Home > 久しぶりシリーズ > 久しぶりに日記を書いてもらおう56 -Lilacさん編-

久しぶりに日記を書いてもらおう56 -Lilacさん編-

ムサビ日記新メンバーの紹介。

油絵学科2年 ちさち さん

です。
お1人から全く音沙汰がないので(苦笑)、
たぶんちさちさんが最後の一斉追加新メンバーだと思われます。
というわけで、このメンバーでよろしくお願いいたします!!!

 

新しいメンバーとは逆に、昔日記を書いてた先輩たちがいます。

最初は思いつきで
「GW中ぐらいは更新をさぼりたいな・・。あ、いわゆる代打日記をやればいいんだ♪」
と手抜きにのために始めた「卒業した人に適当に日記を書いてもらいましょ」企画なんですが、
これを楽しみにしてる人が増えてきまして(笑)

「就職できない」と言われてる美大生は卒業後、一体何をしてるのか。
10年間やってきたムサビ日記、そして美大日記の宝は実はこの卒業生たちと言えます。

リアルな美大OBOGの日常を。

この企画も6年目となりました。
過去の「日記を書いてもらおう」はこちら。
■2007年

 ■2008年

■2009年

■2010年

 ■2011年

 

では、記念すべきファイナルイヤー2012年1発目はこの人から。

美大日記OGのLilacさんです!!
はりきってどうぞ!


 

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読者のみなさまこんにちは。
美大日記元ライターのLilacです。
2011年3月に武蔵野美術大学空間演出デザイン学科を卒業しました。

大学三年の時に始めたフィギュアスケートは相変わらず続けてます。
こないだの美大日記オフ会の自己紹介のときに触れずにスルーしようとしたら手羽さんに突っ込まれました。校友会の自己紹介で習ってますって言ったら中島信也さんに
『何でそんなん習ってるん』
と突っ込まれて一発で覚えられました。
結果オーライ?
ていうか、卒業してからの方が手羽さんとの絡みが多いです。笑 

さて、私は大学卒業してから何をしていたかと言いますと、
就職の決まらないまま卒業し、派遣で働いたりしながらと就活にいそしんでましたが、
「とりあえず正社員じゃなくても生活費を稼がねば!」という根本的な問題に直面したため方向転換。

今までのスキルを生かせて生活費も稼げる仕事を見つけねば!ということで現在は学習塾の教材作成をやっています。
中学受験&中受指導経験4年間は職歴として結構大きかったようです。
その職が見つかるまでの間にビジネス系の資格を取ったりTOEICとか簿記の勉強もちょろちょろとしてました。

そう、新卒で就職出来なかった人は既卒扱いなので、既卒だと基本的なビジネスマナーは頭に入ってるとみなされて話は進んでいくのです。
今の職場では舞台美術もなんにも関係無く、下っ端として(でもなぜか、どこの職場でも色んな人にベテランだと思われるw)
中学受験やら中学生の教科書対応の教材や大学受験の世界史や政治経済の教材の作成や校正をやっています。
MicrosoftOfficeやコピー機と戦う日々です。
うっかりMacの感覚でコマンドキーを押していて、Windowsにはそんなもんないのでへんな表示になることもしょっちゅうです。

正社員じゃない分お給料は働いた分だけとシビアですが、時間に融通も効くし周りの人との関係は良好なので面白い職場です。 

とまあ、美大という微妙な業界から離れた職業についてますが、上述の仕事探し時期に 

「ムサビに払った500万近くの自分への投資を無駄にするつもり?」 

と思いまして、去年の5月位からアートや舞台関連の仕事を探しては応募するようにしてました。

去年は障がい者の子供たちとアーティストが一緒にものを作るワークショップの事務局のボランティアをしたり、これは現在進行形なのですが、
小劇場ででも舞台美術などが出来たらいいなあと考えて応募した劇団ZENROCKという劇団で座付きの舞台制作をやっています。

去年の8月の第2回公演から参画して今年の2月に行われた第3回公演の企画・制作、
現在は8月に中野で行われる第4回公演の制作業務に当たっています。
最初はサークル感覚ではじめた、「仕事の片手間の仕事」のつもりだったのですが、
今年の4月になんとなんとプロダクション化したので、
プロダクションの総務の仕事やらホームページの作成やらの仕事をこのゴールデンウィーク中に消化しなくては・・・・というのがいまの私の近況です。
物事って動くときは一気に動くんですねえ、とこないだの打ち合わせで主宰と喋ってました。

