Home > 花見と1年

花見と1年

  • Posted by: zoomin
  • 2013年3月29日 04:03

 

 こんばんは、zoominです。

 

手羽さんの、読者の方から寄せられたコメントを見ていて、私はなにかできたのかな〜と
ちょっと落ち込みました…けど、やっぱり、何も無いより少しある方が、意味はあるか。

今日は藝大デザイン科の新歓花見でした。毎年恒例、上野公園です。
2年が主催で徹夜で場所取りをしてくれて、もちろん新歓なので1年生はたくさん来ますが、
これが実質初めての顔合わせになるので、先輩もOBも、今年の1年はどんなだろうとか
仲のいい同期がやっと何浪して受かったとかいって、たくさんあつまるのです

 

もう三年生になってしまったわけですが、毎年ここにくるたびに、一年生のときのことを思い出します。

震災の影響で全体にお花見も自粛ムードでしたが、少し遅刻して行って

遠巻きに華やかな一団をしばらく見つめていて、激しい劣等感に襲われました…

 

わたしは2ヶ月くらい大手の予備校に通っていましたが、基本的には地方予備校の

マイノリティーで、1年から博士まで大集合100人弱の中、片手で足りるほどしか

知り合いはいなかったですし、全員藝大入って自信満々の怖い人に見えてもうUターン寸前でした。

 

けれど、いずれはその輪の中で暮らして行かねばいけない…と、上級生の楽しそうに

居心地のよさそうにしているのを見て思い、粉々になるつもりで向かっていきました

 

結局粉々にはならず、面白い人と沢山話せたんですが

(人はああいう場で話しかけられるのは好きなんだと直感的に思いました)

その場で話した子に言われて頭に鳥のフンつけているのを指摘され

やはりひどく落ち込みました

 

そういうしょっぱい感じを思い出しながら

毎年同じ場所でそのとき話したみんなと楽しくお酒が飲めるので参加しておいて良かったなと思います。

どんなに忘れてても、あの場所に行くとそのへんに埋めてあったのを掘り返したように

ありありと浮かぶんですね…

上級生だけど、年上の後輩もいっぱいいることだし(今年の1年は最年長が28です)あんまりこう偉そうにはせず

粛々とやっていこうと思います

 

藝大の、そうやって年齢関係や上下関係が錯綜してごちゃっと全体にかかわり合っている感じが

最近けっこういいなと思うようになってきました

 

これが卒業する頃どうなっているのか…

あんまり感傷にひたりながら終わりに向かって行くと失速しそうなので

目前にころがってることに集中しようと思います。

 

はやく学校はじまんないかな〜。

 

ではまた。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/8253
Listed below are links to weblogs that reference
花見と1年 from 美大日記::東京藝大のzoomin

Home > 花見と1年

Search
Feeds

Return to page top