Home > 80周年日記 Archive

80周年日記 Archive

80周年イベントの裏話1

池田良二教授、そしてムサビ工デOB・今泉今右衛門さん、紫綬褒章おめでとうございます

 

80周年イベントの裏話を書いていきます。

 

私が80周年に関わりだしたのは法人企画室長になった去年の6月。
でも、80周年イベントの計画は約5年前から動いてました。
まだ及部先生が企画部長だった頃ですね。

せっかくの周年事業だからお祭にしたいじゃないですか。
なんせタマビは70周年の時に竹中直人とユーミンコンサートやってますからね。
(司会は当時タマビの先生だった中島信也さんだったけどw)

「タマビがユーミンならうちはスピッツじゃ!もしくはリリーフランキーとみうらじゅんのトークじゃい!」と提案したこともありましたが(笑)、既に「80周年イベントでは大学側はアカデミックでマジメな、校友会側は派手なイベントにしよう」と役割分担が決まってました。
ムサビは校友会がしっかりした組織なので、その辺は楽。
「じゃ、お祭系は校友会にまかせて」と、いかに大学はマジメにやるかがポイントに。

 

私がかかわるようになった時には既に世界美術大学学長サミットと国際デザインシンポジウムの内容もほぼ固まってました。
美大学長サミットは美術教育の危機、デザインシンポではデザイン教育の未来を語る場にしよう、と。トークショーはなし!と。
タマビ・米山さんには去年オープンキャンパスのムサタマトークの後に、「来年10月末に美大学長サミットやるから学長のスケジュールを今から確保しといて」とお願いしたっけ(笑)

 

あ。
勘違いのまま終わらせてもよかったんだけど、念のために。

続きを読む ≫
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

80周年イベント終了!!

 

20091101160915 
朝日ホール控室から朝のJR有楽町駅を撮影。
真ん中に見えるのが、国際フォーラムです。

国際デザインシンポジウムも無事に終了いたしました。

20091101122345
国際デザインシンポの様子・・・ではなく、リハーサル風景。
いわゆる「場当たり」ってやつです。
深澤先生の到着が遅れてたので、代わりに国際センターの室長が座っています。

講演が10分押し、20分押しとなってたけど、司会の長澤先生が最後うまく調整してくれました。
さすがにこのあたりの進行はうまい。
美大ブログサミットの司会者とは大違い(笑)

シンポジウム後はみんなで撤収。
 20091101195957
人数がいるから早い早い。
21時までに全ての片付けが終わり、後は搬出するだけになりました。

というわけで、今日は荷物を降ろしに大学に行きます。
ん。今大学って何かやってるんだっけ?

 20091101181053
夜の有楽町。
この景色を見るのも今日が最後。

イベントは全て終了・・・と書きたいところですが、外国人ゲストは本日ムサビの芸術祭を訪問します。
ただものじゃない雰囲気の外国人7人のグループが通ったら、元気に挨拶してくださいね。
学長アイドル化計画をお見せする予定です(笑)

80周年イベントのことは明日以降ゆっくり書きます。

続きを読む ≫
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

今日は国際デザインシンポジウム

無事に初日が終わりました。

参加された皆さん、どうもありがとうございました!
bana.jpg

会場内にたらした参加大学バナー。
こっちは日本五美大で、反対側に海外美大さんを。
もちろんこのイベントのための特注ですが、こうやって五美大のバナーがそろうのってかなり貴重でしょ?
あ、来年110周年を迎える女子美さん、これ使いませんか?
明日が終わったら捨てるしかないので(笑)

 

ご覧になった方はすぐにわかったと思いますが、学長達が使っていた机も講演台も司会台も全て今回用に作ったものです。
というのも、朝日ホールの備品が遠回しに書くならば全部おじさんクサイ感じで(遠回し?)、楫先生が「ここの備品は一切使わない。全部作って持ち込む!」となったのです・・・。
もちろんMAUレビューの展示台も全て。

 

というわけで始まった世界美術大学学長サミット。

えーと、某氏のお話が予定より30分長かった(笑)
でも次に行われる式典から参加する方もいるので式典のスタート時間をずらすわけにもいかない。
某氏のお話が終わったところで、休憩時間を30分短くすることを決断。

でも、その後は空気を感じていただいたその他の学長達がうまく短くコメントをまとめていただいて、20分遅れでサミットは終了。
後はほぼ進行どおりでしたね。

もちろん私は全然見れませんでした(涙)
卒制担当だったりオープンキャンパス担当だった時もそうですが、担当者っていうのは一番そのイベントを見れないもので。
芸術委もそうなんじゃないかな?

