Home > 徒然ムサビ > | 徒然手羽話 > | 徒然美大 > | 美大日記関連 > ファイナルコメント紹介します2

ファイナルコメント紹介します2

ファイナルプレゼント企画でいただいたコメントを紹介しています。

前回はこちら。
ファイナルコメント紹介します1

コメントを紹介しつつ、いろいろ盛り込んでますんで、長くなってすいません。
コメント紹介は1回で終わらす予定だったんだけど、予想以上に集まったもんで・・・。
 

2日目の最初は「『うなちゃん』の父さん」からのメールを。
お母様方達がよくお読みになってるのはわかってたんですが、お父様まで。
ありがとうございます!

娘が、4月より貴校にお世話になります。
今年1月に美大日記を初めて拝見し、「美大を目指す者にとってこんな役立つHPに、何で今まで気がつかなかったのだろう」と悔やみました。
進学相談会とか卒展とか全然利用していないし、美大を目指すライバルから娘は一歩も二歩も遅れているのではと感じてしまいました。
しかし、どうにかこうにか試験をクリアしお世話になることができ、ホッとしました。

手羽さんの日記を読み、娘のためにいろいろ情報収集し、娘に「ムサビ関係者の方が作っている役立つHPがあるから良く見るように!」とか、入学が決まってからは「手羽さんが入学式の服装は・・・って言っているよ」とか言っていても自分が話す内容で満足し、自分以上に見ようともしません。
というか、自分が我が事のように毎日見ています。(オイオイ!)

というのも、実は年甲斐もなくハンター×ハンターが愛読書(漫画)なもので、手羽さんが以前書いた「ムサビ合格発表 合格された方へ」を見たとき、テンション上がりました。
娘もハンター×ハンターが好きなので、自分も娘に「大学受験は合格してからが勝負」とか「本番の試験では
作品にオーラを纏うぐらい真剣に描くように」みたいなことを笑いながら言っていました。

本当に3月で終わってしまうんですか?なんか寂しいですね~。
知ってまだ、3ヵ月ですよ。別のカタチで続いてくれるとありがたいです。
もし、続くのなら、「武蔵野美術大学」の「受験生の方へ」のページにすぐ「ムサビ日記」があるといいですね。(そこから更に「大学紹介」「キャンパスライフ」に進んだことはありませんでした。注意力不足ですみません)

4月3日の入学式は、娘と妻にくっついて会社休んで見に行きます。今まで子どもの入学式や卒業式は妻にまかせっきりで全然参加したことが
ありませんでしたが、今回は、非常に楽しそうな入学式なので初めて参加します。(花粉症がひどいのにも関わらず・・・)
それと歌を家族で楽しみにしています。
 

ハンターネタは手羽ブログの要です(笑)
個人的にはハンターネタならこっちの方が好きなんだけど。
漫画から美大を考える1
漫画から美大を考える2

入学式は「楽しい」という感じではないかも。
卒業式で一番おもしろいのは卒業証書授与シーンなんで(笑)、それが入学式ではありませんから。
ただ、校長先生と市のお偉いさんが1時間ぐらいしゃべるような、ただ長いだけのよくある入学式ではなく、
「演出をすべて学内関係者でやってる。これが美大の入学式」というものはお見せできると思います。
ぜひお父様もムサビ入学式を体験していただき、
「ああ。大変な大学に入れてしまった・・・」と後悔してください。
後悔というか、「これが美大の基準」というものを感じていただければ。
そして手羽の歌声に酔いしれていただければ。

あ、卒業式校歌の感想をいろんな方からいただきましたよ。

照明が手羽さんだけあたってなかった。

いいんです。オーラが出てるから!(キリッ)

手羽さん、もっと前に出ようよ

いいんです。顔がでかいから!(キリッ)

手羽さんが緊張でクネクネしまくってた。

いいんです。自分でも緊張しまくってるのわかってましたから!(キリッ)

手羽さんがクネクネしてて気持ち悪かった

いいんです。「お、クネクネが高速すぎて、残像で手羽が二人に見えるんじゃね?肢曲?」と思ってましたから(キリッ)

手羽さんってホントにクネクネし

いいんです。「テクネ展」を「クネクネ展」と空目しちゃうぐらい、クネクネと共に生きる覚悟した男ですから!(キリッ)

手羽さんのクネク
 

クネクネばかり見てないで、歌を聞けええええええええ。

 

・・・こほん。

次はスーザンさん。

今年高校を卒業した娘がムサビ希望を表明したときから手羽さんのブログを読ませていただいています。

推薦がだめで、受験も補欠、ずっとハラハラが続きましたがやっと繰り上げ合格で4月から晴れてムサビ大学一年生。
その間親にとっては手羽さんのブログが心強い支えでした。ムサビの「中」も少し見えてまた手羽さんの人柄も読みとれました。これから娘が一人で入っていく世界をのぞきこむことができて納得です。

どんな組織でも良い面悪い面はあるかと思います。ムサビも例外ではないでしょう。
しかし、人と人のきずながあればどんな波風でも耐えられるはず。
手羽さんがブログを通して見せてくれたムサビの世界、またムサビが入っている日本の美大の世界は元気で、そして人間くさい世界でとても魅力的に感じました。
娘がムサビの環境でどのように成長するか楽しみです。

ブログがなくなるのはとても残念です。毎朝、新聞より先に読んでいました。場所や形が変わってもぜひ続けてほしいものです。
 

おっ。ようやくムサビ合格者が(笑)
よかった。おめでとうございます!

