Home > マタネ

マタネ

  • Posted by: zoomin
  • 2013年3月31日 14:21

 昼です。こんにちは。zoominです。

 

ラストです。なんてあっけない…

わたしのことを書いても、特に卒業する訳でもないし

ヌルっと3年生が始まるのを待っているだけなので、美大日記のことを…

 

美大日記を始めたのは1年生の秋だったので、これが最初の記事か?

 

数えてみたら30記事でした。少ないよね。手羽さんすいません…

 

自分的には、藝大内部の人には当たり前のイベントや、

日常のことばかり書くように意識してたところがあります。

もし先輩や友達に、芸大生で一緒にご飯を食べ楽しく話せるような知り合いが沢山いれば

聞ける事ばかりですが、わたしはそうではなかったので、

少しでも、そういうどうでもいい情報が外にチョロチョロ漏れだしていけば

面白いな〜と思っていました。

 

初対面の人に藝大です、というと

 

やたら「すごい!!」とだけ言われ

「で、何してんの?よく知らないけど」

となってしまう

 

予備知識ナシで話されるとなんというか…もうそこで壁ができかけるというか…

藝大はただでさえ籠った空間なのに、さらに外が嫌になるというか…

(もしかしたら美大生はみんなこれを経験しているのかもしれない)

 

藝大といえど、フツーの大学なんだよ。

飲み会もするし、単位もとるよ。

 

というのを、入ってから実感したので、何も知らずただ憧れていた時代の自分のような

学生がもしいたら、「なんだ、普通か〜」と思ってもらうつもりで書いていた。

 

わたしはこうして地味にやってましたが

他の美大日記メンバーのブログや、実際にオフ会や合宿で会ったのをきっかけに

他の大学の事をかなり知れたと思います。これは財産。

入試対策する対象としてではなくて、同じ時代に美術を学んでいる

日本の他の大学を、ひとを通して知れた事。

 

個人的には特に、雪旅籠の灯りというイベントに(だまされて)参加して、

Tの人。さんと、ぴちこ、プラさんと話したり

ずっと泊まり込みで東北芸術工科大学の学生の人達と山形で雪彫ってたとき

あれは5年間の大学生活の中でもベスト5に入る思い出だと思います。

東北芸工にも実際にいったりして。一人だったらきっかけ無かったと思う…

 

合宿もいろんなルートの知り合いがいて不思議な感じで楽しかった。

 

ブログを書いたり読んだりしていて、

「あ〜この人たちに会いたいな〜」

と思える事。

 

それは確かにいいことだけど、思い切って手羽さんに話しかける学生がいるように、

そこをきっかけにして、人が新しく出会ったり、

ムサビ日記ペロリの人生を変える進路相談のような(あれは極端だけどw)

実際に人を動かすことが起きると、

美大日記、ムサビ日記の価値を感じます

 

リアルタイムなものとしても意味があるけど、書籍版ムサビ日記や

きゅっきゅさんのおとうさんのように残す事で

その時代の記録としてもかなり面白く読めるものだなとおもいます

手羽さん、本当にお疲れさまでした。

こんなわたしも仲間にいれてくれて、ありがとうございます…

 

なんて優等生ぶった見解だと思うけど本音です。笑 

みんなわかってることだと思うけども

 

さてこのへんにして

 

ここで会った方々も

会った事無いけれど読んでくれていた方々も

ご縁があればまたあえるでしょう。元気でね。

ありがとございました

 

ではまた。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bidai.tv/mt/mt-tb.cgi/8272
Listed below are links to weblogs that reference
マタネ from 美大日記::東京藝大のzoomin

Home > マタネ

Search
Feeds

Return to page top