Home > 徒然手羽話 > ラスト前エントリー - ブログを休止する理由 -

ラスト前エントリー - ブログを休止する理由 -

ムサビの手羽は星になりま・・・あ、この手を使うと真実味がなくなるからやめよう(笑)

今日ふたつめのエントリー
ラスト前エントリーってことで、あともうひとつ書く予定っす。


インターンシップ演習で話すようになってから、学生さんに声をかけられることがすごく増えました。
4年やってるんで、最初にやった学生さんももう4年だしね(留年してなければ)。
特にこの1年はすさまじかったです。
全部は書かなかったけど、六本木アートナイト2013の時もボケーとパフォーマンスを見てたら、
「あのー、手羽さんですよね?」と学生さんらしき人に声をかけられ、
人の顔と名前を覚えるのが超苦手な手羽は
「えーと・・・・・誰さん?」と聞き返すと、
「映像の学生です。知らないと思いますが声をかけてみました。ボク、ムサビ日記読んでムサビ入ったんです」
なんてやり取りがあったり。
ムサビ日記ライターは140名と書きましたが、
「ムサビ日記を読んでムサビに入った」
人が手羽が思ってる以上に多い。
だったらもっとムサビ日記が売れてもいいはずなんだけど(そこか)
他美大さんをこっそり歩いてる時も声をかけられたことがあったし、
ムサビ生や他美大の学生さん、そしてムサビOBから企画の相談を受けることもありまして。
 

では、最後に「ブログを書いてきた理由」と「休止する理由」を書きますかね。
まず、ブログを休止する理由を。
 

一年前に書いたことがほとんどで、
区切りをつけるタイミングとしてはここがベストだと思ったからですが、
その時あえて書かなかったことを。

きっかけとしては、
2年前に「日記を更新してない人は、○月○日までに更新してください。じゃないと削除します」
とメールを送ったら、 締切日ギリギリに何人も更新し、またそれ以降更新しなくなったことがありました。
この時に
「あ。日記を書きたいんじゃなくて、『枠だけ確保する』って考え方が出来ちゃってるんだな」
と気が付いた時かな。
「この状態をなんとかするには、リセットするしかないのかも」
と初めて思ったのがその時。

「まだ需要があるから更新者少ないけど続けるべき。続けることに意義がある」
なんて本人が思った時は、延命治療はできなくないけど、ほとんどの場合は終わり時です。
無理やり続けたり余計なリニューアルして、先細りした企画やプロジェクトをたくさん見てきましたから。
少なくとも一度「区切り」が欲しいな、と。

リセットといえば、ムサビ日記はかなり古いシステムを使ってるんで、
これをなんとかしたかったんだけど、
これだけのエントリー数とユーザ数があると、なんかあった時に怖くて。
とても手羽ひとりでは復旧できない状態になってしまってたのも遠回しに関係してます。 

後は、ネベブタをそろそろ取ってあげないとね、という思いもありました(笑)
そりゃ広報の立場からしたら嫌な存在ですよ。
広報でもなんでもない人が学校の広報をしてるんですから。
今の学生さんは大学公式よりもtwttierやfacebookで情報を得てるから、
下手すると手羽の方が大学広報よりも情報が早かったりして。
「手羽さん、大学でリリースする前に言わないでもらえます?(怒)」と注意されたことも。
「だったら、自分でもっと情報を得ようよ。忙しいのはわかるけど卒展とか見に行った?」と思ったりもしましたが。


そして、一番大きいのは京都造形のマイクさんが書いてることとも関係します。
自分が思っていた以上に影響力あるメディアになってる
ことがわかったからです。

「いろんな人に声をかけられる」「ムサビ日記を読んでムサビに入ったと言われた」
というのは「いい面」であって、その一方で
いろんな人が読んでいる怖さ
も強くかんじるようになったのね。

タマビのY本イクオさんからこんなメールをもらいまして。
米山さんも「イクちゃん」と呼んでるタマビの重鎮です(笑)

