Home > MAUデザイン・ラウンジ Archive

MAUデザイン・ラウンジ Archive

                

今日から3月。そしてテクネ展

うほ。今日から3月。
とうとう日記ファイナルイヤーのファイナル月に入ってしまった。
はい。3月31日にムサビ日記・美大日記は休止するんです
日記メンバーの皆さんもボチボチまとめに入りだしてくださいな。
OBに書いてもらおうと思ってたけど、もうその時間ないな・・・。

 

今日からデザインハブではこの展示が始まります。

東京ミッドタウン・デザインハブ第38回企画展
「テクネ 映像の教室」展

会 期:3月1日(金)〜3月31日(日) 11:00〜19:00会期中無休
    ※3月23日(土) は、「六本木アートナイト 2013」開催に伴い、
     21:00まで開館延長。
入場料:無料
会 場:東京ミッドタウン・デザインハブ(ミッドタウン・タワー5F)
主 催:東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営:公益財団法人日本デザイン振興会
協 力:NHKエデュケーショナル、PARTY

●関連イベント1(会場イベント):
マチルダ先輩の服をデザインしよう!
デザインハブの会場ではアーティストの井上涼さんによる作品「マチルダ先輩」の服のデザインを募集
・イラスト募集期間:3月1日(金)から3月23日(土)まで
・ファッションショー投影期間:3月25日(月)から3月31日(日)まで
 ※会期終了後はウェブサイトでもご覧いただけます。

●関連イベント2(ワークショップ):
こまどりアニメ研究所
テクネ参加アーティストの岡本将徳さんによるコマ撮り体験ワークショップ。
・日 時:3月17日(日)13:00-17:00
・会 場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
    (東京ミッドタウン・デザインハブ内)
・参加費:無料
・ 事前申込不要
・ 所要時間は5分程度

●関連イベント3(ワークショップ):
みんなのイラストでマチルダ先輩ファッションショー
「マチルダ先輩」のファッションショーをつくるワークショップ。
日 時:3月24日(日)16:00-18:00
会 場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
    (東京ミッドタウン・デザインハブ内)
参加費:無料
定 員:10名

関連イベント申込方法等詳細についてはこちらをご覧ください

 

実は「デザインあ」だけでなく、「テクネ映像の教室」も2012年度グッドデザイン賞を受賞してるんです。
21_21がデザインあ展だから、こっちはテクネじゃ!」というノリではない・・・と思いますw


個人的にはテクネ展よりも、
この3月で終わってしまう「みんなであそぼ」展でワクワクさんとワークショップか、
「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」展で「まいんちゃんと一緒にダンスをおどろ!」ワークショップの方が良かったけど。

デザインハブといえば・・・・あ、これは後日書きます。

 

続きを読む ≫
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

PROVOKE デザイン・インフォマティクス・フォーラム2012終了しました

美大日記・ムサビ日記在学生メンバーに業務連絡:
例の件で最終確認メールを送っています。ご確認ください。


昨日は新宿サテライトで理事会。
その後六本木に行き、デザイン情報学科主催のデザイン・インフォマティクス・フォーラム2012に参加してきました。

最終回はパネリストに富士通デザイン 代表取締役社長の加藤公敬さん、日産自動車・グローバルデザイン本部部長の牧野克己さん、ヤマハ・デザイン研究所所長の川田学さんをお迎えしてのフォーラム。

 rK6Ah.jpg

ありがたいことに満員!!!

フォーラムを聞きながら、気が付いたんだけど、
手羽が一番最初に買ったWindowsマシンはFUJITSUだし、
一番最初に買った国産車はNISSANのTIIDAだし、
一番最初に買ったキーボードはYAMAHAのデジタルキーボードなんですよ。
「まさか手羽のためにこのメンバーを・・。井口先生はそこまで考えてこの人選を(涙)」
と、いつもの勘違い発言をしてみる。


私が面白かったのは、YAMAHAの川田さんの話ですね。
日産の競合他社はTOYOTAさんだったり、フェラーリだったりするわけですが、
YAMAHAは楽器によって違う。
ドラムだとTAMAだったり、ピアノだとスタインウェイだったり、バイオリンだと・・てな具合に。
こういう業界も珍しいですよね。
しかも、21名のデザイナーで年間300アイテムをこなしてるそうでっせ。
川田さんのおっしゃってた
「デザイナーはプレイヤー(演奏者)の視点も、オーディエンス(観客)の視点も必要」
という言葉はいろんな意味にあてはまるし、
「いい製品といい商品は違う。ただ、購入者からすれば製品か商品かはどっちでもよくて、あくまでも道具」
は以前紹介した「レビットのねじの穴」と関連付けられる。

YAMAHAさんは2010年に銀座でPlease Please Me展を開催されています。
ヤマハデザイン展『Please Please me』


うまく製品・商品・道具・作品が融合してるものばかり。
これ、またやってほしいなあ・・・。

感じる時間軸・思考軸がなんとなく美大・・・アート的で、やはり芸術の世界ってつながる部分があるなあ、と。
川田さんのお話をもっと聞きたかったです。
 

 

続きを読む ≫
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

クリエイティブインダストリー

月1回開催してきたこのシリーズも本日がいよいよ最終回!

