただけだよ」
「そ、そうなんだ・・。今までゲイダーイを倒したもんだと思ってた・・」
「そんな力をオレ達がもってるわけないだろ!バトルだって一回もやらなかったし。買いかぶってもらっちゃ困るぜ★」
「ああ。そうなのね・・で何を見たの?」
「それがね・・・」

するとアトリエのドアがすごい勢いで開いた。

 

みんな、お久しぶり!」
舞美?!!!」

「武蔵くんが復活したって聞いたから出てきたわよ」
「なんで学校に来てるってわかったの?」
「デ情・ハイテクくんのTwitterに『武蔵がエミュウなう』って書いてあったから」
「ハイテクくんもエミュにいたの??」
「隠れてたそうだけどね。人見知りの激しいハイテクくんらしいわ(笑)」
「一言声をかけてくれりゃいいのに・・・」
「それより、武蔵くん、・・・・体は大丈夫?」
「なんとかね」
「あんな変化の後じゃ・・・」
「え?」
「ああ、え、えーと(汗)・・・(竜!まだ武蔵くんにスーパー武蔵モードのこと、言ってないでしょうね?)」
「(い、言えるわけないじゃん!)」
「(それもそうね・・・)えーと、えーと、そうだ。この1週間、私は何をしてたでしょう!」
「竜くんから聞いたよ。舞美も行方不明になってたんだって?」
「え?行方不明なんかじゃないわよ。ちゃんとmixi日記に行き場所書いてたもん」
「・・・・・・」
「ちょ、ちょっと。読んでなかったの?????」
「ご、ごめん」
「みんなmixiの次はあっさりTwitterだもん。だから美大生は嫌いなのよ。飽きるのが早いというか、流行に流されやすいというか。iPhoneでTwitterに『ムサビなう』とか書いてたらほぼカンペキに『流されやすい人』ね。彼らは自分のことをアンテナとんがってると思ってるけど、単に『周りの影響を受けやすいだけ』ってことに気がついてないんだよね
「その発言、かなりの人を敵に回すと思うけど・・・」

「で、舞美は何やってたの?」
「それよりお腹ペコペコ。エミュに行かない?」
「・・・さっき行って来たばかりなんだけど・・・」
「赤ちゃんのおしりぐらいだったらおごってあげるわ。今日の私、すんごく機嫌いいんだから!」

 

 

続く。

・・・・・・・・・・・・・・・・

この話はフィックションです。登場する人物・団体などは実在のものとはいっさい関係ありません。

 

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/3599
Listed below are links to weblogs that reference
壮絶!美大生バトル小説ブログ13 from 美大日記::ムサビの手羽

Home > 小説ブログ > 壮絶!美大生バトル小説ブログ13

Return to page top