Home > 入試について > ムサビ合格発表 補欠だったみなさんへ

ムサビ合格発表 補欠だったみなさんへ

それぞれの方にメッセージシリーズ。

ムサビ合格発表 合格された方へ


補欠だったみなさんへ。

私も東京造形・彫刻は補欠だったので、
この中途半端な状態のモヤモヤ感、非常にわかります・・・。

合格者の入学手続き状況が出た後、欠員が発生した場合に補欠の繰り上げが開始されます。
つまり、入学手続締切日を過ぎないと繰り上がることはありません
それまでは気が気じゃないと思いますが、冷静に待ってもらうしかないのです。

補欠に関する質問は去年竹林がまとめてくれてますんで、そちらを。
ムサビ日記 - 竹林二郎 -: ムサビ 補欠 よくある質問

手羽はモチーフ準備やらの現場実動部隊と広報業務をずっとやってたんで、
この手の「手続き系」はあまり詳しくなくて。。。


でも、補欠の方が一番知りたいのはこれだとわかっています。

補欠は何番まで繰り上がるのか? 


明確に答えると、

 


全くわかりません・・・・。

です。
どこが明確なんだって話ですが。

 

というのも、「去年は何番まで繰り上がったか」って全然参考にならないんですよ。
何番まで上がるのか傾向があれば私たちも知りたいぐらいでして・・・ほんとに・・。

去年の繰り上がり数が参考にならない理由はいくつかあって。

ひとつは「過去のデータをもとに合格発表者数を毎年変更してる」というのがあります。
意外と知らない人が多いんですが、
合格者は入学辞退者が出ることを見越して、定員よりも多めに発表しています。

この理屈はわかりますよね?
でも、何人ぐらい多めに発表するか?ってのはかなり難しい。
このあたりは去年や過去のデータを参考にしながら決めることになるので、
毎年発表する合格者数って違うんです。
よって、補欠の繰り上がる数字も年々変わると。
これはわかりやすい話でしょ?


また、「併願率」も関係します。
デザイン系だと学内で違う学科を併願してる場合が多いです。
同一人物が視デと基礎デを併願、さらにセンターも・・・というケースはよくあること。
でも当然だけどどこか一つしか入れないわけで、
併願者が多い年は他の学科を辞退するから、繰り上がる可能性が高いだろうし、
少なければ繰り上がる可能性も低いと。
(計算上ね)
今年の併願率がどうだったかは、おそらく6月オープンキャンパス頃にわかると思います。


そして、「現在の傾向」も影響します。
例えば、ムサビ彫刻と●●美大の彫刻に受かりました、と。
で今年はどっちを選択する人が多いか?ということ。
一言でいえば「トレンド」かな。
ムサビの彫刻学科はありがたいことに今年受験生が増えました。
でもこれは、たまたまだったのか、彫刻受験者の中でムサビ彫刻が評価されだしたのか。
私たちにもわからないのです。

たまたまであれば単に「受験者数」が増えただけで、
両方受かってもムサビ彫刻を選択する数はそんなに変わらないだろうし、
評価され出したのであれば、辞退者が例年より少ないはず。
こういうのは「突然」というよりも 徐々に傾向として出てくるものなので、なかなか推測するのが難しい。
一番数字が読めない理由はこれが大きいかも。

昔なら、視デとデ情両方合格したら100%視デを選んでたけど、
デ情を選択する人が出てきてますし。これ本当に。
「周りの評価」よりも「自分が何をやりたいか」を考えれば、こういう結果も当然なんですけどね。
また、一般とセンター併願して両方合格した場合、どっちを取るかってのも、実は年々傾向が違うんです。
(去年は見た目倍率の高い「センター合格」を選択する人が増えました)


例えるなら、去年の繰り上がり番号を調べるってのは、
「今日の天気を知りたいから、去年の同じ日の天気予報を見る」
ようなもので。
全く参考にならないわけではないだろうけど、「今日は今日ですよね?」と。

さらに、
「人の手が入って、トレンドが関係して、年々ベストになるよう調整してるもの」
という意味では天気より過去のデータが当てにならない。
どちらかというと
「今日のテレビは何をやるか知りたいから、去年の同じ日のテレビ欄を見る」
が近いのかも。
 

Home > 入試について > ムサビ合格発表 補欠だったみなさんへ

Return to page top