デザイン・インフォマティクス・フォーラム 2012 [ PROVOKE_03 : Innovative Administration ]
Innovative Administration-クリエイティブインダストリーのイノベーションにデザインをどう機能させるか。新しいマネジメント思想とその方途を展望します—』

●日時:7月18日(水) 18:30-20:30
●会場:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
●パネリスト:
  加藤公敬 氏(富士通デザイン・代表取締役社長)
  牧野克己 氏(日産自動車・グローバルデザイン本部 部長)
  川田 学 氏(ヤマハ・デザイン研究所 所長)
●モデレータ:
  井口博美 (デザイン情報学科 教授)

というわけで、パネリストが富士通デザイン代表取締役社長、日産のグローバルデザイン本部長、ヤマハ・デザイン研究所長となかなかすごいメンツなんです。
この大企業のデザイン部署トップの人に声をかけられるのは井口先生しか確かにいないかも。
まさにトップデザインフォーラム(笑)
有名デザイナーよりも本当はこういう人の話を聞くべきなんだけど、
学生さんはそこんところわかってくれるかしら?


そうそう。
大企業さんといえば忘れられない話がありまして。

 

続きを読む ≫
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

「ブログの力」と「SNSの力」3・・・とお題あり

ブログとSNSはどっちがいいのか?」「それぞれの強みと弱みという話を書いてます。

前回までの話はこちら。
「ブログの力」と「SNSの力」1

「ブログの力」と「SNSの力」2

 

では、実践編です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジでの最初のイベントとして、
デザイン情報学科教員陣が中心となった全4回の公開セミナーが開催されます。

PROVOKE デザイン・インフォマティックス・フォーラム 2012

その1発目が来週4月18日(水)に開催されるのだけど、なんとそのゲストは
タマビ情報デザイン学科の須永教授なのです。

PROVOKE_00 : Design×Informatics
・日時:平成24年4月18日(水) 18:30~20:30
・場所:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
・定員:40名(先着順)

<イントロダクション>
■スピーチ 「DIフォーラム −連続討議PROVOKE、その趣旨と期待−」
 長澤忠徳 (武蔵野美術大学 デザイン情報学科 主任教授)

<ディスカッション>
■パネリスト:
 須永剛司 (多摩美術大学 情報デザイン学科 教授)
 今泉 洋 (武蔵野美術大学 デザイン情報学科 教授)
■モデレータ:
 森山明子 (武蔵野美術大学 デザイン情報学科 教授)
 

うちの学生さんや教員(笑)でも、「ムサビの情デは」と言ってるのを時々聞くけど、
タマビは「情デ」で、ムサビは「デ情」なのです!
間違えやすいけどっ!
共に約10年前に「デザイン」「情報」というキーワードをつけて開設された学科で、
何かと最初は比較されていた両学科ですが、最近は違いがはっきりしてきたように感じますね。

たまたま何かのイベントでそろうことはあっても、
「学科主催の公開セミナー」に両学科の教員が「デ情」「情デ」を語るために集まるのは初めて。
これを企画するムサビ・デ情もすごいし、これに参加していただけるタマビ・情デもすごい。
ムサタマトークぐらいすごい(結局自分の自慢)

もちろん、「デ情×情デ」の熱いバトルも期待したいし、
両学科のこれまでの活動、そしてどのような問題意識を持ち、どのような方向に進もうと思ってるのか。
そのあたりの話も聞けるはず。
これは聞くしかない!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・

という話があったとします。
いや、あるんですが。

この情報をどのソーシャルメディアに流すといいのか?

 

「拡散性」「速報性」であれば、今はやはりtwitterでしょう。
「RT希望」とつけて流せば、興味のある人は反応してくれるはず。
「デザイン・ラウンジ開設」というニュースは結構RTされました。
(ありがとうございます!)

ただ、基本的には「友達」向けの情報になってしまうし、
よほど興味が沸くような話題じゃなければスルーされます(笑)
また、文字数制限があるので、上記情報をtwitterで流そうとすると

【RT希望】PROVOKE デザイン・インフォマティックス・フォーラム http://bit.ly/HMHItb デ情主催のデザイン・ラウンジ連続フォーラム。4月18日(水)一発目のゲストはなんと、タマビ情報デザイン学​科・須永教授。みんな来てね!
 