式典では中島信也さんが校友会長としてお話をされたんですが、普段は30秒に一度笑いを入れる中島さんだけど「さすがにこんな場ですので」とかなりマジメな話を。
これはこれである意味貴重な体験っす。

 

そして祝賀会へ。
理事長がいきなり段取り無視な行動をされて、スタッフ全員硬直(笑)
このグデングデン感がムサビらしくいいんだけどね。

で、朝日ホールに戻って翌日の準備をしてたら、米山さんと高橋さんから電話がかかってきた。
ちょっとして近くの飲み屋さんに合流。
なんで有楽町まで来て、しかも80周年イベントの記念すべき日にこの3人で飲まなくちゃいけないのよ(笑)
でも、この3人でしか話せない話もあるしね。
もちろん、竹林くんの悪口です。嘘です。いや本当です。

どういう会場なのかは、高橋さんのブログをご覧くださいませ
私は全然写真を撮ってる余裕がなかったので・・。

続きを読む ≫
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

本日世界美術大学学長サミット!!

10月30日(金)PM11:30。
疲れきった体で帰宅すると、テーブルにメモが置かれていた。
遠くから見る限り、リンクロウと奥さんの字だ。
きっと「パパ、おしごと おつかれさま!」なんてことが書かれてるんだろう、こういう時は結婚してよかったと思うなあ、と近づいてみたら、

jinmin.jpg
な、なにゆえにリンカーン?!

リンカーンの有名なセリフを子どもと二人で書く時ってどういうときなのか。
しかもなぜそれが食卓テーブルに目立つように置かれているのか。
謎すぎて眠れなくなっちゃった。

 

さて、ムサビのムサビによるムサビのための80周年・・・・・って思いつきで書いたけど、これだとすんごく嫌な感じだね(笑) 仕切りなおし。

 

80周年イベント1発目の世界美術大学学長サミットもいよいよ本日。

■世界美術大学学長サミット
<美術大学の時代的、社会的意義と使命:生きる、をつくる、つくる、を生きる>
World Summit of Art University Presidents
  The Role of Art Universities in Society and Their Mission in This Era

■開催日時:2009年10月31日(土)13:00-15:20
■会   場:有楽町マリオン11階 朝日ホール
■後   援:朝日新聞社
■基調講演:
●「世界における美術・デザイン教育の現状と課題」
   シカゴ美術館附属美術大学 総長 トニー・ジョーンズ
■パネリスト
・シカゴ美術館附属美術大学 総長 トニー・ジョーンズ
・中国美術学院 副院長 宋建明
・弘益大学校美術大学 学長 崔 棅 勳
・ヘルシンキ美術デザイン大学 学長 ヘレナ・ヒュバネン
・ロンドン芸術大学 副総長 ウィル・ブリッジ
・東京藝術大学 副学長 北郷 悟
・多摩美術大学 学長 清田 義英
・女子美術大学 芸術学部長 小倉 文子
・東京造形大学 学長 諏訪 敦彦
・日本大学 芸術学部長 野田 慶人
・武蔵野美術大学 学長 甲田 洋二
- Tony Jones CBE (Chancellor, School of the Art Institute of Chicago, USA) *Key Note Speech
- Song Jianming (Vice President, China Academy of Art, China)
- Choi, Byung Hoon ( Dean, College of Fine Arts, Hongik University, Korea)
- Helena Hyvönen (Rector, University of Art and Design Helsinki, Finland)
- Dr. Will Bridge (Deputy Rector, University of the Arts London, UK)
- Satoru Kitago (Deputy President, Tokyo University of the Arts)
- Yoshihide Seita (President, Tama Art University)
- Fumiko Ogura (Dean, Joshibi University of Art and Design)
- Nobuhiro Suwa (President, Tokyo Zokei University)
- Yoshito Noda (Dean, Nihon University College of Art)
- Yoji Koda (President, Musashino Art University)

