Home > 心を緊張させて

心を緊張させて

  • 2012年8月20日 04:26

相変わらずの暑さが続いておりますね。
清里のさわやかな空気が懐かしい。
2週間前のこと・・。
書くことに興味と素養をもった好奇心旺盛な学生の集まりだけあって、
さすがに多摩美がいいとかムサビがいいとか、
そういう手羽米山ラインとは一線を画したとても楽しい会でした。
ありがとう。

スポンサー参加みたいなものだったんだけれど、
芸大ムサビ多摩美の美大トップ3といわれているような学生らの、
やや切なげな発言だけはやっぱり聞き流せない。
手羽委員長もいじれというから、改めていじっとおく。

みんな自分のいる場所、位置を忘れてはいけないよ。
みんなは勉強するために大学にいる。
なぜ勉強するか?不安だからだ。
芸大ムサビ多摩美あたりは、
きっと勉強しても勉強してもすぐに不安になってしまう人がたくさん集まっている場所だ。
高校時代から、医学部いくのと同じぐらい覚悟をもって進路を選択し、
たくさんの不安を積み上げながら受験してきた。
その不安を無駄にしたらもったいない。
身についているものが違う。
簡単に追いつかれるな。

僕が普通の会社にいる社会人ならきっとこんなことは言わない。
道はたくさんあるよとか、大学で勉強なんてしなくても大丈夫だとか絶対言う。
多摩美にいるから、きっとそういう話をしないんだと思う。
とはいえ、これが自分のリアリティーでもある。
大学はどこでも同じだと思っていない。
僕はそうやって働いている。

うちの学生には、どんな時代でも世の中で求められる人になってほしいと強く思っている。
結果的に、人として(人間性で)求められるということもあるかもしれないけれど、
まずは美術を学んだ人として認められ、世の中に必要とされてほしい。

だから大学では目の前にあることをひたすら勉強すべきだと思う。
隣の芝生が青いのを実感するのは大学卒業後でいいのではないだろうか。
今、最低限、目の前のことをやる。
でなければ、未来、その青さは素人のものだ、と言えなくなってしまう。

飛躍してしまうが、受験生も今を大切にしてほしい。
スキルを身につけるには時間がかかる。
スキルがなければ伝えたいものが伝わらない。
それが美大だ。
甲子園に負けるな。

ある問題がある。
自分の歩く道の上では解決できないのか・・
という不安にもっともっとおそわれておそわれて・・。
学生時代はとにかくかっこ悪くてもまっすぐ努力をするのが素敵だよ。


がんばれ。
 

Comments:1

poncho 2012年8月21日 07:22

このメッセージ、日記メンバーだけでなく、すべての美大生と、美大を目指す受験生に読んで欲しいです。

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/7726
Listed below are links to weblogs that reference
心を緊張させて from 美大日記::タマビの米山

Home > 心を緊張させて

検 索
更新順
Links
Feeds

Return to page top