と書くのが精いっぱい。
自分らしさを一番だせる後半部分の「想い」部分や「補足」部分を外すしかないのね。
連投すれば別だし、文書能力の高い人なら、
もう1ツイートぐらいでみんなに「行きたい!」と思えるようなつぶやきは書けるかもしれないけど。

facebookは文字数縛りがないけど、拡散させるにはまだ利用者が少ないような気がしてて。
また、「メモ」を載せる分にはいいけど、「読みやすい文章」を載せるにはまだこなれてないような。
文字組・文字装飾ができないから、読みにくい場合が多い。
そして、社交辞令の「いいね!」をクリックされて終わりのような気も(笑)
誕生日の人にとりあえず「おめでとう!」と社交辞令メッセージを送るような感じで。

速報性・拡散性はSNSほどではないけど、
「想い」部分を熱く語れる、「読み物」はブログが一番やりやすい。

なので、「どのソーシャルネットメディアに情報を流すか」という議論よりも、
それぞれの特徴を生かして情報を流せばいいんじゃないの?
というのが私の結論です。


「今はtwitterの時代だ!ブログなんて古い!」って言ってる人をみてると、
「この人、わかってないなあ・・・どうせそんな人はみんなが持ってるからとiPhoneを買っちゃった人なんだろうなあ」と思ったり。

そして、メディアが増えた分、広報って大変だろうなあ・・・と他人事のように(笑)

 

続きを読む ≫
  • Comments (Close): 1
  • TrackBack (Close): 1

本日六本木アートナイト2012! #RAN2012

オールナイトの六本木アートナイトはいよいよ本日です。
昼まで寝させてもらおうと思ってるんで、軽めな更新を。
 

東京ミッドタウンの一員となるムサビですから、アートナイトもミッドタウン中心に宣伝させてもらいまっせ。


ジャッピーくんというキャラクターをご存知でしょうか。
Japan! Happy! "Jappy" Project
ジャッピーくんとは、京都を拠点に活動するアーティストグループ「Antenna」さんが、
日本ハッピーに=JAPAN? × HAPPY? = JAPPY」という想いで2004年に生み出したキャラクターです。

東京ミッドタウンのアートナイト企画は、かなりの「ジャッピーくん推し」で展開されています。
ジャッピーと出会って「まつり」で元気に! Meet Jappy at the "MATSURI" and Get a Charge of Genki!
ちなみにジャッピーくんは、頭に太陽、鼻は梅干、お腹は富士山、皮膚は黄色と日本の象徴的な記号によって構成されてるそうです。

「この良さがわからない」「水玉がどうも苦手」という人も、
ワークショップなどもやってますのでぜひ参加ください。


ちなみに、Mid-Spaceでオープニングアクトを努める踊絵師・神田サオリさんはムサビ・視デ出身なんだそうです。
寺山先生に教わりました(笑)

そしてもちろん、ムサビ企画であるMr.アートナイトもどうぞよろしくお願いします!!
デ情初となる大型学外企画っす。
多分今頃セッティングしてるじゃないかと・・・。

Mr.アートナイトに俺はなる!

 

続きを読む ≫
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

幸せをつかむハートリング

今日は日本画学科の着色写生と彫刻学科の鉛筆デッサン試験日。
ここだけの極秘情報をお伝えします。

 「彫刻・鉛筆デッサンのモチーフはモデルです」


誰にも言っちゃダメだからね。

 

 

実は、今週から西武国分寺線にスペシャルなことが起きています。

1個だけ、ハート型のつり革があるんです。

 120207.jpg
こんな感じで。
全西武線の中で、この西武国分寺線を走ってる車両にたった一個だけなのよ。

西武国分寺線には「恋ヶ窪駅」というのがありまして。
(鷹の台駅の1個手前)
お世辞にも盛り上がってる駅ではありません・・・。

でも、調べたところ、「恋」がつく駅名って日本に4つしかないんですって。
「愛」は「愛知」「愛媛」があるから沢山存在するんだけど、「恋」は日本で4つだけ。

だったら、恋ヶ窪を恋をテーマにもっと盛り上げようじゃないの!」ってことで、
西武鉄道さんが「恋まちプロジェクト」というのを若手女性スタッフで編成し、いろいろな活動をされています。
このハート型つり革「幸せをつかむハートリング」もそのひとつで、
アイデア出しにムサビの学生さんが協力しました。
しかも広告スペースにあるQRコードにアクセスすると、「恋みくじ」のページに!
特にプレスリリースはされておらず、口コミでどれくらい広がるのか様子を見てるんだそうです。
 

日本で最初!!!と言いたいところなんですが(笑)、
「ハート型のつり革」ってのは既に伊豆箱根鉄道に2個、富士急行に1個存在しています。
ラッキーだったのは、伊豆箱根鉄道は西武鉄道グループなので、それを流用できたこと。
どうりで「12月末にワークショップやったのに、よく2月頭にプロダクトが完成したな・・」と思ったんですよ。
 

ということで。
日本に4つしか存在しないハート型つり革の1つが西武国分寺線を走っています。
これを見つけた人は間違いなく今日はラッキーデイ!!!
ぜひ受験生のみなさん、見つけてください!!!!
ただ、「それで運の使い果たした」という苦情はご勘弁。

 

えー、ちなみに国分寺駅・本川越駅の売店で「幸せをつかむハートリングストラップ」500円を発売中です。
イケイケドンドンとはまさにこのこと・・・。

 

続きを読む ≫
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0
1


Index of all entries

Home > MAUデザイン・ラウンジ Archive

Return to page top