あとは、5月半ばからルーマニアで開催されるシビウ国際演劇祭(ヨーロッパ三大演劇祭の一つ)にボランティアスタッフとして派遣が決まっています。
約一ヶ月間ルーマニアに滞在します。 

こうやって一年過ごしてきて、『動かないと得られないんだなー』と実感してます。
得られるものって本当にたくさんあるんですけど、(経験とか、人脈とか、達成感とか、ギャラとか)
まあ世の中綺麗ごとだけではないので「ギャラの未払い」とか「契約不履行トンズラ」とか平和な世界で生きてきた私としては衝撃以外の何者でもない事も沢山ありました。
それも含めてしばらくしたら笑って流せるんですけど、なかなか難しいですね。
結構根に持つのでね。

  ・・・と、ここまで書いていたらなんだか
「就職出来なくてもフリーで何とかやっていける実例?」
と思われるかもしれないので一言。

世の中そんなに甘くないので、保身のためにいろいろと勉強しておいた方が良いですよ。 

フリーでやってくってのは仕事が出来て「当たり前」、社会的マナーもあって「当たり前」で話が進んでいくので作品だけ作っておけば良いなんて甘い考えは捨てましょう。

そして世間のみなさまは、アイデア料とかデザイン料とか作成ソフトの値段とか作業時間とかそう言う事を一切考えずに三分間クッキング的なノリで作品が出てくると思ってます。
当然、「え?ギャラ?何それ払うの?」みたいな態度取ってきます。というかこないだ取られました!(実話)
アート系って足下見られている事多いので、気をつけましょう。 

まあそんなギャラ支払われない事にイライラしてたりしている所も多い日々ではありますが、
概ね満足しています。
だって、私が選んだことですから。

とりあえず、今週休んで来週働いてルーマニア行ってきます。 

ではでは 

Lilac       

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

今回誰を最初に持ってくるかかなり迷ったんですが、Lilac さんにしました。
実は2時間前に届いたばかりなんだけど、「あ、この人にしよ!」と最後は即決(笑)
いろんな仕事観があることがわかってもらえるんじゃないかと。


ところでよく大学にも、
「墓地を経営してるんだけど、なんかスペースがあるんで、石彫置いてもいいっすよ。学生さんの作品の発表の場になるっしょ?なんなら先生の作品でもいいっすよ。私、いいことしてるでしょ?あ、ただ場所が場所なんで置いた後にこっちで審査させてもらうけど。NGのものは持って帰ってもらうってことで★」
みたいな電話や、
「鉄道会社なんだけど、駅のホームが寂しいんで、学生さんの絵でも飾ってもらいたいんだけど。え?作品の方向性?私、美術に詳しくないんで、いい感じにやってもらえれば適当で。油絵でもイラストでも彫刻でも」
な電話がよくかかってきます。
はい、ほんとによく。
法人企画室にも月に2回ぐらいかかってきます。
どうやら他の美大さんも同じみたいですね。


「えーと、運送費とかは?石彫設置って基礎を作ったりしなくちゃいけないんですけど」
「絵画系だと濡れないような処置が必要なんですけど。それと作品の監視とかは?」
と聞くと、
「え?お金いるの?(笑)」
「学生さんの作品って盗まれちゃ困るの?」
「企画書いるの?」
という反応。
困っちゃうのが依頼者は全く悪気がなく、善意での提案ってことなんですよね。
足元を見られてるというのともちょっと違う感じ。

もちろん、「その条件でもやります!」という学生さんはいると思うし、
学生さん側から「ボランティアでもいいので、そこに作品を設置したい!」と提案するのはいいことなんだけど、
「美大生に美術を学ばせる」ことが美大の使命であるとともに、
「一般の人に美術について考えてもらう」
のも私たちの仕事だと思ってます。
  

Comments:1

poncho 2012年4月30日 16:40

卒業生の、こういう話はとても興味深いです!
生活費を稼ぐと言うことも現実だし、でも、いつどこにどんなご縁があるのかわからない。
やっぱり現実に甘んじず常にアンテナ張ってるってことも大事なんでしょうね。
だからこそご縁をキャッチできるわけで。

手羽さんの「一般の人に美術について考えてもらう仕事」も、大いに頑張って欲しいです!

Home > 久しぶりシリーズ > 久しぶりに日記を書いてもらおう56 -Lilacさん編-

Return to page top