「どんな組織でも良い面悪い面はあるかと思います。ムサビも例外ではないでしょう。」
ってなんて意味深なコメント(笑)

はい。そうですね(きっぱり)

いいところもいっぱいあるし、悪いところもいっぱいあります。
人間と同じです。
ただ、一貫した私のブログのテーマでもあるんですが、
「ポジティブに解釈するのも悪くないよ。そしてポジティブ変換能力が高いのがムサビ生でしょ?」
というのがありまして。

この10年に渡った日記プロジェクトがまさにそうです。

ムサビ日記を立ち上げるまでの経緯はこちらをご覧ください。
●ムサビコムクロニクル - 1 -
●ムサビコムクロニクル - 2 -

今まではっきりと書かなかったけど、
「学生が自由に発言できない大学ってどうなのよ?」
という考え方が本当はあるんです。
大学公式で学生が自由に書けるブログ(日記サイト)を作りゃいい話で、
「学生が変なことを書いたら大学に苦情がきそう。責任取れない」
な理由でそれはやめたのね。
考えようによっては、これって「古臭い考え方」。
公式に学生ブログをやってる大学さんもいくつかあるのに、なんでムサビはできないのか?

でも、「だから作れない」ではなく、逆に「大学黙認のアングラサイト」を売りにしたのがムサビ日記です。
ネガティブ要素を理由に手羽自腹企画にしたんだけど、
「このサイトを大学黙認してるムサビってすごい」と解釈が生まれ、
他大学関係者も含め、いろんな方がムサビ日記をご覧になるようになった、と。
大学公式のブログサイトだったら、ここまで注目されたか?
こんな読み物として面白いサイトに育っただろうか?
つまり、そういうことっす。


「日本の美大の世界は元気で」ということだと、昨日こういう記事が出てました。
芸文「神山アーツプロジェクト」に参加したムサビ生の一言が地域を変えた、という話。
四国見聞録:徳島・神山棚田の菜の花 春薫る「黄色いじゅうたん」 見物客集い、ウオークも /毎日新聞

 


こちらも今年入学される方から。

はじめまして。4月からムサビの油絵学科に入学する者です。
 私は一浪しているのですが、美大日記・ムサビ日記を知ったのは高2か高3の時だったと思います。
はじめは手羽さんの日記をときどき拝見していました。
内容が面白かったので、読み物として好きで読んでいました。
家でも手羽さんがこんなことを書いていたというのを話しているので、勝手ながら親近感をいだいております。他のメンバーの方の日記も拝見するようになったのは、最近のことです。
受験が近づいてきて辛いときは、みなさんの受験生時代のお話を自分に重ね合わせて読んでいました。
個人的には美大日記のオコジョさんが同い年で、「試験監督の方がカタコトの日本語だった」というのを見て「え、同じ部屋だった?」と思いました。
ファインというと芸大を必ず勧められますが、ムサビにもすごく惹かれていたところも同じだなと思いました。
今は毎日みなさんの日記を拝見しています。

 私は2010年の芸祭「逸彩楽祭」がきっかけでムサビに心を奪われました。
入り口からとても凝っていて感動しました。
そして何より学生さんが楽しそうで、ムサビの空気がとても気に入りました。
その後もオープンキャンパスなどに足を運びましたが、どんどん親しみが湧いてきました。
美術系高校でムサビ出身の先生もいらっしゃるので、そういう意味でも親近感はあったと思います。
ムサビへの思いは浪人しても変わらず、こうしてムサビ生になれることがとても嬉しいです。

 ムサビ日記は合格したら買おうと思っていたのですが、もうあまり在庫がないのですね。
ムサビグッズを買って落ちたらシャレにならないので、いままでシールしか買えませんでした。
憧れていたムサビの中でどんな先輩が、なにを思い、どういう日常を送られていたのかとても気になります。
実際に年の近い学生さんが、高いモチベーションをもって日々を過ごされているのを見ると、とても刺激になります。
それにリアリティーがあって面白いです。

 ペロリさんが書かれていましたが、ムサビ日記の第2弾を作るご予定はあるのでしょうか。
お忙しい中で本を作ることはとても大変だと思いますが、もし出版されることがありましたらぜひ買わせていただきたいと思います。
10年間おつかれさまでした。

メンバーには2年前のムサビ日記オフ会で話したんだけど、
実は第2弾のお誘いがなかったわけではありません(笑)
日記10年目記念にドーンと出したい気持ちもあって。
でも、今は「読み物」として成立させるのは厳しいかなあと感じてて(そこは冷静です)、
作るなら誰かの日記を柱にするか、手羽ブログに日記メンバーが註を入れるとか、
小説版美大日記とか、いっそ電子版ムサビ日記とか・・あ、それってブログか・・
そういう形なのかなあ、と悩んでて今に至ります。
 

コメント紹介最後はレビットさんからのメールを。

いただけるものならば本をいただきたいですが、私のこのメールの趣旨は

 「新規更新なしでもイイからせめて3月末までのムサビ日記を継続して見られるようにして欲しいッ」

理由は4月3日に貴校の学生証をもらう娘に折々読ませたいから。
マンガはまだ読んでいませんが、プロ級の書き味のキュッキュポンの文章にちりばめられた学園生活の泣き笑いや、他のメンバーの、自由な就学環境で進路に悩む正直な気持ちの吐露などなど共感が一杯詰まっていると思います。

いつまでかは決めてませんが、しばらくは読める状態にしておこうと思ってますのでご安心を。
せっかくの貴重な美大生アーカイブなので。
著作権は放棄しませんが、コピペしてもらって結構です。



さ。日記もあと3日。
こうやって毎朝3時に起きてブログを書く生活もあと3日 (笑)

 

Home > 徒然ムサビ > | 徒然手羽話 > | 徒然美大 > | 美大日記関連 > ファイナルコメント紹介します2

Return to page top