Home > 卒業・修了制作展 > | 徒然ムサビ > ムサビ卒展2012まとめ2 -ゴミの話(お題あり)-

ムサビ卒展2012まとめ2 -ゴミの話(お題あり)-

今年のムサビ卒展話はこれを最後にします(笑)
でも、ある意味今日のブログは問題作かも。。
 
 

昨日ちょっと書きかけたんだけど、長くなったので切り離しました。
それは、ムサビ日記で勃発してる(笑)卒展後のゴミ問題
ムサビ日記・卜部::見届けよう
ムサビ日記・からあげ::ソツテン終わりましたね


「ムサビのゴミ置き場のおっさん」ツイートも流れてたりしますが(笑)、
まずあまり聞きたくないだろう、おっさんの妖精の昔話を。

手羽が学生の頃は、卒展で大型作品・屋外作品を作るのは彫刻か工デぐらいしかなく、
卒制で初めて大きな作品を作る
って人が皆無だったのね。
デザイン系はパネル展示とモックアップや小さな実物のみ。
油絵や日本画は平面作品のみ。
今の学生さんには信じられないかもしれませんが、全体がそんな感じだったんです。

彫刻や工デ・クラフトだと、縦のつながりがあるし、素材のストック場があります。
使えそうな木材や鉄板なんかは後輩のために残したり、
グラインダーとかインパクトドライバー等道具類は工房の後輩にあげたり格安で売ったり。
(手羽も卒業する時にグラインダーとか全部後輩にあげたw)
でもその他のデザイン系学科だと、そこまで縦のつながりもなく、せいぜいサークルの後輩ぐらいかな。
素材ストック場もないので、使ったものはすべてゴミになってしまう可能性が高くなる、と。

彫刻や工デだと、展示が終わった後にどうなるか推測できてたし、ゴミとなるものもそんなになかった。
デザイン系学科のパネルも、水張りかアルミレフレームを使ってたんで、
スチレンパネルを使うことはほとんどなかった。
そもそも文字は写植で一文字一文字張り付けてたから、
「展示終わってパネルを捨てる」っていう発想自体なかったのです(笑)
壁は大学支給のダサい有孔パネルしか使ってなかった。

でも今は、どの学科の学生さんも大きなものを作るようになって、
プリンター出力したものをスチレンボードに張り付け、
自分たちで壁を作るようになってきて。
人に見てもらう意識」「ある程度のものは自分で作れる技術」が昔より強くなった現れであり、
いい方向といえばいい方向なんだけど、
そういうこともゴミ問題が目立つようになったことと少なからず関係してるかもしれません。

施設的な変化もあります。
以前は学内焼却場でガンガン燃やせたんだけど、それができなくなったので
ゴミは一時的にたまる一方。
焼却場時代でさえ芸祭・卒展後は山ができてたんで、今は尚更。
先ほど書いた要因変化があるのに、大学側の対応が私が学生の頃とほとんど同じなのも・・ちょっとね。 


ファインアートの人間からすると、
芸祭・卒展後に出た廃材の山は作品や作業に使えるので、宝の山だったりします。
手羽も3年生以降は垂木とかほとんど買った記憶がないし、
拾った壊れた家具を修理して工房や家で使ったり平気でしてましたもん。
あんたらはゴミと思ってるかもしれないけど、うちらには宝。とりあえず置いといて。選別するから
と、いわゆる部屋が片付かない人の発想がファインであり、
廃材・粗大ごみをありがたく思ってるのがファインのいいところであり、悪いところ(笑)
そして・・・・これは書くかどうか迷ったんだけど・・・
展示後の作品をゴミにする美学」というものが作家にはやはりあり、
実は・・・私はこれがわからなくもなく・・・でも、わからない人の方が多いかも・・。
 

ただ、物々交換所がある7号館を使ってる研究室・学生さんからすれば、物々交換所の現状を
ひどい。無責任なやつが多すぎる
と思うのは当然な話。


大学側の視点で書くと、物々交換所は学生さんが始めた企画(アート活動)。
学生さんが

物々交換所は清掃のおじさんおばさんによって綺麗に管理されてるわけだから

とつぶやいてたけど、違う違う。管理なんかしてません。
あまりにもみっともないので(場合によっては危険なので)、
清掃さんが仕事抜きで整理してくれてるだけなんです。

「だったら、大学公認でやればいい」
「問題になってるなら無くせばいいじゃん!」

という考え方もありますね。
なんか、何も情報を調べずに「ムサビ、まじ使えね!」とtwitterでつぶやいてる人みたいで
ちょっと残念な気はするけど。

「需要と供給が全然一致しない芸祭・卒展の時期は物々交換所を閉鎖すれば?」
という考え方もあるはず。
「公共系」だとおそらくこの対応をするかな?
人の混雑が予想される時は、あえてその期間一方通行にして、不便にはなるけど流れを優先する考え。


でもちょっと待てよ、と。
物々交換所」って名前なんだから、
自分の欲しいものといらないものを交換する場」がコンセプトなのでは?
「交換」であればモノがめちゃくちゃ増えることはないんじゃないの?
そもそも「いらないモノを置いていくだけ」ってのはルール違反じゃないの?
 

 
・・・と思う人も多いでしょうが、物々交換所の発案者さんは
必ずしも代わりのものを置く必要ない
としてるんです。
確かに「交換」って敷居が高いんで、サイクルを回すにはそうするしかないと思います。
全然ものが回らない物々交換所なんて意味がないし。

でも、作者の方はこうも言ってます。

物々交換所の前を通る時、「これはどう見ても貰い手が付かないだろう」ってものを1個ごみ箱に分別してもらえるだけで交換所の鮮度が保たれます!

関野ゼミだった作者はとっくにムサビを卒業しています。
大学が介入するのは簡単なんだけど、物々交換所の問題は
できれば学生さんたちで解決してくれたらいいなーと思ってるんだけど
これは甘い考えかな?
それとも「ゴミを出すな」と高校生みたいな指導をした方がいいのかしら。 
 

ポイントは
●7号館下の大学非公認の物々交換所に「ゴミ」をおくな。大学公認のゴミ捨て場じゃないんだから。
●ゴミかどうかの判断は確かに難しい。でも置くならせめて美大生らしくきれいにおこうよ。
●廃材を出すなら、せめて再利用もしくは処理しやすい状態にしない?
●選別した人もその後の人のことを考えようよ
●作品作る時に、終わった後のことも考えておこうね
あたりなのかな、と思ってます。 
学生さんによっては、12月ぐらいから
「卒展用に買った●●が終わった後あまるので、△円で欲しい人いませんか?」
と張り紙募集してる人いますよね。

 

手羽はFRPという再利用できない素材を学生時代使ってたので、
卒展後の粗大ゴミ・産業廃棄物に関しては大きな顔はできません・・・。
「エコじゃないものは美術としても悪」という考えは・・・素直に「そうですね」とは言えず・・・ごめんなさい。

他の美大さんはどうしてるんだろう・・・・。
というわけで、美大日記限定で久しぶりにお題です。
「各大学の展覧会後のゴミ問題・ゴミ対応の現状を教えてください!!!」



てな感じで、今年のムサビ学内卒展話はおしまい!
 

以上、昨日専修大学神田キャンパスへ出張した時に、
543787_455993344466410_1131377998_n.jpg
「学内に浮浪者対策用ベンチがあるのは都心型キャンパスの特徴かもなあ」と感じた手羽がお送りいたしました。 

Home > 卒業・修了制作展 > | 徒然ムサビ > ムサビ卒展2012まとめ2 -ゴミの話(お題あり)-

Return to page top