Home > オープンキャンパス > | 徒然ムサビ > 極秘アフロツアーの真実 その2 #mauoc

極秘アフロツアーの真実 その2 #mauoc

昨日6月21日読売新聞夕刊で、オリオン書房さんでのフェアがちこっと紹介されています。
これは全国版なのかな?
それよりも同ページに赤瀬川原平さんのエッセイがあり、そのイラストを寄藤文平さんが描いてるのが、なんともムサビチック(厳密にはムサビ中退チック)でそっちに目が(笑)

・・・・・・・

昨日の続きです

 

メンバーへは「竹林の最後のキャンパスツアー(14:30の回)にアフロの集団が同行する。14時に集合」と連絡をしてたんですが、17日夜にオーキャン責任者であるminxくん携帯から手羽携帯に電話が。
まだ二人とも大学にいることはわかってるはずなのに、なぜ携帯から携帯に?

「手羽さん、手羽さん。竹林くんが『3時からやらなくちゃいけないことができたからツアーの時間を変えて』って言い出したんですけど」
「なんと。一筋縄ではいかない男だなあ・・・」
「とりあえず『ちょっと考えさせて』といって、外にでてきました」
「それで携帯からなんだね(笑) 13:30の回って誰だっけ?」
木黄田さんです
「ああ。彼女なら一人でキャンパスツアーできるよね」
「大丈夫ですよ」
「なら、13:30と14:30のコンダクターを変更ってことで。よろしくね」

と裏調整が入ったりも。
メンバーには18日の手羽ブログで時間が変更になった旨だけ連絡。
この段階では4名だけだったけど、その後、もう少し集まることがわかったんで決行することに。

そして18日夜。
おきなまろと詳細打ち合わせを。

当初考えていた「竹林ツアーにアフロが同行する」もそれなりに面白いんだけど、完全な内輪ネタに関係ないお客さんを巻き込むことになる。
それは避けたい。

で、閃いたのが「なぜか学内にアフロの人がいる」という方法。

あちこちにアフロの人がいるけど、一切竹林には触れない。
なぜか竹林ツアーの前を微妙な距離でアフロの人たちがキャンパスツアーをやってる。
うーん、シュールで理不尽だけど、見事な逆転の発想。
これでいこう!!!

というわけで、こんなことに。
 


13:30。
定刻どおり、竹林の最後のキャンパスツアーがスタート。

DSC_0062
キャンパスツアー最初の説明ポイント2号館1階。

右側にアフロ二人組がいるのわかりますかね?
竹林は「どこかの学科のなんかのイベントなんだろうなあ」と思って、見てたそうです。
日常が想像以上の大学だからね!


2号館から4号館へ抜けるルートはコンダクターによって2種類あるので、
DSC_0069
メインルートであるこちらには二人、

DSC_0070
念のためにこちらにはブラザートムことジャスミン旦那を配置。
鉄壁の布陣。
というか、なんで旦那さんまで巻き込んで・・・・。

ま、いいや。時間がないから。
 


ちなみに普段は広報カメラマンがベッタリとキャンパスツアーに同行することはなく、竹林もなんでだろうと思ってたそうですが、
はい、もちろんカメラマンだけにはルートも含めて打ち合わせ済みでした(笑)



DSC_0117
5A号館抜きぬけのまさに「竹林」。
ここには赤岩くんを配置。
紫色の頭がそれです。

アフロが赤岩くんだとわかり、この段階で竹林はシークレット企画の存在に気が付いたようです(笑)
ここに赤岩くんを置いたのもすべて計算済みなのさ。がははは。

 

ここにも伏線がありまして。
コンダクターによって、ツアールートや立ち止まる「説明ポイント」って微妙に違うんですね。
それを確認するために当日の朝、ツアーコンダクターを集めて「ルートの再確認」てのをやったんです。
ぶっちゃけ、誰がどこで説明しようが知ったこっちゃないんですが、今日に限っては立ち止まるポイントが大事だったので。
最初竹林は5A号館に入る前を説明ポイントにしてたけど、無理やり5A号館抜きぬけに変更させました。
実はあの打ち合わせ、竹林のためにやったのだ。がははは。
 



