Home > 徒然ムサビ > 新図書館潜入レポートその2

新図書館潜入レポートその2

昨日は新図書館の内覧会でした。
いよいよ来週から学生サービス開始ってことで、教職員対象の内覧会が行われたのです。
 

以前潜入したのは竣工式の時で、本はもちろんのこと、家具類も一切入ってませんでした。
今回は備品類に注目してお送りします。

入口から見た風景。入口付近は雑誌類のコーナーになっています。

 20100515151731.jpg
1階受付から見た風景。
でも、この渡り廊下、短いスカートだとパンツ見えちゃうね・・・(ぼそっ) 

2階へ。
20100515143609.jpg
 

20100515143444.jpg

どうしても本棚で出来た図書館が見た目にも面白いんで情報として先行してしまうんですが、研究機関でもあるムサビとしては、こっちを売りにしたいんです。

20100515142906.jpg
これだけじゃわかりませんよね(笑)

全ての本にICタグがついてて、この機械の下部分に本をかざすと、その本の情報が出てきます。
ま、それだけだったらたいしたことじゃないんですが、いろんな情報が串刺しになってて、例えば「この本に関連する展覧会」などの情報もタッチパネルで見れるようになってるのね。
うーん、文章では難しいな・・。

20100515143639.jpg

サラっと流してきましたが、サイン表示が普通じゃないのに気がつきました?(笑)

今回、サイン表示、室内家具選定などはデザイン情報学科客員教授・佐藤卓先生が担当されました。
上の写真の奥「6」をよーーーーくみてください。
デコボコしてるのわかります?

近づいてみると、
20100515143746.jpg
ムサビで集めたペットボトルのフタなんですね。

図書館で使われてる日本十進分類法で「6」とは「産業」なので、どうしてもペットボトルのフタで作りたかったんだそうです。
佐藤卓さんのこだわり。

20100515144615.jpg

20100515145340.jpg

 「7」は分類的に「芸術」なので、ムサビ図書館では一番面積を占める場所。
サインもいくつかのパターンがありました。

 20100515145437.jpg

20100515145503.jpg

それから、基礎デザイン学科・深澤直人教授が、図書館専用のカート(スーパーとかで使うようなやつ)をデザインしてるそうです。

考えてみたら、今年のグットデザイン賞審査委員長は深澤先生で、審査副委員長は佐藤卓先生。
Good Design Award::審査委員長のご紹介
この豪華な組み合わせを大学で使えるのはムサビだけ。

20100515145317.jpg

あ、そうそう。
写真は1枚しか撮らなかったけど、ムサビといえば近代イスコレクション。
新図書館の中にいろんな近代イスが置かれてるので、そこに座りながら読むこともできます。

 

2階のWEBスペース。
20100515145548.jpg
ここでネット検索もできます。

20100515145600.jpg
デザイン情報学科の白石先生とばったり。
白石「どうせ、ブログとかtwtitter用に撮ってるんでしょ?どうせ、『図書館なう』とか書いちゃうんでしょ?」
といいながら手羽をパシャリ。
こっちもパシャリ。

下を見てみると、水門カワウソ男こと、J佐藤先生や今泉先生もいた。
なんだ、デザイン情報学科で見に来たのね。

「佐藤せんせーい、写真撮らせてくださーい」 

20100515145635.jpg

・・・・・新図書館が出来たからって、少々浮かれ気味じゃね?
それはそうと、J佐藤先生ってこのポーズで写真に写ってることが多いような気がする。
 

前回も感じたんですが、いい意味でも悪い意味でも模型の中にいるよう。
今まで味わったことがない空間なのかもしれません。
でもそれでいて、居心地がかなりいいんです。
「一度竣工式で見てるし、サクッと見たら帰ろう」と思ってたけど、なんだかんだ2時間ぐらいいました。
J佐藤先生も2時間ぐらいいたらしい。
新図書館の設計テーマが「武蔵野の雑木林」なんだけど、それと関係するのかな。


 

浮かれてばかりはいられません。
実はいろいろありまして、来週から学生さんにも解放されますが、完全OPENではないようです。
2010年5月17日[月]より開始するスペースとサービス
オープンキャンパスの頃には全面オープンになるみたい。
ほんと、ほんとに申し訳ないけど、もうしばらくお願い!
 

ただ、学生さん対象にお昼休みに利用案内ツアーをやるようですよ。
参加してみてね。

Comments:2

匿名 2010年5月17日 09:02

本棚でできた図書館とでも言えるコンセプトはおもしろい。
しかし実際は壁一面天井まである本棚のほとんどに本は収納されないようだ。
いわば見せかけだけの本棚、フェイク、これは現代アートなのだろう。
図書館まるごと使って現代アートを作りあげたムサビはさすが美大だけのことはあるというものだ。

だが機能や運用システムまでをも内包するデザインとしてみれば、
使われない本棚ばかりの図書館など全くもって落第点と言わざるを得ない。

そして以前の記事でも誰かコメントしていたが、
この使われない本棚に溜まるホコリにはどう対処するつもりなのだろうか。

キャッチフレーズは、「本よりもホコリをコレクションするのに向いている図書館」。
jこれに決まりだ。
今後ムサビにはこのホコリによるアトピーやぜんそくが蔓延することになるのではないかと心配になってしまう。

女子アナ 2010年5月18日 00:12

本好きの私にはたまらない本棚の数・・・!!!うらやましいぃ
ただ↑のコメントにも少し共感できますが;笑

でも細かいこだわりが、たくさん詰まってておもしろいですね。

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/4956
Listed below are links to weblogs that reference
新図書館潜入レポートその2 from 美大日記::ムサビの手羽

Home > 徒然ムサビ > 新図書館潜入レポートその2

Return to page top