私の周りでは、終わったからといって起きる時間は変わらない だろうともっぱらの噂です。

手羽さんも発言力が当時と比べると比較にならないで状況ですし、教職員に対する影響力も違いますから。
まあ、簡単には説明しきれないけど・・・

ただ言えるのは、「あんたはえらい」
 

どもありがとうございますw
書こうと思ってたことを先に言われてしまった(笑)

なんて書けばいいんだろ。もう少しつっこんだ書き方をするならば、
「行間を読まない(読めない)人が増えた」
「批判するのが前提で読んでる人がいる」
かな。

 


例えば最近の典型例だと、「リンクロウカンニング事件」というエントリーですね。
「自分の子供がカンニングしたことをブログに書くってどういうこと?」
という声がありまして。
でも、これ、ちゃんと行間を読んでもらえれば、
「考えてみりゃ2週間前の漢字テストを突然やらされて100点取れるわけない。
次の試験で100点を取って、リンクロウはカンニングしてなかったことを自分で立証してみせた。だから家族で泣いた」
と言ってるわけで、そんなふうに読み取る人がいるんだな、と。
もちろん手羽の文書能力不足もありますが、そこまではっきり書かないといけないもんなんだな、と。
また、桑沢卒展レポートで桑沢の学生さんが
「ボロボロに叩かれてるやん」
とつぶやいてるのがtwttierで流れてて。
このブログのどこにそんな要素があるのか、自分ではまだわからず・・・。
でもそう読める人がいるんだな、と。

そして、、「美大にいいことしか書かない」とか「影響力あるんだから悪口書かないで」とメールが届いたりね。
私は美大の人間だから、美大やムサビにとって悪いことを書くはずがありません。
批判めいたことも書いてますが、
よく読んでもらえれば次に発展してほしいという思いのが方が強く。
そんな当たり前のことを指摘されても困るわけで。
これらは、ちょうどCMで「CM上の演出です」と出るようになってきた時期とかぶります。
「そ、それ、言わないといけないわけ?」です。

これらのことを気にしだしたら何にも書けなくなるんで基本無視してやってきました。
でも、「気を付けて書かなくちゃ」という意識も強くなりすぎて、
自分の書いてるブログが、自分で読んでてもつまらないことが増えてきて。
昔は「自分のブログ最高!天才じゃね?」と一日に何度も読み直してたのに(笑)


なので、「やめる」ではなく「休止」と言ってるのは、
別にブログを書くモチベーションがなくなったわけでないので、
続ける気はあるんだけど、少なくとも今の形で続けるのはやめる、
でも「やめる」といってまた続けるのはかっこ悪いし・・・
てなところでの「休止宣言」です。
國學院大學の日常ブログさんからも

手羽さんのことですからまた何か別の発信をされることでしょう。

と言われてる通り、自分でもきっと別な形で皆さんとお会いできると思ってます。
何もしないかもしれないけど(笑)
 


ラストエントリーに続く 。

Comments:4

めぐりん 2013年3月31日 11:29

手羽さん、長い間お疲れさまでした。
手羽さんのブログは大きいです。
私は手羽さんのブログ読んで育てていただいた口ですし、そういう美大の職員って少ないくないと思われますよ。
ブログ復活の日を楽しみにしております。
ありがとうございました。

Anonymous 2013年3月31日 17:03

お疲れ様―。
祝10年マラソン達成!
ラストメッセージを楽しみにしてるよん。

uto 2013年3月31日 22:28

なんだかものすご~くウンウンと頷いてしまいました。
社会人になってから仕事で広報の仕事もやったのですが、公的な発信になればなるほど、どう見られているかどんどん気になってしまって。
一度そうなってしまうと、それに気づかなかった頃の文章はもう書けない。そういうもんなのかな?って思います。

私もムサビ日記やっていた頃は色々とご迷惑をお掛けしました。しょーもないライターだったと思います。スミマセン。
愛すべき母校の活動、お世話になった手羽さんの活動を今後とも楽しみにしております。

ここのこ 2013年4月 1日 00:18

ラストメッセージリアルタイムでがっちり受け取りたい!
ですが月曜未明はちとキツイかも。
10年間おつかれさまでした。
次のご活躍も期待しています。

Home > 徒然手羽話 > ラスト前エントリー - ブログを休止する理由 -

Return to page top