*観覧には事前申込が必要です。
 

11階へ行くエレベータが6基あるんだけど、これが結構待ちます。
予定より5分ぐらい早く行動したほうがよさそう。
また館内は全て禁煙です。
喫煙者は近くの喫茶店かマリオンを出てちょっと歩いた宝くじ売り場前まで行かないとタバコが吸えないので、ご注意を。

 

昨日、ステージセットが組まれたんだけど、単なる大学のサミットイベントでステージにここまでこだわったものはないんじゃないでしょうか。
しかもステージ設計してるのがゲイブンの楫教授。
こんなの外注でやってたら、大変な金額になります・・・。

楫先生から半年前ぐらいにイメージ図を見せてもらったけど、こんな状態になるとは想像できなかった。
でも、楫先生は、このリアルな舞台の完成形が頭の中にあったわけでしょ?
プロってほんとにすごい。

本番で流す映像もそうです。
Y徳先生の頭の中には、この編集された状態のものが最初から頭の中にあったわけで、手羽にはそんなことは絶対に無理。
すごい。うちの先生ってやっぱりすごい人ばかり。

ちなみに、Y徳先生が今回作った約10分間の80年史スペシャル映像。
使っている音楽はもちろんオリジナルですが、ミックスダウンはなんとクリスタル・ケイを担当されてる方がやってるんです。Y徳さんの知り合いの知り合いなんだそうで。
これがね。
「ミックスダウンでここまで曲が変わるんだ?!」とびっくりもんでした。
今回はほんといろんなことを勉強できた。

 

てなわけで、私は自信を持って皆さんに世界美術大学学長サミットをお送りいたします!

 

続きを読む ≫
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

有楽町なう

私たちは今日から有楽町マリオンです。
現在有楽町駅前のプロントで書いてます。

 

誰だ誰だ。
直前は暇になるってノンキなこと書いたやつは!

 

・・私です(涙)

 そんなこと書くから、昨日になって、印刷所のミスによる刷り直しが発生し、明日のイベント当日朝9時納品→朝袋詰めなんて綱渡り的なことが起きるんだよね(涙)

 

広報スタッフと楫先生組は昨日からギャラリーの設営に入ってます。
有楽町朝日ホール同11階スクエア・ギャラリーで「MAUレビュー」という、ムサビの過去・現在・未来の展示を行います。

これがただの展示じゃないの。
私達は「MAUタワー」と呼んでますが、全て立体展示物なんです。

あ、8月のGDEでムサビをブースをごらんになった方はわかると思いますが、アレです。
GDEはこのための実験だったんですね。

美大ブログサミットといい、こっそりいろいろこの日のために試してたんです(笑)

 

さ。これから私達も会場準備に突入!

明日は皆さんのお越しを心からお待ちしております!!

 

続きを読む ≫
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

80周年イベント会場へのアクセス

世界美術大学学長サミット国際デザインシンポジウム有楽町マリオン11階朝日ホールで開催されます。

ところで。

どこかの学生さんのブログに「ゲイサイで諏訪さんがムサビに来るらしい」と書かれてたのを見たんだけど、この「諏訪さん」とは東京造形大学学長の諏訪先生・・・というか諏訪監督のことじゃないかと推測してます。

念のために書いておくと。
諏訪先生が参加されるのは世界美術大学学長サミットでして、ムサビには来ません
有楽町マリオンでのムサビ80周年イベントに参加されます。
あ、くどいようですが、聴講は締切ってしまったので今から参加することはできません・・・。

 

その有楽町マリオン朝日ホールへのアクセスを今日は紹介いたします。

 

・・紹介というか有楽町から歩いてすぐなんだけどね・・。

有楽町朝日ホール

↑このMAPの通りです。

ただ、ポイントがひとつだけあります。
映画館チケット売場横のエレベーターがあるので、それで11階までお越しいただきたいのです。

エレベータ前には「MAU」という看板を持ったスタッフが立っているのですぐに分かると思いますけど、これがわからないと11階にはたどりつきません・・・。

え?文字だけじゃわかりづらい?
仕方ないなー。

続きを読む ≫
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

80周年なんかやってる場合じゃない

もうね。
80周年イベントの準備とか必死こいてやってる場合じゃないね。

なぜかって?


