Home > マニュアル > 新メンバーへアドバイス1

新メンバーへアドバイス1

美大日記もメンバーが増え、 ムサビ日記も新メンバー第1弾が発表されたし、新メンバーへの注意事項というかアドバイスを。
ぼちぼちゴールデンウイーク恒例のアレが始まっちゃうので。
 

新メンバーには通常「ブログスタート前の最後のメール」として伝えてることがあります。
ただ、時間がない時はこの部分をはしょることもあって。
そのメールの内容と去年書いたものを若干修正して掲載します。
 

(1)いろんな人が読んでいることを意識してください。

読者は受験生が一番多いと思いますが、教授だったり、助手だったり、職員だったり、同級生だったり、他大学の人だったり、保護者だったり、OBだったり、企業の方だったり、美大とは全然関係ない人だったりします。
「個人ブログとは違う」という意識が必要なんです。
なので、「不適切でしたら削除してください>管理人さん」というのを不可にします。
不適切だと感じるんだったら書かないのがベストです。

 

(2)共感される日記を

単なる授業紹介や日常生活風景などもいいんだけど、一番好まれる日記は「共感できる日記」です。
なぜその授業を面白いと思ったのか、オープンキャンパスに参加する意義がなぜあるか、自分がどうだったのか、その時何を感じたのか等、自分の感情・視点を意識して書いてみてください。

「共に情報を有する」だけの状態が「共有」で、
「こんな楽しい授業やってます」
「オープンキャンパスが●月●日にあります。みんな来てね」
だけの情報がそれです。
聞いて「はい。わかりました」としか感じない情報。

典型例としては「今後の活動が楽しみです」を感想として最後に持ってくるパターンとかね。
たまに使うのはいいんだけど、なんとなく対象との距離感を感じるんですよ。
ほら、新聞記事で「暖かい豚汁に舌鼓を打ちました」的なフレーズがあるでしょ。
特筆すべき感想がなくて、最後のまとめに困った時に使う定番なんです。
小学生の「面白いと思いました。」の大人版とでもいいますか。

 

その「共有」されたものに「感情」を入れると、「共に感じる」ことになり「共感」が発生するんです。
そうなればこっちのもん(笑)

もちろん、共感されない場合もあります
物事には必ず2つ以上の「感情」「考え方」があるので、「そうは思わない!」と言われることはそりゃありますよ。
でも、それを恐れていたら何も書けません。
日記なんで、基本的には「自己中心的な内容」でいいと私は思ってます。
(1)で書いた「いろんな人が見てる」意識さえもっていれば大丈夫。

場合によっては某掲示板などに「美大日記の●●はつまらない」なんて書かれてしまうことがあるかもしれません。(ムサビ日記でも何回か起きました)
また、ネガティブなコメントを書かれることもあるでしょう。
それらの対応は基本的には無視でお願いします。
「読んでくれてる人がいる」とポジティブに思ってください。

 

(3)アクセスアップの方法は3つ。

アクセスアップや反応アップのコツを3つ伝授します。
 

 

 

でも長くなりそうなので続く。てへ。

 

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/6416
Listed below are links to weblogs that reference
新メンバーへアドバイス1 from 美大日記::ムサビの手羽

Home > マニュアル > 新メンバーへアドバイス1

Return to page top