Home > 生活とロック

生活とロック

  • Posted by: zoomin
  • 2012年8月 1日 08:07

 ごぶさたです。zoominです。

前期が終わり、夏休みがやってまいりました。


少し前に最後の日本画課題が終わり、之以降本格的に絵を描く事は、
その道を目指さない限りまずないだろうというところです。

「生活」をテーマに自由に描け、という課題でした。生活。まあようするに自由なんですが…
(藝大デザイン科の課題は、要するに自由、という事がかなり多いです)
わたしはF40号にひたすらガラス瓶をかきました。鬼畜でした。ハゲながらもたのしかったです。

個人的にはハゲてこそ絵画だと思います 
いったん葛藤のどんぞこまで行って、最後にスッと抜けた時に良くなると思う
わたしは葛藤でおわってしまったけど

 

普通のデザイン系学部に比べて、
IDやったりランドスケープやったり絵画やったりグラフィックやったりと
毎課題の触れ幅がものすごくて、脈絡もないので
毎回みんなのいろんな一面がみられて、すごく面白いです。

日本画課題では、いつものんびりしてる子達がガッツリクオリティ上げてきて
目の覚めるような思いでした…良い作品多かったなあ。

10月にまた芸大で展示するので、よろしければ見に来てくださいね〜。

 

そして、前期打ち上げや夏をまたぐ映像広告の課題の導入を経て!

ついに夏休み(という名の藝祭準備期間)!

 

いろいろ企画してますが、それはまた別途かきます。たいへんだああ。へらへら

 

まあ、いろいろやることはあるんですが、全部スルーしてフジロックに行ってきました。

29日だけです。レディオヘッドを見に行ってきました。

個人的には、高校の時から聴いていたAt The Drive-inもものすごく見たかったのですが、
いかんせんレディへとタイムテーブルが被ってたのと、人多すぎて移動できなかったので断念。

(友達はこれを「ドライブスルー」と呼んだ)
 

 

ほんとうに、人がゴミの様でした。

え?あのちっちゃいつぶつぶ何?あれも人?

みたいな…どっからわいて出たんだろうという。何万人いたんだろう。ぎゅうぎゅうに。

 

なんか、すごい体験でした。トムヨークおる。

すごくはずかしいのですが、最初の一音が出て映像が映し出された瞬間に、

「かっこよ!!!」

と叫んでしまいました。あの衝撃はすごい。かっこよすぎてクラクラした。

初めての事でした。こんな経験を越すような作品を、わたしは作れるのかなあ…と鬱になったりした

 

音楽体験には恵まれている方だと思うのですが
いつもそういうよいライブに出会うと、わたしはそれを勝るものを作れるのか、と
違う分野なのに比べてしまいます。

 

比べても意味ないかもしれないが、実際には、人間が体験する事っていうのは並列で、
今日人と話した事も、電車に乗った事も、ご飯を食べた事も、働いた事も遊んだ事も、
全部時間軸に乗った並列な体験だとおもうんです

その中で比べられるとすれば、わたしの作品を見たことと、
レディオヘッドを見たことが比べられないとも言い切れないとおもうんです

まあめちゃくちゃなことを言ってますが…

あー。すごかった

 

夏はまたいくつかフェスに行きます。たのしみ

清里合宿もたのしみ

 

ではまた。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/7664
Listed below are links to weblogs that reference
生活とロック from 美大日記::東京藝大のzoomin

Home > 生活とロック

Search
Feeds

Return to page top