手羽はこの人と次に通りかかる5A号館横で待機。
DSC_0140
はい、シークレットゲストは東京造形の高橋さんでした。
ここで完全に竹林は「アフロの謎」に気が付くはずだと思って。

時間がなかったので高橋さんにはほとんど説明はせず、「とりあえず20日の13時にムサビ集合。とりあえずアフロかぶって、とりあえずついてきて」とだけ説明してました。
全然説明してないし。
しかし、前日ogawaiさんに電話したら「えええ。高橋さんに会えるんですかーー。嬉しいーーー」と喜んでてムカっとしました。
なぜみんな、手羽に会えるトキメキを表現してくれないのだ・・・。

ちなみに図書館横ではそのogawaiさんとあさなさんがスタンバッていたんだけど、ogawaiさんがアフロ+サングラス+マスクして、すんごい怪しい感じになってたせいか、写真を撮られなかったようです・・・・(涙)
その写真はogawaiさんがUPすることでしょう。



竹林ツアーが新美術館・図書館に入ってるすきにみんな集合。
出てきたところで、

DSC_0220 
伝説のアフロツアースタート!

DSC_0234
竹林ツアーが近づくと、微妙な距離を置いて移動するアフロツアー。
ええ。キャンパスツアーの体裁をとるために、手羽はちゃんとツアー用の説明をしてました(笑)
全員身内なので、普段はいえない裏情報を交えながら。

 

DSC_0245
これをやれるのはムサビでは手羽しかいないというか、
竹林の説明ポイントから目に入るちょっとずらした場所で説明をし、動き出したらこちらも動くという、かなり高度なテクニック。

手羽はこれでも法人企画室長。
こんなことをオーキャン中にやってるのがばれたら部長に怒られるので完ぺきな変装をしてたのに、twitterで学生さんから

手羽さんがレインボーアフロつけてアフロ集団とツアーしてるwww

と書かれたり、空デの助手さんから「すごい目立ってましたよ」とささやかれたり、全然ばれてたのは内緒の方向で・・・おかしいなあ・・・。



DSC_0312
平均年齢が高いアフロ集団はWEBスペースで休憩。
一心不乱にネットを見るアフロ集団。
その横で平静を装いながら説明する竹林。
シュールでしょ?

すると、WEBスペースで「手羽さんですよね?・・・」と学生さんから声をかけられる。

「へ?誰?」
「空デの赤野です。ようやく抜けられたんですが、ここにいれば捕まえられるかと思って」
「なんで手羽だとわかった・・・・とりあえず時間がないからこれ被って」
と、全く説明もなくウムも言わさずにアフロをかぶせる。
それでかぶる方もかぶる方だが。

 

てな感じでアフロツアーは終了。

DSC_0407

ノキチッタ前で竹林にアフロとサングラスをかぶせ、おきなまろから花束の授与。
 

DSC_0421
参加できなかったきゅっきゅっぽんや某さんからあずかってたプレゼントなどなどを渡し、

アフロツアー撤収っ!!!

うちら、仕事中なもんで・・・・

 

てのが20日の午後、突如現れたアフロ集団の一部始終でした。
高橋さんをはじめ、皆さん、ご協力どうもありがとうございました!!
そして、メンバーには緘口令を引いてましたが本日より完全情報解禁といたします。

 

あちこちで写真撮られてたんで、オーキャン参加者でアフロツアーの写真をお持ちの方がいらっしゃいましたら手羽まで送ってください。

 

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:2

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/6587
Listed below are links to weblogs that reference
極秘アフロツアーの真実 その2 #mauoc from 美大日記::ムサビの手羽
竹林二郎の驚愕 from ムサビ日記 - 竹林二郎 - 2011-06-23 (木) 01:40
おかしいと思ったんです。 オープンキャンパス2日目の朝、インフォメーションセン...
アフロの旅立ち from ムサビ日記 -入学センターのおきなまろ - 2011-06-23 (木) 23:38
まずはこちらをご覧下さい 『極秘アフロツアーの真実その1』 『極秘アフロツアー...

Home > オープンキャンパス > | 徒然ムサビ > 極秘アフロツアーの真実 その2 #mauoc

Return to page top