Home > お題 > | 徒然手羽話 > 手羽さんのお題に答えます(笑)

手羽さんのお題に答えます(笑)

昨日、眉を描いてないogawaiさんに遭遇。
普通、女子大から共学にきたら色気が出るもんじゃないの??
うむ。女心はわからん。。。

 

自分が出したお題に自分で答える。
ムサビ日記で書いてきたことではあるんだけど、復習もかねて。

 

Q1.いつ頃から美大を目指しましたか?

美大に進路を決めたのは高校2年の2月末です。
高3になる直前ですね。
いろんな学生さんに聞いてきましたが、「高校3年直前に美大進路を決めた」てのが一番多いケースじゃなかろうか。
ムサビ日記の飼育係さんもこのあたりらしいし・・・って飼育係さんは手羽よりも辛口なような気がする・・・アロマオイルのお風呂に入ったほうがいいような気がする・・・。

イラストやマンガが描くのが好きで、みんなから「手羽ちゃんは絵がうまいね」と褒められ続けていた。
「この先どうしたらいいんだろう」と悶々と悩んだ結果、親に「美大に行きたい」と爆弾発言。
でも「美大に行きたい」と宣言したもののどう受験対策したらいいのかわからなかった自分に、親は何も言わず近所の画塾を調べてきてくれました。
「へー、そういう美大専門の塾があるんだ・・しかもこんな近所に・・・」とびっくりしたのを覚えてます。
あ、きゅっきゅぽんさんと同じ画塾です。

そして画塾に通いだしたのが3月の頭。
小5から続けてたサッカー部は自然退部。
 

Q2.どうやって勉強しましたか?

その画塾で、ずーーーーーーと木炭デッサンを。
というか、基本的には石膏木炭デッサンしかやらない画塾で、12月ぐらいまでは石膏の木炭デッサン一本。
徹底的に「構図」「形を取る」「調子」を叩き込まれた感じ。
ほとんど入試対策はやってなくて、1月に初めて鉛筆デッサンをしたぐらい。
というのも、「現役で東京の美大に入るのは無理だ」と言われてたもんで(笑)
「自分は一浪して来年頑張る!」と信じてたから、そのペースになんら疑問は感じてなかったです。

高3の10月ぐらいだっけ。
数えたら卒業出席日数をクリアしてることがわかったんで、高校にはほとんど行かず(期末試験の時だけ行ってた)朝から画塾に通うようになりました。

・・・本当のことを書くと、親に説明するのが面倒だったんで、高校に行くフリをして画塾に行ってた・・てのが正しい表現です・・・いまだに親は高校皆勤と思ってるはず・・・ごめんなさい。
よい子はマネしちゃダメよ(笑)

でも、この選択は今でも正しかったと思ってます。
この「朝からずっと描いてた時期」がなければ、現役合格はありえなかった。
 

Q3.どうやって大学、学科を決めましたか?

画塾での初日、先生にこう言われたのを今でもはっきりと覚えてます。

「とにかく東京に行け。
地方にいちゃダメだ。
東京で学んでから田舎に帰ってくればいい。
地方でしか学べないものもあるが、美術・デザインを学びたいなら、若い時期に東京へ行け。

でも、誰もが目指すグラフィック系の学科は倍率が高い。
油絵学科も倍率が高い。
でも彫刻学科はせいぜい5倍くらい。

極端な話、デザインは大学じゃなくても学べる。
油絵は家でも描ける。
でも彫刻は美大じゃないと作れないし学べない分野であり、これこそ美大といえる。
これからは立体的概念もいろんな世界に必要になってくる。

「●●学科へ行く」ことが重要なのではなく、「東京の美大へ行く」ことに意味があるんだ。

彫刻は穴場だ!

東京に行きたいのなら、彫刻学科を目指せ!

