Home > 美大ビト紹介 > 映像系 Archive

映像系 Archive

                

男は2種類存在する。体育会系と文化系だ。

昨日は休みを取って、吉祥寺バウスシアターで「色即ぜねれいしょん」を見てきました。

映画『色即ぜねれいしょん』オフィシャルサイト

 

キレイで新しい新宿バルオ9で見ようか迷ったけど、この映画はぼろっちいバウスシアターの方が向いてると思って(笑)

 

もちろん原作は我らが先輩・みうらじゅん。
監督は映画「アイデン&ティティ」の監督もやってる田口トモロヲさんだし、その主役だった銀杏BOYZの峯田くんも出演してるし、リリーさんも出てます。
去年の8月、京都造形さんのオープンキャンパスに行った時、リリーさんが「ちょうど京都で映画の撮影やってて・・」と言ってましたが、この撮影だったんです。

あ。日曜日に放送された「ボクらの時代」を見た人、いるかしら。
この日はみうらさんとリリーさんとタカミーことTHE ALFEEの高見沢さんの3人で、タイトルが「ロングヘアー -ロックと仏像と、時々、下ネタ-」。
これがね。最高に面白かったんよ。
途中から録画したけど、再放送やってほしいなあ・・・。


 

で、「色即ぜねれいしょん」では、こんなキーワードが出てきます。

「体育会系と文化系」。


今流行の言葉で書くならば、「肉食系と草食系」ですね。

男子高校生がテーマの映画の場合、ほとんどの主人公が体育会系なんです。
野球部だったり、水泳部だったり、陸上部だったり、バレー部だったり。
(あ、おっぱいバレーは中学生だっけ)

また、みうらさんのくくりでは「ヤンキー」も体育会系なのね。
おもいっきり、ヤンキー高校生が野球をやるドラマが最近ヒットしたでしょ?(笑)
上下関係が尊重され、優劣をつけることが重要と思われてる世界が体育会系なのです。
そこに「(わかりやすい)闘い」「友情・努力・勝利」が発生するので。

一方、文化系高校生が主人公の映画ってほとんどありません。
割合としては文化系の方が多いはずなのに。
そんなの、想像すりゃわかりますよ。
どう考えたって、文化系じゃ映画の盛り上がりに欠けるもん(笑)

 

で、この映画はそんな文化系男子が主人公の映画なのです。

 

映画が終わって頭の中がみうらじゅんモードに。
どうしてもみうらじゅんの本が読みたくなって、ブックスルーエでこんな本を買いました。

続きを読む ≫
  • Comments (Close): 1
  • TrackBack (Close): 0
1


Index of all entries

Home > 美大ビト紹介 > 映像系 Archive

Return to page top