それはね・・・。

続きを読む ≫
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

一般聴講に申し込まれた方へ

人生が変わる20秒の深イイ話。

 

まるでマイケルジャクソンの歌みたい。

 

<説明>

ある文章を読んで某先生が吐き捨てたセリフ。
「すごい広いでかいこと言ってるのに、中身が全然ないね。まるでマイケルジャクソンの歌みたい。We Are The Worldみたい。」

この一言でこの先生が大好きになりました。
このフレーズ、これから使わせてもらおう。

 

 

続きを読む ≫
  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

英語のできない日本人へ

人生が変わる30秒の深イイ話。

 80周年 80年前から わかってた。

 


なぜだろう。
今年の10月30日が80周年ってことは、さかのぼれば80年前にわかってたことなのに、なんで直前になってこんなにワタワタしちゃうんだろうね(涙)

 

あ、鼻で笑った学生さん。
卒業制作も入学した時にいつやってくるかわかってたはずだから、卒制直前になって「時間が足りない」なんてのは言い訳に過ぎないんだからね。
けけけ。

 

さて。
いよいよ今週末が80周年イベントです。(もちろん芸術祭も、だけど)
80周年イベントの世界美術大学学長サミット国際デザインシンポに参加される方。
一つだけ不安に感じていませんか?

「オレ、英語できないんだけど・・・」と

そうなんです。
学長サミットは日本人含め11名が登壇し、そのうち5人は外人さん。
デザインシンポは6人中2名は外人さん。
どうやって話を聞けばいいのか。

 

大丈夫です。

 

同時通訳キット(レシーバー)を会場で配布します。

今回使用する朝日ホールは同時通訳対応ホールなんです。
国際会議のような状態にさせてもらいます。
なので安心してお越しください。
英検3級の手羽も安心しています。

 

続きを読む ≫
  • Comments (Close): 2
  • TrackBack (Close): 0

世界美術大学広報サミット

昨日は1年ぶりに美大広報仲間と飲み会。
1年前の記事はこちら↓
美大広報サミット

 

なんでいつもこの時期かというと、大学合同説明会を主催してる「さんぽう」という業者さんの今年度相談会の反省会&次年度企画説明会がいつもこの時期に市ヶ谷で開催されるんで、美大連中が集まるんです。
それが終わったら「いっぱい行きますか?」な流れが慣例になったと。

というわけで、先に竹林くんの答えを書くと
新宿です

 

え?なんで先にばらすのかって?
いいんです。

だって

 

飲み会があることを竹林くんが教えてくれなかったんだもん。

 

米山さんから「明日いつものさんぽう説明会があるよ。手羽さんも飲みに来なよ」と聞いたからね。
信じられます?
ムサビ連中からは一切聞かされてないし、誘われてもないの。
他大学職員から誘われるって、どういうことよ?!ですよ。
そんなに手羽はムサビで嫌われてるかって話ですよ。
悔しいから米山さんから誘われてることをだまってたからね。

 

で、6時半に手羽は仕事を終えて新宿で合流。
(「市ヶ谷まで行くのは嫌だ。新宿に移動してよ」とダダをこねたのは手羽です)

東京造形の高橋さんもいました。
去年と違うのは日芸さんも参加されたってこと。
今までは4美大飲み会だったけど(あ、去年は文星さんもいたっけ)、まさに

世界美術大学広報サミットですな。

 

ま、どこが世界だって突っ込みは無しで。
某大学が全然世界でもなんでもないのに「世界●●サミット」なんてタイトルのイベントをやるからいいんです。

 

続きを読む ≫
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0
<<前のページへ 1234


Index of all entries

Home > 80周年日記 Archive

Return to page top