清里合同合宿、前回までのあらすじはこちら。
日記合同合宿in清里 その1
日記合同合宿in清里 その2
日記合同合宿in清里 その3
日記合同合宿in清里 その4
日記合同合宿in清里 その5
日記合同合宿in清里 その6-清里寮バーベキュー豆知識-
日記合同合宿in清里 その7

-------------

いよいよ、美大日記・ムサビ日記合同合宿のメインイベントである夜の討論会(飲み会)。

「手羽さん、今回の合宿は何のための合宿なんですか?」と何人かに聞かれたけど、
合宿といえば、強化合宿に決まってるでしょ!!

そんなの質問する方がおかしい!
そして、子どもじゃないんだから目標なんてものは自分で決めるもの!
何のための合宿かは各自が考えればいいのにさ!プンスカ!

 

ま、何を強化するのかは考えてなかったけどね★

「合宿によって、手羽のクネクネ具合が強化された」という噂もありますが、あくまでも噂です。


第1部用に作っておいた討論会用テーマはここでは出さず、フリートークってことで。

きゅっきゅぽんの変態話、米山さんとオトギさんの宗教論バトルから、
自然と各大学の話、各美大の悪口、美術・デザインの話になり、
びち子さんも書いてる
震災の前では美術は無力なんじゃないか?」
というディープな話に。


これは書きだすとすんごく長くなっちゃうんだけど、
スタンスの違いはやはり「被災地を見たかどうか」ってのも大きいかもしれません。
「見てない人間が悪い」「見てない人間は語っちゃいけないのか?」という話ではなく、
「あの現状を見てしまった以上は・・」という気持ちにどうしてもなる、というか。

手羽は震災から1年以上たって、しかもすんごく短い時間だったけど被災地を見ました。
地域フォーラムin東北レポート3
それでもやはり衝撃的な出来事でした。

上記ブログでも書いたけど、「美術はなんて無力なんだろう」なんてことは思いつかず、
「この世界を自分の子どもと共有したい」という感情が先走ったぐらいの衝撃でした。
理性や知識をはぎ取られた、まさに「人類」としての感情。
「人は無力なんだ」と。
「1年以上たって、この状況なのか・・」という驚きももちろんあったけど。


そんな世界で、はたして美術・デザインの役割はあるのか。
恐らく、「モノヅクリ」ではなく「モノツクリの発想」には需要があるだろうなー、
と東京に帰ってきて、しばらく時間がたってからの今のところの私の結論です。

地域フォーラムin東北レポート4で紹介した東北芸工の宮本さんを中心とした様々な活動も、
「モノヅクリ」というより「モノヅクリの発想」がほとんど。
上記に書いてる、「震災以降に見えてきたアート&デザインの4つの役割」がまさにそうですね。
また、中島信也さんがおっしゃってた「かの地を想像できる能力」も然り。
モノを作るだけではない。
ただ。
「企画を考える」「アイデアを出す」だけなら、美術やデザインである必要はないわけで。
そこに「モノヅクリをしてる人間の発想力・表現力」そして「アウトプットできる能力」がからむと、
もっといい世界になるはず・・・と信じたい。
うん、今は「美術は必要なんです!」とも「美術は無力です!」とも「「モノヅクリは偉い!」ともいえない。
「信じたい」としか言えない。
なので、米山さんやzoominさんが語ってた「自分を信じないでどうする!」てのにも納得してまして。


もちろんこの後は、美大関係者なら誰もがイメージできる
 391260_348467545231952_2003.jpg
夜中の米山トークがさく裂。
夜中らしく、京都ホモ二人旅の全貌も語られるのであった。
 



555516_107300036083853_1956.jpg
 
そして高橋さんはラッコのように眠るのであった・・・。
よくこんな段差があるところで眠れるな・・・。

ただ、ドライバーは寝るのも仕事のうちでして、手羽も2時半には別室で就寝。
絶対このまま寝たら、大学生のノリのこいつらにマジックで顔に落書きとかされそうだったので。
(あ、大学生か)

その後はびち子さんによる、周りがドン引きするようなエロトークが午前4時半ぐらいまで展開され、
オトギさんときゅっきゅが真剣に聞いていたと、報告を受けております・・・・。
 

以上、清里合宿初日レポートはこれにて終了!
ええ。初日レポートです・・・。