Home > 潜入レポート > 手羽ちゃんのドキドキ潜入レポート -首都大学東京編1-

手羽ちゃんのドキドキ潜入レポート -首都大学東京編1-

文鎮くんのブログを見て、昼から行ってきました。


F1000380 
首都大学東京!!


どうも。
「首都大学東京」と頭の中で思い浮かべるたびに、「東京」部分を「ジュリアナ トーキョーー!!!」の「東京!」的発音で再生してしまう、バブル世代の手羽です。

手羽が一度見てみたかった大学。
それが首都大学東京。
関東の美大にとって近くて遠い大学。
それが首都大学東京。
はい。ここまでに2回「ジュリアナトーキョーー!」的「東京」で脳内再生してします。

今日がイベント日なのは知ってたんだけど、WEBを見ても「大学説明会」としか書かれてなくて、これがオーキャンかどうか自信がなかったんですよ。
でも文鎮くんが「オーキャン」と言ってるからオーキャンなんだろう、と踏み切ったわけです。
文鎮くんに一度会ってみたかったし。


場所は日野キャンパス。
ムサビから車で1時間弱。
思ってたより近かった。
南大沢と日野にキャンパスがあって、この日野キャンパスにシステムデザイン学部が入っています。
F1000411
こういうおしゃれな大学バスが日野と南大沢を結んでいる。
最初、コミュニティーバスの停留所が学内にあるのかと思った(笑)

初めて訪れる大学は、最初にキャンパスツアーに参加するのがオーキャンの基本。
手っ取り早く全体像を知ることができるので。
というわけで、インダストリアルアートコースのツアーにこっそり潜り込む。
 
まず、インダストリアルアートコースの説明を。(文鎮君、間違ってたら補足してね)

インダストリアルアートコースは平成18年開設の新しいコースで、「プロダクトデザイン」領域・「メディアアート」領域・「アート&デザイン社会システム」領域の3つの領域に分かれています。

2年生までは南大沢で領域関係なく学び、3年から日野に移り、プロダクトデザイン領域を「プロダクトデザイン」「リビングデザイン」「トランスポーテーション」「空間デザイン」「人間工学」、メディアアート領域を「インタラクティブアート」「グラフィックデザイン」「ソフトウェアデザイン」「ネットワークデザイン」「映像デザイン」などに分けて勉強する仕組みになっているようです。

F1000412
2号館の地下1階がインダストリアルアートのメインフロア。いざ!


F1000423
空間デザインの説明をする学生さん。
そうか。この人は優等生なんだな・・。

F1000422 
グラフィックの展示。

F1000401
2時からは講評会が行われてました。
 

F1000418 
「トランスポーテーション」の授業風景。
説明をされてる山下教授は日産でフェアレディZなどをデザインされた超大物です。

F1000421
「現在、4年生が車のスケッチを描いています」と説明。
わかりやすい演出だ(笑)

「あれ?手羽さん、どうしたんですか?」
すぐにある人に見つかった。
くそー、今日はこっそり潜入するつもりだったのに。
そのある人とは相野谷 威雄助教。
相野谷先生、というか相野谷くんは、以前ムサビ工デ・インダストリアルデザインの助手さんで、インダストリアルアートコース立ち上げに深くかかわった人。

「と、とりあえず今はツアー参加してるんで、後でもう一度寄るよ(汗)」
と逃げる。

 

続いて映像デザインの工房。
F1000417
F1000416
こちらはスタジオ。
モーションキャプチャの撮影機材がセットされてました。
「これを着るとモーションキャプチャできるんだけど、やりたい人います?ただ、セッティングに30分ぐらいかかっちゃうけど」

やりたい。
すんごくやりたい。

けど、一人でやるのはなあ・・竹林&おきなまろみたいにカメラマンがいりゃまだシャレになるけど、一人でやったところで、「いい大人が・・」になっちゃうだけだもんな・・。
今間先生、今度こっそりやらせてください・・・。

ツアーガイドをしてる学生さんが二言目には「美術大学だと絵の勉強が必要ですが・・」と説明してたのがちょっと気になったけど、ツアーも終わり、相野谷くんのところに戻る。

「手羽さん、気が付きました?」
「へ?何が?」
「この部屋、実は昔、厨房だったんですよ

F1000419

「ちゅ、厨房?どういう意味?」
「インダストリアルアートができるまで、この地下1階は食堂だったんです。で、厨房部分にトランスポーテーションの教室と僕らの研究室を作った、というわけ」

  F1000413
「確かに不思議な空間だとは思ってたけど」
「もうね。最初は大変だったんですよ。食材というか生ゴミの匂いが壁とか天井に染み付いてて、なかなか取れなかったし」

F1000414
でも、オープン教室的な感じもするし、吹き抜けの空間をうまく使ったかなりいいスペースに仕上がってる。
私に説明する以上に大変だったのは容易に想像できる。
だって「公立大学法人」ってつまりは都立なわけで、お役所と折衝しなくちゃいけないわけでしょ。
改修・備品購入ひとつとっても都の許可が出ないとダメだろうし。


「ねえねえ。他のコースの建物も案内してよ」
と強引に相野谷くんを連れ出す。

というわけで、まさかのパート2へ続く!!!!

 

PS
明日から九州へ旅立ちます。
初日は別府、2日目から実家に。
ほんとは首都大学の宣伝なんかより、「残り99人」の話をするべきなんだけどごめんなさい(笑)

Comments:1

ここのこ 2010年8月 2日 15:39

あっ手羽さん、首都大学へ行かれたんですね。
さすがに設備が新しそう。

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/5363
Listed below are links to weblogs that reference
手羽ちゃんのドキドキ潜入レポート -首都大学東京編1- from 美大日記::ムサビの手羽

Home > 潜入レポート > 手羽ちゃんのドキドキ潜入レポート -首都大学東京編1-

Return to page top