もうね。
ほとんど洗脳ですよ(笑)
「東京に行きたい!」とは前々から思ってたけど、イラストやりたくて美大を目指したのに、
「彫刻学科に行かないと意味がないんだ」
と思うようになりましたからね。
そんなに彫刻なんて興味がなかったのに。

ムサビにした理由は、ムサビ第1希望というか、ムサビしか考えてなかったんです。
中学の時に大好きだった美術の先生がムサビ出身で、「ムサビってところに行くと、こんな先生になれるんだろうなー」と。

今でこそ、
「オープンキャンパスに行け!大学の空気を感じてから決めろ!」
「倍率で大学を決めるな!」

とかエラソーに言ってますが、自分自身はこんなもんです(笑)
でも、当時はオープンキャンパスも地方進学相談会もインターネットもなかったんだよね。
大学を選ぶための情報は、大学案内か先輩からの情報しかなかった。

大学選びには最高の時代なのに、なぜやらない?!

と率直に思うんですわな。


話を戻して。

なので、芸大はレベル的に全然無理だから受けなかったけど、タマビは受験さえしなかった。
今思えば、タマビも受けとけばよかったな、と(笑)

東京造形・彫刻は補欠だったけど繰り上げ合格。
ムサビは油絵学科も受けましたが、2次で落ちた。(当時は1次足切りがあった)
で、ムサビ彫刻に受かった、と。

試験当日のことはこのあたりのエントリーを参照にしてもらえれば。
受験の思い出1
受験の思い出2
受験の思い出3
受験の思い出4
 

Q4.この時期、何をやってましたか?

ひたすら木炭デッサンを書いてました。
彫刻希望者の男性陣だけ、自分達でモデルになって(もちろんフルヌードです)、人体デッサンをやってたから、ほんとに朝9時から夜9時頃までご飯食べる時間以外ずっとデッサン。
ただ、週に1度、海に行ったり、バーベキューして息抜きもしてたっけ。
そういうことも大事。


てな感じです。
当時は彫刻学科でさえ倍率5倍・・・でも受験した年は倍率が9倍に跳ね上がった(笑)・・でしたから、今とは全然状況が違います。
美大で推薦入試をやってるところもなかったし、プロデュース系学科もなかった。
実技ができないと美大には入れない時代。
参考にはならないと思いますが、そういう時もあった、ということで。

でも、美大日記・ムサビ日記メンバーが答えてくれてるんでこっちを参考にしてください。
いいアーカイブになってる。うん。

受験した時のお話。 - 美大日記::東北芸工のTの人

いつ頃から美大を目指しましたか?:ハイジの場合 - 美大日記::京都造形のハイジ

美大進学の進め - 美大日記/ムサビのogawai

ムサビ日記 - からあげ -: お題と夏休み

ムサビ日記 - ふかふか-R -: 美大志望

ムサビ日記 - 飼育係 -: 受験のころ

ムサビ日記 - ポモドーロ -: 手羽さんからのお題!

ムサビ日記 - 君と僕 -: まさかの美大生

Comments:2

音量子っぽん 2010年7月27日 22:37

おい手羽ァ、

こんな馬鹿なブログにコメントをするつもりはなかったんだが、いい年こいて、まだ大学受験の話をしておるのか?

大学受験から20年以上の歳月が流れているはずだが、その間、大学受験以上の困難はなかったのか?

前々から聞きたかったが、卒業してから制作をしたことはあるのか。大学生にえらそうなことを言っている暇があったら、態度で示せ。

読んでいるだけで恥ずかしくなる。反省しろ。

飼育係 2010年7月28日 00:55

こんばんは。

アロマオイルの湯に浸かってすっきりした後読んでみると、
自ら敵を作ろうとしてるかのような日記でした。笑
手羽さんの絶妙な辛口の域に達したいです^^

Comment Form

Trackbacks:2

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/5344
Listed below are links to weblogs that reference
手羽さんのお題に答えます(笑) from 美大日記::ムサビの手羽
美大進学の進め from 美大日記/ムサビのogawai 2010-07-27 (火) 04:37
あいやーogawaiです諸事情により、暫く更新できませぬぬぬでも、暇を見つけて書...
いつ頃から美大を目指しましたか? from 美大日記::東京工芸のプラ 2010-08-18 (水) 01:01
何だか知らぬ間に無茶振りならぬとんだキラーパスが来てるんですが...笑 まあこ...

Home > お題 > | 徒然手羽話 > 手羽さんのお題に答えます(笑)

Return to page top